0120-316-742 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

Q1裁判所から訴状が届きました。どのようにすればよいですか?

数ヵ月間返済を延滞している場合には,貸金業者から訴訟を提起されることがあります。裁判所から届いた訴状に対して何も対応をしなければ,貸金業者の主張がそのまま認められた内容の判決が出され,貸金業者は,あなたの給料や預金の差押などの強制執行を行ってくる可能性があります。

判決が出て強制執行をされることを回避するためには,訴状の内容に対して反論する必要があります。具体的には,答弁書を裁判所に提出することが必要となります。

もっとも,答弁書の作成・提出には,専門的な知識が必要になりますので,訴状が届いた場合には,弁護士に相談することをおすすめします。

  • 0120-316-742 10:00~22:00まで、土日祝日も休まず受付中
  • メールでのお問い合わせ

PCサイト