0120-316-742 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

Q4会社から借入がありますが,会社も債権者として裁判所へ申告しなければいけませんか?

自己破産は裁判所を介して行う債務整理手続です。自己破産の場合には,原則として債権者を平等に扱うという債権者平等の原則が徹底されていますので,会社から借入がある場合には,会社を債権者として裁判所へ申告する必要があります。

そして,自己破産は,債権者の財産権を犠牲にして債務者を借金から解放するという手続ですので,債権者の財産権を不用意に侵害しないよう,債権者の意見を申述する機会が与えられています。

そのため,裁判所は全債権者に異議があれば述べるように通知をしますので会社はこれにより自己破産の事実を知ることになります。

  • 0120-316-742 10:00~22:00まで、土日祝日も休まず受付中
  • メールでのお問い合わせ

PCサイト