0120-316-742 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

Q5会社から借入がある場合,会社に知られずに自己破産できますか?

破産手続の開始が決定すると,裁判所は,債権者に書面で破産手続の開始が決定したことを通知します。そのため,会社から借入がある場合は,自己破産の事実を知られてしまいます。

自己破産の事実を知られないようにするには,会社が債権者でなくなる必要があります。その方法として,会社からの借入を,ご親族やご友人などの第三者が代わりに全額返済し(これを第三者弁済といいます),債権者でなくすることができます。

会社を債権者でなくするために,ほかの債権者に返済せず,本人から会社へのみ返済するのは,偏頗弁済として免責が不許可になったり,場合によっては刑罰が科されたりする可能性もありますので,絶対に避けてください。

  • 0120-316-742 10:00~22:00まで、土日祝日も休まず受付中
  • メールでのお問い合わせ

PCサイト