0120-316-742 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

Q4履歴を開示してくれない場合はどのような対応が可能ですか?

貸金業者は取引履歴を開示する法的な義務を負っていますが,取引履歴を廃棄したことを理由に,いまだに一部の取引履歴しか開示を行わない貸金業者も若干存在します。

当事務所では,貸金業者に対しては,何度も全部の取引履歴を開示するよう請求しますが,それでも開示を拒否する貸金業者が存在します。その場合は,金融庁や各都道府県知事に行政指導を申告したり,訴訟を提起し,証拠保全や文書提出命令という手続で開示を求めたりすることになります。ただし,これらの裁判所の手続によっても開示に応じない貸金業者がいくつか存在し,現状の課題となっています。

もっとも,貸金業者からの協力を得られない場合には,資料をもとに取引経過を推定して計算し,過払い金を請求する方法や,初回の残高を無視し,0円として計算をする方法で対応できる場合があります。

  • 0120-316-742 10:00~22:00まで、土日祝日も休まず受付中
  • メールでのお問い合わせ

PCサイト