0120-316-742 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

任意整理事例紹介 ケース4

I.Cさん(30代・女性・北海道)の場合

借入の事情

Iさんは,ブランド品の購入や交際などによる浪費がきっかけで借金をするようになりました。さらに,悪徳商法に騙されて高額商品を購入させられてしまったり,交際相手の事業資金の捻出や生活費を補うためなど,借金を繰り返してしまいました。その後,借金の返済を行いましたが,次第に返済のための借金を繰り返す自転車操業に陥り,約450万円の借金の返済が困難になってしまいました。そして,Iさんは,結婚し,妊娠したことを機に借金の悩みを解決したいと決意され,当事務所へご相談くださいました。

債権者名 取引開始 依頼前残高
消費者金融A 1998年 ¥1,189,505
信販会社B 1998年 ¥1,274,949
信販会社C 2003年 ¥779,879
消費者金融D 2006年 ¥722,984
消費者金融E 2002年 ¥515,128
信販会社F 1997年 ¥0
¥4,482,445
月々の返済額 約¥100,000

資産の状況

給与 ¥220,000
退職金 ¥500,000

手続の方針

Iさんは妊娠中で,今後,継続した収入が見込めないことから,はじめは自己破産手続でのご依頼となりました。しかし,2社で借金がなくなり,計91万円以上の過払い金が返還されたことに加え,退職金を返済にあてることで,毎月の返済額を無理のない金額に設定することが可能となりました。そこで,任意整理に方針を変更しました。その後,Iさんは毎月2万円の返済を約1年間続け,約10年間苦しめられていた借金を完済することができました。

ご依頼後
債権者名 任意整理後残高 依頼前後減額幅
消費者金融A ¥0 ¥1,965,454
過払い金 ¥775,949
信販会社B ¥580,000 ¥694,949
信販会社C ¥350,000 ¥429,879
消費者金融D ¥414,092 ¥308,892
消費者金融E ¥510,464 ¥4,664
信販会社F ¥0 ¥136,051
過払い金 ¥136,051
¥942,556 ¥3,539,889
月々の返済額 ¥20,000

依頼者の方の声

以前は働いても働いても毎月の返済におわれ,将来の希望もありませんでしたが,現在は主人の収入で家族3人,生活できています。借金完済の道を作っていただき本当に感謝しております。

  • 0120-316-742 10:00~22:00まで、土日祝日も休まず受付中
  • メールでのお問い合わせ

PCサイト