0120-316-742 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

弁護士 東郷とうごう 圭助けいすけ名古屋支店

東郷 圭助

資格
弁護士
所属
愛知県弁護士会
出身
千葉県
出身大学
東京大学法学部
首都大学東京法科大学院
所属委員会等
  • 憲法問題対策センター

ご挨拶

法律相談に来られる方は,ひとりでは解決できないトラブルを抱え,不安でいっぱいになっておられると思います。そんな依頼者の方の不安の原因を取り除くことを第一に考え,誠実かつ親身に対応するよう心がけております。「アディーレ」とはラテン語で「身近な」という意味です。依頼者の方にとって「身近な」存在でありたいと願い,依頼者の方の不安を取り除き,利益を最大限叶えるための解決策をご提示できるよう日々精進しております。不安に思うことがございましたら,どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

私のキーワード

その1「ダイエット」
私は,法科大学院に入学して10ヵ月で20キロのダイエットに成功しました。ダイエット開始当初は30秒ほど,軽く走っただけで息切れしてしまい,ウォーキングするしかありませんでした。また,筋トレをやろうとして腕立てに挑戦したのですが,まさかの0回でかなりショックを受けました。それでも,あきらめずにコツコツと努力を重ねていくことで徐々に体力・筋力がついてきて体重も落ち始め,今では懸垂が10回できるまでになりました。弁護士業務においても地道にコツコツ努力を続けることで依頼者の方の手助けができるよう全力でがんばっていきたいと思っています。
その2「集中できる場所」
私は家で勉強や読書をすることが苦手です。家にはテレビや漫画やゲームなどがあるので,どうしても楽な方向に流されてしまい,集中できないのです。このため,高校3年生の頃から勉強は外でやるようにしていました。喫茶店,フードコート,ドリンクバーのあるファミレスなどに長時間滞在して勉強していました。司法試験の勉強ももっぱら近所のフードコートでやっていました。「あんなうるさい所でよくできるね」と言われますが,ある程度の騒音のある環境の方が集中力を高めることができるような気がします。家で集中して勉強できないという方はぜひお試しあれ。ただし,混雑しない時間帯を選ぶようにしましょう。
その3「涙活」
「30過ぎてからかなぁ……イライラするっ!」という言葉で始まるお笑い芸人のネタがあります。確かに,30歳を過ぎてからイラっとすることが多くなったような気がします。以前,テレビ番組で医者が話していたのですが,泣くと体内のストレス物質が涙とともに体外に排出されてストレス解消になるのだそうです。そこで,日々のイライラのストレスを解消すべく,週に1回,感動的な映画や悲しい映画を見て号泣するようにしています。泣くと本当にスッキリするので,日々のストレスをため込んでいる方におすすめです。泣ける映画やドラマがありましたらぜひ教えてください。
  • 0120-316-742 10:00~22:00まで、土日祝日も休まず受付中
  • メールでのお問い合わせ

PCサイト