特定調停Q&A 特定調停の手続

3.取引履歴の不開示

Q1.特定調停で債権者が全部の取引履歴を開示してこない場合,どうすればよいですか?

 特定調停で債権者がすべての取引履歴を開示してこない場合には,裁判所に対して文書提出命令の要求を促すことができます。債権者がこの文書提出命令に正当な理由なく応じない場合,10万円以下の過料に処せられることになりますので,一定の強制力が見込めます。

 もっとも,特定調停を自分で申し立てている場合,開示された取引履歴がすべてかどうかは基本的に自分で判断しなくてはなりません。

ページトップへ

特定調停ついて相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)
	詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

特定調停に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所