特定調停Q&A 特定調停の手続

4.債権者が同意しない場合

Q1.債権者が返済計画案に同意しない場合はどうなりますか?

 債権者が返済計画案に同意しない場合には,そのままでは特定調停が不成立となってしまうのが原則です。しかし,特定調停では,債権者の同意が得られない場合でも,調停委員会が事件の解決のために適当な内容の調停条項を定めた決定を出すことができ,現在では調停成立の9割以上が決定により成立しています。調停が不成立となるのは,全体の約2割程度です。

ページトップへ

特定調停ついて相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

特定調停に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所