あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

任意整理は自分でできる?弁護士に依頼するメリットとデメリットについて

作成日:更新日:
yamazaki_sakura

『任意整理は自分でもできるのか?弁護士に頼んだ方が良いのか?』
「債権者と交渉する自信はないし、弁護士に頼むお金もない」
そう思いながら、毎月の返済に追われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
結論から言うと、任意整理は自分でもできますが、弁護士に頼む方が多いです。

弁護士に依頼する1番のメリットは、任意整理を弁護士に依頼すると(任意整理の対象とした)債権者からの督促が基本的に一旦ストップすることです。そして、その間、債権者への支払もストップできます。
毎日のような督促の電話や通知に悩んでいる方は、弁護士に依頼すると、督促のストレスから解放されます。

また、任意整理をするためには、債権者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算をし、正確な負債額を確定した上で債権者と交渉しなければなりませんが、全てを個人の方が自力で行うのはなかなか大変です。
弁護士に依頼した場合には、弁護士において正確に負債額を確定した上で債権者との交渉をしてもらえます。

今回の記事では、

  • 任意整理を自分で行うメリットとデメリット
  • 任意整理を弁護士に依頼するメリットとデメリット

についてご説明します。

この記事の監修弁護士
弁護士 谷崎 翔

早稲田大学、及び首都大学東京法科大学院(現在名:東京都立大学法科大学院)卒。2012年より新宿支店長、2016年より債務整理部門の統括者も兼務。分野を問わない幅広い法的対応能力を持ち、新聞社系週刊誌での法律問題インタビューなど、メディア関係の仕事も手掛ける。第一東京弁護士会所属。

債務整理に関するご相談は何度でも無料

費用の不安を安心に。気軽に相談!3つのお約束をご用意

国内60拠点以上、弁護士140名以上(※)
ご相談・ご依頼は、安心の全国対応

任意整理を自分で行うメリット・デメリット

まず、任意整理を自分で行うメリット・デメリットをご紹介します。

任意整理は、自分でもできます(※ただし、債権者が交渉に応じてくれる場合です)。
弁護士などの専門家に依頼しなければならないという決まりはありません。

そして、任意整理を自分で行うメリットは何と言っても、弁護士などに依頼する費用がかからないということです。
他方、自分で行うデメリットは、主に次のとおりです。

また、業者と交渉していると、「取引の分断があるので過払い金は消滅しており、むしろ借金が残っている」などと、ご自身の主張とは食い違う主張をされることがあります。

ご自身で任意整理をしている場合、裁判実務をふまえた判断や有効な反論ができずに結局不利な条件で和解をしてしまうことも多いです。
取引の分断について詳しくはこちらをご覧ください。

この取引は一連?分断?過払い金請求での7つの判断ポイント

任意整理は債権者との直接の交渉ですので、なにより「交渉力」が必要です。

ご自身で任意整理をされる場合には、最終的な合意内容が最善の内容か、業者に有利な内容に誘導されていないか、くれぐれもご注意ください。

弁護士に依頼するメリットについて

それでは、任意整理を弁護士に依頼するメリットについてご説明します。

弁護士に依頼する一番のメリットは、次の点です。

受任通知を発送すると、債権者からの督促が基本的に一旦ストップすること

受任通知には、次の内容が記載されています、

  • 弁護士が債務整理を受任したこと
  • 債務者に対する取立てを停止すること
  • 取引履歴を開示すること

貸金業法上、このような受任通知を受けた貸金業者は取立てをストップしなければならないと規定されています(※貸金業者以外の個人の債権者などは規制を受けませんが、通常は貸金業者でなくても受任通知を受け取ると取立てを停止することが多いです。また、弁護士に依頼した場合には仮に督促が停止しなくても、弁護士が代理人として債権者と交渉しますので、債権者と直接やり取りをする必要はありません)。

弁護士において正確な負債額を確定するまでの間は債権者に対する支払もストップできます。
債務整理を検討中の方は、債権者から毎日のように督促の電話や通知を受け、金策に悩まれている方も多いです。
そのような方は、督促と支払のストレスから解放されることが一番のメリットでしょう。

その他、弁護士に依頼するメリットは次のとおりです。

なお、受任通知の発送は、弁護士だけではなく司法書士に依頼することも可能です(※その場合でも督促は一旦ストップします)。
ただ、司法書士の場合、個別の負債額が140万円を超える債権者とは交渉できなかったり、140万円を超える過払い金の返還請求はできないなどの制約があります。

また、万が一、任意整理では問題が解決できず、個人再生や自己破産などの手続きが必要になった場合には、手続きの最後まで依頼者の代理人となれるのは弁護士だけです。

任意整理を弁護士に依頼するデメリットについて

任意整理を弁護士に依頼するデメリットとして、債務者の方が一番ご心配されるのは、主に次の点です。

  • 弁護士費用が高いのではないか
  • ブラックリストに載ってしまうのではないか

順にご説明します。

(1)弁護士費用について

任意整理を弁護士に依頼する際に一番気になるのが、

弁護士費用が高いのではないか

という点です。
確かに、返済が苦しくて任意整理をお考えの方にとって、さらに弁護士費用を捻出しなければならないというのは、負担に思われるかもしれません。

ですが、先ほどご説明しているとおり、弁護士に依頼すると、次のメリットがあります。

  • ご自身で交渉するよりも有利な条件で和解できる可能性がある
  • 過払い金がある場合には、ご自身で請求するよりも返還される過払い金が増額される可能性がある

そのため、弁護士費用がかかることを考慮したとしても、最終的に弁護士に依頼した方が金銭面でもメリットがあることが少なくありません。

また、相談料を無料としたり、弁護士費用を分割で支払える法律事務所も多いです。
弁護士から債権者に『受任通知』を発送し債権者からの督促がストップしている間に、それまでに返済に充てていた費用を貯めて、弁護士費用を準備することも十分に可能です。

(2)ブラックリストについて

ブラックリストというリストは金融機関には存在しませんが、俗に、事故情報(滞納・債務整理をしたという情報など)が信用情報に載ることをブラックリストに載るといいます。

そして、任意整理を行うと、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。
信用情報機関の事故情報について詳しくはこちらをご覧ください。

任意整理をしてブラックリストに入るってホント?信用情報に関する正しい知識


ですが、この点は、ご自身で任意整理をされる場合であっても弁護士に依頼する場合であっても同じです。
(※ただし、引き直し計算の結果、過払い金が発生しており、返還された過払い金で負債を全て返済できる場合には、事故情報に載ることはありません(載っても抹消を求めることができます)。この点も、弁護士に依頼するしないは関係ありません)。

任意整理をした等という事故情報の登録期間は完済してから最長で約5年間といわれています。
事故情報が登録されている間は新たな借入や新しくクレジットカードを作ることは難しくなりますので、一定のデメリットになることは間違いありません。

ですが、任意整理をせず、2、3ヶ月返済の滞納を続けると、結局は事故情報に載ってしまいます。
信用情報機関に事故情報が登録されるケースについて詳しくはこちらをご覧ください。

何をするとブラックリストに載るの?いつまで情報は残るのか解説

また、事故情報の登録期間が終われば、信用情報から当該事故情報が削除されます。

そのため事故情報削除後は、基本的には、過去の任意整理を理由として借入を断られることはありません(※ただし、任意整理の交渉をした業者やそのグループ会社には過去の任意整理の情報が半永久的に残る可能性があります。そのため同業者らからは、信用情報がまっさらになった後も借り入れは難しい可能性があります)。

ですので、事故情報に載ることを過剰に心配するより、まずは任意整理をして生活を立て直すことをお勧めします。
任意整理が可能な段階で任意整理をせずに負債が膨らんでいくと、結局は個人再生や自己破産が必要となるケースも多いです。

そうなると、ケースによっては事故情報の登録期間が長くなってしまったり、手続きの変更に伴う弁護士費用の増加、手続きの終了までに自身でやるべきことが増えるなど、ますますデメリットが大きくなってしまうおそれがあります。

まずは、弁護士にご相談の上、今なら任意整理で生活を立て直せるという場合には任意整理をすることをお勧めします。

【まとめ】任意整理は自分でもできるが、弁護士に依頼した場合のメリットも多い

今回の記事のまとめは、次のとおりです。

  • 任意整理を自分で行う場合、費用がかからないというメリットがあるが、次のようなデメリットもある。
  1. 債権者からの督促は止まらない
  2. 負債額を正確に把握できない可能性がある
  3. 過払い金を見落とす可能性がある
  4. 債権者との交渉がうまくいかなかったり、不利な条件で和解をしてしまう可能性がある
  • 任意整理を弁護士に依頼した場合、次のようなメリットがある。
  1. 債権者に「受任通知」を送ると督促が基本的に一旦ストップする
  2. 正確な負債額の把握が可能となる
  3. 過払い金の見落としがない
  4. 債権者との交渉を任せられ、債権者の主張に対しても適切に反論できる

任意整理を自分でするかどうかは、弁護士に依頼した場合のメリットと比較して決めると良いでしょう。

アディーレ法律事務所では、原則として、任意整理の弁護士費用につき分割払いも承っています。

また、アディーレ法律事務所では、任意整理手続につき、所定の成果を得られなかった場合、原則として、当該手続に関してお支払いただいた弁護士費用を全額ご返金しております(2022年2月時点)。

任意整理をお考えの方は、任意整理を得意とするアディーレ法律事務所にご相談ください。