あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

アスベストの吸引で癌になる?アスベストの種類の違いと癌の検査方法

作成日:更新日:
リーガライフラボ

アスベスト(石綿)の吸引で様々な疾病を発症する可能性があることをご存じですか?

アスベスト(石綿)を吸引すると肺がんや中皮腫等のがんや、じん肺の一つである石綿肺を引き起こす可能性があるといわれています。

そのため、アスベスト(石綿)を吸引した疑いがある方は、自身のばく露歴をしっかりと把握し、健康診断やガン診断等を受けるのがよいでしょう。

本記事では、アスベスト(石綿)の吸引によって発症する可能性のある疾病についてや、その検査方法等について解説をします。

この記事の監修弁護士
弁護士 大西 亜希子

香川大学、早稲田大学大学院、及び広島修道大学法科大学院卒。2012年弁護士登録。2017年よりB型肝炎部門の統括者。また、2019年よりアスベスト(石綿)訴訟の統括者も兼任。被害を受けた方々に寄り添うことを第一とし、「身近な」法律事務所であり続けられるよう奮闘している。現在、東京弁護士会所属。

アスベスト(石綿)で健康被害が起こる理由とは?

アスベスト(石綿)とは、繊維状鉱物の総称で、クリソタイル、アモサイト、クロシドライト等に分類されます。アスベスト(石綿)は、ほぐすと綿のようになり、その繊維は極めて細かく、耐熱性、耐久性、耐摩耗性、耐腐食性、絶縁性等の特性に優れているため、建材や、摩擦材、断熱材等の様々な工業製品の原材料に使用されていました。

もっとも、アスベスト(石綿)は工業製品の原材料等として優れた適格性を有している反面、人体に対する有害性も有していると現在では認められています。

アスベスト(石綿)の繊維は非常に細かいため、研磨機や切断機による作業や、吹き付け作業等を行う際に、所要の措置を行わないと用意に飛散、浮遊し、人体に吸引されやすく、人体にいったん吸引されると、肺胞に沈着し、その一部は肺の組織内に長期間滞留することになります。

この肺に長期間滞留したアスベスト(石綿)が要因となって、肺がん、悪性中皮腫、石綿肺を引き起こすと考えられています。

アスベスト(石綿)の吸引と発症する可能性のある疾病

アスベスト(石綿)にどの程度ばく露すればどの程度の発病リスクがあるかということまでは明らかとなってはいませんが、アスベスト(石綿)ばく露と肺がん、悪性中皮腫、石綿肺などの疾病との間には相関関係が認められています。

また、アスベスト(石綿)にはいくつか種類があり、種類によって人体に対する有害性に差があります。

ここでは、アスベスト(石綿)の吸引により発症する可能性のある疾病やアスベスト(石綿)の種類ごとの有害性について解説します。

(1)肺がん

アスベスト(石綿)による肺がんは、原発性肺がんです。原発性肺がんとは、肺の細胞が変化して発生したがんをいい、転移してできたがんである転移性がんと区別されます。

肺がんは、アスベスト(石綿)以外にも様々な要因で発生するものといわれており、喫煙は肺がんの重要な危険因子といわれています。
アスベスト(石綿)ばく露量が多ければ多いほど肺がんの発症率が高いといわれていますが、ばく露からすぐに発症するわけではなく、発症するまで15~40年の潜伏期間があるといわれています。

症状は、咳、痰、血痰、胸の痛み、動いたときの息苦しさ、発熱などがありますが、肺がんができた場所や大きさによってはほとんど症状がでないこともあるといわれています。

なお、アスベスト(石綿)による肺がんとアスベスト(石綿)以外の原因による肺がんで、症状や治療方法等について差はありません。

(2)悪性中皮腫

中皮とは、胸膜、心膜、腹膜などの内臓を覆う膜の表面を覆う薄い細胞層をいいます。
悪性中皮腫とは、この中皮細胞から発生する悪性腫瘍をいいます。

若年期にアスベスト(石綿)にばく露した場合の方が悪性中皮腫を発症しやすいといわれています。平均潜伏期間は40~50年と非常に長く、ばく露から20年以下で発症する例は非常に少なく、10年未満での発症例はないといわれます。

症状としては、咳、胸の痛み、大量の胸水による呼吸困難や胸部圧迫感があるといわれ、原因不明の発熱や体重減少がみられる場合もあるといわれます。

(3)石綿肺

石綿肺とは、肺が線維化するじん肺の一つで、アスベスト(石綿)ばく露の特異性が高い疾病です。
じん肺は、粉じんを吸引することによって、吸入した粉じんが肺胞に沈着して肺の繊維化を起こす疾病の総称であり、アスベスト(石綿)の吸引によって発生するじん肺を石綿肺と呼びます。

職業上10年以上アスベスト(石綿)にばく露した労働者に発症する可能性が高いといわれており、通常、アスベスト(石綿)にばく露してから10年以上経過して所見が現れるといいます。

初期症状には息切れ、咳、痰がみられ、症状が進行すると呼吸機能が低下し日常生活に支障が現れるといいます。また、肺結核、肺がん、COPD(慢性閉塞性肺疾病)、気管支拡張症、気胸などの合併症がみられます。

(4)アスベスト(石綿)の種類ごとの有害性

アスベスト(石綿)は、以下の6種類に分類することができます。

  • クリソタイル(白石綿)
  • クロシドライト(青石綿)
  • アモサイト(茶石綿)
  • アンソフィライト
  • トレモライト
  • アクチノライト

(左:クリソタイル、中:クロシドライト、右:アモサイト)

引用:「石綿」ってどんなもの?|環境科学国際センター

このうち、建材や摩擦材などの工業製品の原材料として使用されていたのは、主に、クリソタイル、クロシドライト、アモサイトの3種類です。クリソタイルは、ほとんどすべてのアスベスト(石綿)製品に使用されてきたもので、世界で使用されたアスベスト(石綿)の約9割以上を占めます。

また、クロシドライトとアモサイトについては、主に、石綿吹付作業の原料として使用されてきました。

アスベスト(石綿)は繊維が細くて長いものほど人体に対する有害性高くなるといわれており、「クロシドライト>アモサイト>クリソタイル」の順で有害性が強いといわれています。WHOの報告書によれば、クロシドライトはクリソタイルにくらべて500倍の発がん性があり、アモサイトはクリソタイルにくらべて100倍の発がん性があるとされています。

アスベスト(石綿)による疾病を検査する方法

従前働いていた職場でアスベスト(石綿)を扱っていた方などアスベスト(石綿)ばく露の疑いがある方については、自身のばく露歴をしっかりと把握して、健康診断やがん検診等を受けてヘルスチェックをすることが重要です。

ここでは、アスベスト(石綿)による疾病を検査する方法等を解説します。

(1)アスベスト(石綿)ばく露歴を把握する

アスベスト(石綿)を扱う職業に従事していた経験がある方は、自身のアスベスト(石綿)ばく露歴を把握しておきましょう。

以下のような職業に従事していた方は、アスベスト(石綿)に直接ばく露した可能性が高く、下記の健康診断やがん検診等を受けることをお勧めします。

  • 石綿鉱山等における石綿含有鉱石または岩石の採掘、精製等の作業
  • 石綿原料等の運搬作業等
  • 石綿の製造、加工業(石綿紡織製品、石綿スレートなどの石綿含有セメント製品、被覆材などの耐熱性石綿製品など)
  • 石綿吹付作業
  • 石綿製品の切断等の加工作業
  • 石綿が使用されている建物等の解体作業
  • 石綿製品を用いた補修作業

など

また、アスベスト(石綿)のばく露は、上記のようなアスベスト(石綿)に直接ばく露するような作業に従事していた場合以外にも起こる可能性があります。

例えば、

  • 家族内にアスベスト(石綿)ばく露作業に従事していた者がいて、そのユニフォーム等を選択したり、管理したりしていた
  • 幼少期に石綿工場、鉱山、造船所、建材物置場、自動車修理工場、石綿廃棄物回収事業場等の付近で遊んだりしたことがある
  • アスベスト(石綿)工場の周辺に居住していたことがある

など

これらの場合、アスベスト(石綿)に間接的にばく露していた可能性があります。

アスベスト(石綿)ばく露の疑いがある方については、アスベスト(石綿)にばく露したかどうかを自身でチェックすることができる「石綿自記式簡易調査票」を利用することも可能です。

医療機関等に診察に行く際には、まずはこの調査票を使って自分自身でばく露の有無、程度をチェックし、チェック後、この調査票を持参して医療機関等の診察を受けるのがよいでしょう。

(2)健康診断やガン検診を受診する

石綿障害予防規則において、事業者は石綿を取り扱う作業に従事させた又は従事させている労働者に対して、健康診断を実施しなければならないとされていますので、現在もアスベスト(石綿)を取り扱う業務に従事している方については、会社の実施する健康診断を受けることによってヘルスチェックをすることが可能です。

過去にアスベスト(石綿)を取り扱う業務に従事していた方については、医療機関等が実施する健康診断を受ける必要があります。なお、1回の健康診断につきおおよそ1万2000円前後の費用がかかるようです。

参考:石綿(アスベスト)健診について(石綿作業従事者に対する健康診断)│順天堂大学医学部附属 順天堂医院

また、所定の要件を満たす方については、健康管理手帳の交付を受けることによって、指定医療機関で実施される健康診断を決まった時期に年2回(じん肺の健康管理手帳については年1回)無料で受けることが可能です。

(3)相談窓口を利用する

アスベスト(石綿)を使用する作業に従事していた方で健康被害等に関して不明点がある方等については、保健所、各都道府県の産業保健総合支援センターまたは労災病院に相談するとよいでしょう。

また、以下のような症状がみられる場合には、アスベスト(石綿)ばく露によって疾病を発症している可能性がありますので、早期に医療機関等の診察を受けましょう。

・息切れがひどくなった
・せきやたんが以前に比べて増えた
・たんの色が変わった
・たんに血液が混ざった
・顔色が悪いと注意された
・爪の色が紫色に見える
・はげしい動悸がする
・風邪をひいて、なかなか治らない
・微熱が続く
・高熱が出た
・寝床に横になると息が苦しい
・食欲がなくなった場合や急にやせた
・やたらに眠い

引用:3 日常生活における症状はありますか?│厚生労働省

なお、所定の要件を満たす場合、労災保険給付により医療費等の給付を受けることができる可能性あります。

また、労災保険給付を受けられない方でも、所定の要件を満たす場合には、石綿健康被害救済法に基づく給付を受けることができる可能性があります。
これらの制度を利用することで、金銭的な負担を最小限に抑えて自身のヘルスチェックをすることが可能となっています。

【まとめ】アスベスト(石綿)の吸引とガンとの間には相関関係があるいわれている

本記事をまとめると以下のようになります。

  • 吸引したアスベスト(石綿)粉じんが肺の組織内に滞留し続けることで、中皮腫、ガン、石綿肺等の健康被害をもたらすといわれている
  • アスベスト(石綿)は種類によって人体に対する有害性が異なり、主に石綿吹付作業の原料として用いられていたクロシドライトやアモサイトについては、発がん性が特に強いといわれている
  • アスベスト(石綿)を取り扱う作業に従事していた方は、アスベスト(石綿)粉じんに直接的にばく露した可能性があり、また、アスベスト(石綿)工場周辺に居住していた方等は、アスベスト(石綿)粉じんに間接的にばく露した可能性がある
  • 過去にアスベスト(石綿)工場やアスベスト(石綿)含有建材を用いた建設作業に従事していた方等については、労災保険給付や石綿健康被害救済法に基づく給付を受けることができる可能性がある

なお、アスベスト(石綿)工場に従事したことによってアスベスト(石綿)を吸引してしまった方については、国に対して国賠請求訴訟を提起し、和解を成立させることによって、和解金を受け取ることができる可能性があります。

また、アスベスト(石綿)含有建材を用いて建設作業に従事していた方については、国及び建材メーカーの責任を認める最高裁決定が出されております。
アスベスト(石綿)被害に遭われた方については、労災保険給付や石綿健康被害救済制度による救済のほかにも、このような司法的な救済を受けられる可能性もあるのです。

アディーレ法律事務所では、アスベスト(石綿)被害に悩まれておられる方を一人でも多く救いたいとの想いから、アスベスト(石綿)被害についてのご相談をお待ちしております。

アスベスト(石綿)被害にあわれた方は、アディーレ法律事務所にお気軽にご相談ください。

アスベストに関するご相談は何度でも無料

弁護士費用は安心の成功報酬制!

石綿健康被害救済法や労災保険の給付を受けている方でも、賠償金の対象になります!

ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

お電話やオンラインによるご相談だけでなく、お近くの本店・支店にお越しいただいてのご相談も可能です

ゼロイチニーゼロ ハヤイ キュウフヲ

0120-881-920

朝9時〜夜10時・土日祝も受付

もしくは

お気軽にお問い合わせください

この記事の監修弁護士
弁護士 大西 亜希子

香川大学、早稲田大学大学院、及び広島修道大学法科大学院卒。2012年弁護士登録。2017年よりB型肝炎部門の統括者。また、2019年よりアスベスト(石綿)訴訟の統括者も兼任。被害を受けた方々に寄り添うことを第一とし、「身近な」法律事務所であり続けられるよう奮闘している。現在、東京弁護士会所属。

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

アスベストに関するご相談無料

0120-881-920

朝9時〜夜10時・土日祝も受付

メールでお問い合わせ