あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

アスベスト問題|アスベストによる健康被害とアスベスト訴訟

作成日:更新日:
kiriu_sakura

「アスベストによってどんな健康被害が生じているの?」

アスベスト(石綿)にばく露すると、石綿肺や肺がん等の重篤な疾患を発症する可能性があります。
アスベストによる健康被害は職業性ばく露(仕事上でアスベストを取り扱ったことによってアスベストにばく露すること)によるものが大部分と言われており、特に、アスベスト製品の製造工場で働いていた労働者や、アスベスト含有建材を用いて建設作業に従事していた建設作業員にアスベスト被害が多発しています。

本記事では、

  • アスベストによる健康被害
  • アスベスト被害に対する救済

について、解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 大西 亜希子

香川大学、早稲田大学大学院、及び広島修道大学法科大学院卒。2017年よりB型肝炎部門の統括者。また、2019年よりアスベスト(石綿)訴訟の統括者も兼任。被害を受けた方々に寄り添うことを第一とし、「身近な」法律事務所であり続けられるよう奮闘している。東京弁護士会所属。

アスベストに関するご相談は何度でも無料

弁護士費用は安心の成功報酬制!

石綿健康被害救済法や労災保険の給付を受けている方でも、賠償金の対象になります!

アスベストによる健康被害

アスベストは、ほぐすと綿のようになり、その繊維は極めて細かく、耐熱性、耐久性、耐摩耗性、耐腐食性、絶縁性等の特性に優れているため、様々な工業製品の原材料に使用されていました。
しかし、アスベストは工業製品の原材料等として優れた特性を有している反面、人体に対する高い有害性を有しています。

アスベストの繊維は非常に細かいため、研磨機や切断機による作業や、吹き付け作業等を行う際に、所要の措置を行わないと容易に飛散、浮遊し、人体に吸引されやすく、人体にいったん吸引されると、肺胞に沈着し、その一部は肺の組織内に長期間滞留することになります。
この肺に長期間滞留したアスベストが要因となって、次のような疾患を発症させます。

  • 石綿肺
  • 肺がん
  • 悪性中皮腫
  • びまん性胸膜肥厚
  • 良性石綿胸水

アスベストはこのような肺疾患の原因となる極めて危険な物質であり、これらの肺疾患をアスベスト関連疾患といいます。
アスベスト関連疾患について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

アスベストで健康被害を受けた場合に出る症状は?国からもらえるお金も解説

参考:(2)石綿が原因で発症する病気は?|厚生労働省
参考:石綿(アスベスト)関連疾患|独立行政法人 環境再生保全機構

(1)アスベスト関連疾患は潜伏期間を経てから発症する

アスベスト関連疾患は、アスベストにばく露しても、すぐに発症するわけではありません。通常、数十年という長い潜伏期間を経てから発症することになります。
アスベストが多く取り扱われていたのは昭和の時代ですが、その頃にアスベストにばく露した方たちの被害の多くが最近になって顕在化しており、今後も増加していくことが予測されています。

例えば、悪性中皮腫の場合、アスベストにばく露してから20~50年程度の潜伏期間を経てから発症するといわれています。
次の表は、日本における中皮腫による死亡者数の推移です。

平成7年には500人であったのが、令和2年には最高値である1605人を記録しており、約3倍に増加しています。アスベスト製品の製造等が全面禁止となった2006年以降も中皮腫による死亡者は年々増加していることがわかります。

参考:都道府県(特別区-指定都市再掲)別にみた中皮腫による死亡数の年次推移(平成7年~令和2年)|厚生労働省

(2)アスベスト被害の多い職種

アスベスト被害の大部分は、職業性のばく露によるものです。職業性ばく露とは、仕事でアスベストを取り扱った際にアスベストを吸い込んでしまうことです。業種としては、製造業と建設業に従事していた方に多く発生しています(令和2年度のアスベストによる疾病での労災認定件数1059件のうち、製造業384件、建設業589件となっています)。

参考:労災保険法に基づく保険給付の石綿による疾病別請求・決定状況|厚生労働省

なお、アスベスト被害は職業性ばく露、すなわち仕事の際にアスベストを吸い込んでしまうことによるものだけではありません。兵庫県尼崎市の機械メーカーの旧工場の労働者や周辺住民がアスベスト関連疾患を発症した事件があります。工場の周辺住民にもアスベスト被害が発生したことから大きな社会問題となりました。

アスベスト被害者に対する救済

これまでアスベスト被害者への救済についての取り組みが進められてきました。
アスベスト被害者に対する救済手続きとしては、まずは労災保険給付があります。アスベスト関連疾患が業務上の疾病に該当する場合には、労災保険の対象となる可能性があります。

2006年には、アスベスト被害を受けたものの、労災保険給付による救済を受けることができない被害者への救済措置として、石綿健康被害救済法が制定されました。アスベストを原因として中皮腫や肺がん等の一定のアスベスト関連疾患を発症した方で、労災保険給付を受けられない方については、その疾患の種類に応じて、医療費等の救済給付等が支給されます。

アスベスト製品の製造・加工工場における作業によりアスベストにばく露した方(工場型アスベスト被害)については、厚生労働省が公表している要件を充足すれば、国との間で裁判上の和解をすることにより最大1300万円の賠償金(和解金)が支払われることになっています。

アスベストの吹付作業や一定の屋内建設作業に従事したことによってアスベストにばく露した方(建設型アスベスト被害)については、特定石綿被害建設業務労働者等に対する給付金等の支給に関する法律が規定する要件を充足すれば、国から最大1300万円の給付金が支払われることになっています。

アスベスト被害者への救済方法を詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

【労災保険や石綿健康被害救済制度について】

アスベストで健康被害を受けた場合に出る症状は?国からもらえるお金も解説

【工場型アスベスト訴訟について】

元工場従事者のアスベスト訴訟とは?健康被害と工場型アスベスト訴訟

【建設アスベスト給付金について】

建設アスベスト被害者に対する給付金に関する法律が参院本会議で可決

参考:アスベスト(石綿)健康被害救済給付の概要|独立行政法人 環境再生保全機構
参考:アスベスト訴訟(工場労働者型)|法務省
参考:石綿(アスベスト)工場の元労働者やその遺族の方々との和解手続について|厚生労働省
参考:建設アスベスト給付金制度について|厚生労働省

【まとめ】アスベスト被害は現在も増加している

本記事をまとめると次のようになります。

  • アスベストは、肺がんや中皮腫といった重篤な健康被害を引き起こす可能性のある危険な物質である
  • アスベストによる健康被害は数十年という長い潜伏期間を経てから発症するため、昭和の時代にアスベストにばく露した方たちの健康被害が現在になって顕在化しており、今後も増加していくことが予測されている
  • 工場型アスベスト被害を受けた方については、国との間で裁判上の和解をすることによって、最大1300万円の賠償金(和解金)が支払われる可能性がある
  • 建設アスベスト被害を受けた方については、訴訟によらずに最大1300万円の給付金が支払われる可能性がある

アディーレ法律事務所では、アスベスト給付金・賠償金請求に関し、着手金、相談料はいただいておらず、原則として報酬は給付金・賠償金受け取り後の後払いとなっております。

そのため、当該事件をアディーレ法律事務所にご依頼いただく場合、原則としてあらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要はありません。

※以上につき、2022年3月時点

アスベスト被害に遭われた方またはそのご遺族の方は、アスベスト被害に積極的に取り組んでいるアディーレ法律事務所にお気軽にご相談ください。

アスベストに関するご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-881-920
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています