あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

ブラックリストに載ったら他の人に知られてしまう?

作成日:
リーガライフラボ

「ブラックリストに載ったら、会社や家族に知られてしまう?」

延滞や債務整理をするといわゆるブラックリストに載ることがあります。
しかし、このブラックリストは、誰でも見ることができるわけではありません。
ブラックリストは、金融機関等しか見ることができず、そうでない一般の会社や家族は原則として見ることはできません。
ブラックリストは誰が見ることができるのか弁護士が解説します。

ブラックリストって何?

金融機関においてブラックリストという名前の名簿は存在しません。

もっとも、信用情報のうち「事故情報」の部分を、俗にブラックリストと呼ぶことがあります。
「信用情報」とは、借入の申し込みや契約などに関する情報のことをいい、信用情報機関が管理しています。

信用情報機関には、以下の3つがあり、どこの金融機関から借り入れたかによって、登録される信用情報機関が異なります。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    :主にクレジットカード会社が加盟する信用情報機関
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
    :主に消費者金融が加盟する信用情報機関
  • 全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター・KSC)
    :銀行や信用金庫、信用保証協会などが加盟する信用情報機関

また、「事故情報」とは、

  • 返済が2、3ヶ月以上滞った
  • 債務整理をした

などの情報のことです。

このような事故情報に記録されると、経済的な信用を失いますので、事故情報が削除されるまでの間、新たな借入れやクレジットカード発行の申込みをしても審査に原則として通らなくなります。
また、事故情報が登録されている間は、カードの更新も原則としてできなくなりますし、保証人になることもできなくなります。

ブラックリストは信用情報機関に永久的に残るわけではない

事故情報は永久に信用情報機関に登録されているわけではありません。
事故情報の種類や登録される信用情報機関によっても異なりますが、例えば2、3ヶ月延滞した場合、長くとも完済などをしてから5年以内に当該事故情報が削除される運用となっています。
なお、一度滞納などをした借入先においては、社内に滞納したなどの事故情報が半永久的に残ることはあります。

ブラックリストは誰が見ることができる?

ブラックリスト、すなわち信用情報は誰でも見ることができるわけではありません。
信用情報を見ることはできるのは、次の人や企業です。

  • 信用情報機関に加盟している会員(主に金融機関)
  • 本人
  • 代理人(任意代理人、法定代理人)
  • 本人が亡くなった場合、その一定の遺族

このように、一般の会社や家族は、信用情報を見ることはできません。
※本人が信用情報機関に信用情報の開示を求め、その開示された信用情報の用紙を家に放置しておいて、それを家族が見てしまった場合などのケースは除きます。

借入ができなくなったことにより、家族に知られる可能性はゼロではない

先ほどご説明したとおり、信用情報に事故情報が載ると、借入やカードの更新が原則としてできなくなりますし、保証人になることもできなくなります。
そのため、借入などができなくなったことをもって、家族に「事故情報が載っているのではないか」、と勘繰られる可能性は残ってしまいます。
そのため、借入ができなくなったことにより、家族に、事故情報が登録されていることを知られてしまう可能性はゼロではありません。

とはいえ、事故情報が登録されていなくとも、借入などの審査が通らないことはあります。
与信審査は、他の借り入れ状況や年齢や収入など様々な情報を総合的に考慮して行われるためです。
そのため、ご家族の方は、「配偶者が借入などができなくなった」ことだけをもって、「事故情報が登録されているからに違いない」という断定をすることはできません。

事故情報に登録されている間は、携帯電話の分割払いも原則としてできなくなりますが、現金一括払いによる購入はできます。
また、事故情報が登録された本人は奨学金の保証人にも原則としてつくことができなくなりますが、日本学生支援機構に奨学金の貸与を申し込む場合は、保証機関が連帯保証人になることにより(機関保証)、学生本人が奨学金の借り入れをすることはできるケースもあります(一定の保証料の支払が必要です)。

なお、事故情報により借り入れなどの制限がされるのは、事故情報が登録された本人だけで、それ以外の家族は、自分以外の者の事故情報のせいで借り入れなどが拒まれることはありません。

参考:機関保証|独立行政法人 日本学生支援機構

【まとめ】ブラックリストに載っても、原則として家族や一般の会社に知られることはない

以上の通り、信用情報を見ることができるのは原則として、

  • 信用情報機関に加盟している会員(主に金融機関)
  • 本人
  • 代理人(任意代理人、法定代理人)
  • 本人が亡くなった場合、その一定の遺族

に限られています。

このように信用情報は厳密に管理されているため、「いわゆるブラックリストに載ってしまっても、原則として家族や一般の会社に知られることはない」という点を押さえておきましょう。