あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

浮気からの立ち直り方6選と「けじめ」のつけ方を紹介

作成日:
kiriu_sakura

「浮気をされた人はたくさんいるのに、私だけ立ち直れずにいるのはなぜだろう」
このように考えてはいませんか?

しかし、信じていたパートナーから裏切られると、精神的なショックは大きく、立ち直れないのは当然のことです。あなただけが立ち直れずにいるわけではありません。

そして、立ち直りにかかる時間は人によって違います。立ち直りが早い人もいますし、一方、立ち直りに時間がかかってしまう人もいます。

立ち直れないままでいるからといって、決して自分を責めてはいけません。

ただ、立ち直れないままでいると、あなたとパートナーとの関係が悪くなったり、あなたの私生活に悪影響が出てしまったりする可能性もあります。
そこで、少しでも早く浮気から立ち直りたいという気持ちがある方は、浮気から立ち直る方法を試してみましょう。

浮気から立ち直る方法としては、例えば、次のような方法があります。

  • 思いっきり泣く・笑う
  • 運動をする
  • 環境を変える
  • 友達に話してみる など

これらの方法でも立ち直れないという場合には、浮気に「けじめ」をつけることが重要です。本記事では、「けじめ」のつけ方についても記載していますので、どうしても立ち直れないという方は、その方法についても検討してみてください。

この記事では、次のことについて弁護士がくわしく解説します。

  • 浮気から立ち直る方法
  • どうしても浮気から立ち直れない時の「けじめ」のつけ方
この記事の監修弁護士
弁護士 池田 貴之

法政大学、及び学習院大学法科大学院卒。アディーレ法律事務所では、家事事件ドメイン(現:慰謝料請求部)にて、不貞の慰謝料請求、離婚、貞操権侵害その他の男女トラブルを一貫して担当。その後、慰謝料請求部門の統括者として広く男女問題に携わっており、日々ご依頼者様のお気持ちに寄り添えるよう心掛けている。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

浮気から立ち直る6つの方法

浮気から立ち直る方法として試してほしい方法は、次の6つです。

【浮気から立ち直る方法】

  1. 思いっきり泣く・笑う
  2. 運動をする
  3. 環境を変える
  4. 友達に話してみる
  5. 新しい趣味を見つける
  6. メイクや服装を変えてみる

すでに実践している方法もあるかもしれません。しかし、まだ試していない方法があればやってみてはいかかでしょうか。

(1)思いっきり泣く・笑う

まず、思いっきり泣いて、笑ってみましょう。

自分の悲しい気持ちを閉じ込めたままでいると、精神バランスが不安定になって、ずっとモヤモヤした気持ちを抱えていくこともあります。悲しい気持ちを思いっきり泣くことで外に出してスッキリしてしまいましょう。

また、テレビや映画などを見て、思いっきり泣いたり、笑ってみたりすることもおすすめです。テレビや映画の力を借りて思いっきり泣いたり笑ったりすることでも、モヤモヤしていた気持ちがスッキリすることがあります。

(2)運動をする

次に、運動をしてみることもおすすめです。

思いっきり運動をして汗をかくと、ストレスや辛い気持ちが発散されることがあります。
また、浮気されて辛い気持ちから寝られないといった場合にも、運動をして疲れることでゆっくり寝られるようになることもあります。

(3)環境を変える

環境を変えてみることもよいでしょう。

気持ちが沈んでいると、環境を変えることにもおっくうになってしまうかもしれません。
しかし、これまで自分がいた環境を変えてみると、心機一転して、いっきに気持ちがリフレッシュすることがあります。

例えば、次のような方法で環境を変えてみましょう。

  • 新しい場所に引っ越してみる
  • 遠い場所へ旅行してみる
  • パートナーと距離をとってみる など

パートナーと距離をとると、パートナーとの関係の悪化を懸念してしまうかもしれません。しかし、浮気から立ち直れないままそばにいるのも辛く、かえってパートナーとの関係を悪くしてしまうかもしれません。
パートナーに対して浮気から立ち直れていないことを素直に話して、パートナーと離れてみる方があなたとパートナーにとってよい結果となる可能性もあります。

(4)友達に話してみる

これまで友達に話すことなく、自分だけで抱え込んでいた場合には、信頼できる友達に話してみることもおすすめです。

友達に話すことは勇気がいることかもしれません。しかし、友達に話すことであなたの気持ちが整理でき、言い終わった後にはスッキリしているということがあります。
また、第三者からの意見を聞くことで、これまで悩んでいたことや抱えていたことが実は些細なことだったと気づくきっかけとなることもあります。

(5)新しい趣味をみつける

これまで趣味がなかった方には、新しい趣味をみつけてみることもおすすめです。

新しいことにチャレンジすると、楽しい気持ちになりますし、暇をつぶすこともできるため、浮気を思い出す機会も少なくなってきます。

また、新たな人との出会いや交流も生まれますので、これまでの環境が変わって、気持ちがスッキリすることがあります。

(6)メイクや服装を変えてみる

メイクや服装を変えてみることもおすすめです。

これまでの自分とは違う自分になると、気分も変わってきます。
メイクや服装を変えてあなたがより魅力的になれば、パートナーももう浮気しようとは考えなくなるかもしれません。
また、メイクや服装を変えるために、外に買い物に行くことも気持ちをリフレッシュすることにもつながります。

浮気から立ち直れないときなどの「けじめ」のつけ方

これまで説明した方法を実践してもどうしても浮気から立ち直れないこともあるでしょう。

立ち直れたとしても、「このまま浮気をなかったことにしたくない」「浮気相手に責任を取ってほしい」と思われるかもしれません。

このようにどうしても浮気から立ち直れない場合や、責任を取らせたい場合には、浮気に「けじめ」をつけることが重要となります。

浮気を引きずって立ち直れずにいるということは、あなたの中で何かモヤモヤしたものが残っているということです。浮気から立ち直るためには、そのモヤモヤを払拭して、浮気に踏ん切りをつけることが大事になってきます。

例えば、次のような方法で「けじめ」をつけることを検討してみましょう。

【浮気の「けじめ」のつけ方】

  • 二度と浮気をしない誓約書を書かせる
  • パートナーと別れる(離婚する)
  • (パートナーが配偶者の場合)浮気相手に慰謝料請求をする
  • (パートナーが配偶者の場合)配偶者に慰謝料請求をする

現在は、パートナーと別れることまでは考えていないかもしれません。しかし、浮気に対しるモヤモヤを抱えたまま今後も関係を続けていくことはあなたにとって精神的な負担が大きいものといえるでしょう。「けじめ」のつけ方の一つの選択肢として検討してみてください。

(1)二度と浮気をしない誓約書を書かせる

まず、「けじめ」のつけ方の一つの方法として、「二度と浮気をしない」と誓約書を書いてもらいましょう。

浮気をしないと口約束をしていても、本当に浮気を辞めてくれるのか不安が残ると思います。誓約書という書面を描いてもらうことで、口頭だけの約束よりも浮気の再発防止の効果が期待できます。

誓約書では、パートナーと浮気相手が認めた浮気の事実及び内容、浮気関係を解消すること、今後二度と会わないことなど、話し合って合意した内容を記載します。

さらに、誓約書で合意したことを破った場合の違約金も定めておくと浮気の再発防止の効果を高めることができます。
また、可能であれば浮気相手にも誓約書を作成してもらうとよいでしょう。そうすることによって、さらに浮気が繰り返されないようにする効果を高めることができます。

浮気をしない誓約書を作成するメリットや作成方法についてくわしく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

不倫誓約書の効力は?作成するメリットや書かせる際のポイントも解説

(2)パートナーと別れる(離婚する)

パートナーと別れること(離婚をする)も、浮気の「けじめ」のつけ方の一つの方法です。

パートナーと別れること(離婚をする)はなかなか踏ん切りがつかないかもしれません。
しかし、パートナーと顔を合わせるとどうしても思い出してしまうものです。

別れてみる(離婚をする)と、意外とこれまで立ち直れずにいた気持ちもスッキリして、これまで何をクヨクヨしていたのだろうと思うこともあります。

愛していたパートナーと別れることは辛いことですが、立ち直れないままの気持ちを抱えて関係を続けていくことがあなたにとって本当によいことなのかも考えてみるとよいでしょう。

離婚するために必要な準備やお金のことについてくわしく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

離婚するために必要な準備とは?お金のことや心構えについて解説

(3)配偶者の浮気相手に慰謝料請求をする

あなたのパートナーが配偶者である場合、浮気相手に慰謝料請求をすることができます。

慰謝料は離婚する場合でないと請求できないとのイメージをお持ちかもしれませんが、夫婦関係を継続する場合であっても慰謝料請求をすることは可能です。

浮気相手に対して慰謝料請求をすることで、あなたが抱えている浮気相手に対する恨みや怒りがスッキリして、浮気から立ち直れる可能性があります。

ただ、浮気相手に対して慰謝料請求をするとパートナーとの関係が悪化してしまうのではと懸念されているかもしれません。
しかし、浮気相手に対して慰謝料請求をしたことを口外しないようにする約束をすることもできますので、あなたの配偶者に慰謝料請求をしたことが伝わないままにすることができる可能性もあります。

慰謝料を浮気相手だけに請求をする場合の請求方法やリスクについてくわしく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

浮気相手だけに慰謝料請求したい場合に知っておくべきリスクや請求方法についてくわしく解説

(4)配偶者に慰謝料請求をする

浮気相手だけではなく、配偶者に対して慰謝料請求をすることもできます。

離婚をしない場合でも配偶者に対して慰謝料請求をすることもできます。
しかし、離婚しない場合に配偶者に対して慰謝料請求をすることは夫婦の財産の中でお金が動くだけですので、あまり意味がありません。

離婚はしないけど配偶者に対して少し懲らしめたいという気持ちがある場合には、慰謝料請求ではなく、あなたの欲しいものを買ってもらったりするなどの方法をとるとよいでしょう。
なお、配偶者と離婚する場合には、今後のあなたの生活の資金にもなりますので、配偶者に慰謝料請求をするのも検討してみましょう。

浮気の慰謝料についてくわしく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

不倫の慰謝料請求は離婚しなくても認められる?慰謝料の相場や事例を紹介

【まとめ】どうしても浮気から立ち直れない場合には、パートナーと別れるor浮気相手への慰謝料請求も検討してみましょう

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 浮気から立ち直る方法
    1. 思いっきり泣く・笑う
    2. 運動をする
    3. 環境を変える
    4. 友達に話してみる
    5. 新しい趣味を見つける
    6. メイクや服装を変えてみる
  • どうしても浮気から立ち直れない場合の「けじめ」のつけ方
    • 二度と浮気をしない誓約書を書かせる
    • パートナーと別れる(離婚する)
    • (パートナーが配偶者の場合)浮気相手に慰謝料請求をする
    • (パートナーが配偶者の場合)配偶者に慰謝料請求をする

浮気が発覚したパートナーがあなたの配偶者である場合、今後の夫婦生活をどうするか、子どもがいる場合には、子どものこともどうするかなども踏まえて離婚をするかしないか、慰謝料請求をするかしないかを考えることになるでしょう。

離婚については夫婦生活に与える影響も大きいため、浮気が発覚しても離婚を望まない方もいらっしゃいます。しかし、離婚しない方でも、浮気のけじめをつけるために浮気相手に対して慰謝料請求をされる方もいらっしゃいます。

配偶者の浮気が発覚した場合にどうすればいいのかまだ決めきれないという方は、離婚を望まない場合でも浮気相手に対して慰謝料請求はできるということは知っておきましょう。

そして、配偶者の浮気が発覚し、離婚する・しないを問わず、浮気相手に対して慰謝料請求をお考えの方は、浮気の慰謝料請求を得意とするアディーレ法律事務所への相談がおすすめです。

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫の慰謝料請求につき、相談料、着手金をいただかず、原則として成果があった場合のみ報酬をいただくという完全成功報酬制です。

原則として、この報酬は獲得した賠償金等からのお支払いとなりますので、あらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要がありません。

また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため費用倒れの心配がありません。

(以上につき、2022年10月時点)

配偶者の浮気が発覚し、慰謝料請求をお考えの方は、浮気・不倫の慰謝料請求を得意とするアディーレ法律事務所へご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています