あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

浮気している女性の嘘を行動や態度から見抜く方法

作成日:更新日:
リーガライフラボ

浮気している人はそれを隠そうとして嘘をつきます。
男女を問わず、嘘をつくのがうまい人はうまいわけですが、どちらかといえば男性の嘘はバレやすく、女性の嘘は見抜くのが難しいと言われます。
けれど女性の嘘も、見抜く方法がないわけではありません。

特に浮気している場合の嘘は、ある程度パターン化しています。
そこで、浮気する時につく嘘を見破る方法についてまとめてみました。

「彼女や妻の様子がどうもおかしい」
もしそう思うことがあれば、この記事をぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。2016年弁護士登録。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。現在、東京弁護士会所属。

女性の浮気や嘘はバレない?

浮気をする理由も、嘘をつく理由もさまざまです。
必ずしも男女でハッキリと差があるわけではありません。

しかしここでは話を分かりやすくするため、あくまで大まかな一般論として男性と女性とで区別し、嘘をつく理由などを分析してみます。

(1)男性が嘘をつく理由と嘘がバレやすい理由

男性の場合は浮気は「油断」から来ることが多いようです。
つまりパートナーである彼女や妻が「自分から離れない」という安心感から別の女性と浮気をするのです。

そのような油断から来る浮気ですから、あまり計画的ではなく、浮気がバレそうになるとその場の空気で突発的に嘘をつくようです。
計画性のない嘘ですから、辻褄(つじつま)が合わなくなり嘘がバレやすくなります。

(2)女性が嘘をつく理由と嘘がバレにくい理由

では女性の場合はというと、男性の場合とは違った傾向が見られます。
浮気は、寂しさを埋めるために始めることが多いようです。

男性の場合が「油断」から来る浮気であるのと異なり、女性は満たされない心理状態から浮気に走るわけですから、切実さは高いと言えます。
精神的な緊張関係がある分、嘘を綿密に仕立て上げており綻びが目立ちにくいため、嘘がバレにくいようです。

態度で分かる女性の浮気と嘘

一般的な傾向として、女性はコミュニケーション能力が高く話が上手です。
その上、綿密に仕立てた嘘であれば話の内容から浮気や嘘を見抜くことは難しいと言えます。

しかし女性の嘘がバレにくいといっても、それでも浮気や嘘で後ろめたい気持ちがあるわけですから、まったくいつもと同じということはありません。

嘘をつく際に、いつもと違う態度が出てしまうこともあります。
そこに着目して女性の嘘を見抜くことも不可能ではありません。

(1)目をそらさない

人は、嘘をついたときに後ろめたい思いをします。
そのやましさが表れるのが「目線」です。

注意深く相手を見ていれば、嘘をついている場合の目の動きが、そうではないときと比べて異なることに気が付くかも知れません。

どう「普段と違う」かと言えば、女性の場合は嘘をつくときに「相手の目を凝視する」傾向があるようです。
普段よりもじっと相手の目を見て話すようであれば、嘘をついている可能性があります。
この点は、男性が目をそらして嘘をつくのと真逆の行動であると言えます。

ただ、これは個人差がありますから、やはり目安としては「普段との違い」です。
日頃から相手をよく見ているほど、相手の嘘に気がつく可能性が高いと言えます。

ですがもし、普段からパートナーの女性をよく見ているとしたら。
そもそも相手は「寂しさ」から浮気には走らなかったかも知れませんね。

(2)言葉数が増える

女性が綿密に考えられた嘘をつくという話をしました。
「綿密」ということは、嘘をついた後に辻褄が合わないことがないよう裏の設定までしっかり考えているものです。
そしてその裏の設定こそが嘘をより強固なものにすると無意識のうちに考えています。

そのような裏の設定は、万が一相手に問われた場合にだけ伝えれば良いことなのですが、嘘をついているやましさから、早口になったり聞かれていないことまで話してしまうのです。

話の内容から矛盾を見つけるなどして嘘を見抜くことは難しいものの、このような話し方や態度の変化を見逃さなければ嘘を見破ることも可能です。

(3)緊張している時の反応が出る

とにかくパートナーの嘘の見抜き方は、「いかに日頃と違う点を見つけるか」がポイントです。

普段何気なく会話しているときには見られない反応、例えば「耳が赤くなる」「手で顔を触る」「まばたきが増える」など、緊張している時や緊張を落ち着かせるための反応が出ることがあります。

普段からそのような体質の人もいますから、赤の他人がこのような反応から嘘を見抜くことは難しいかも知れません。
しかし、相互によく知った関係である妻や彼女であれば、このような反応の変化に気が付くことも可能なのです。

もしも日頃、パートナーの挙動や行動にほとんど関心を払うことがなかったため「普段」と比べることが困難なのであれば、そもそもあなた自身のパートナーへの接し方を見直す必要があるかも知れません。

行動で分かる女性の浮気と嘘

彼女や妻の浮気は、隠しきれない行動として兆候が現れることもあります。
そのような兆候に気が付けるかがポイントになります。

(1)彼女のスマホをチェックする

通話記録やLINEを確認する、通話記録やLINEに削除の痕跡がないかを確認するというのも彼女や妻の浮気を見破るひとつの手段です。
GoogleMapsのタイムラインなどの行動履歴を確認することや、SNSのダイレクトメッセージを確認するなどといったものも考えられます。

ただ、他人のスマホを許可なく閲覧することに関しては刑法上は明確な法規定はありませんが、民法上ではプライバシー権の侵害として損害賠償請求されるリスクがあるのでお勧めはできません。

また、パートナーの浮気を疑い勝手に相手のスマホをチェックするような行為は相手との関係を決定的に断絶させてしまう危険性もあります。
相手が浮気をしている可能性が十分に高い場合に、離婚や慰謝料請求のための証拠を収集するといった明確な目的がある場合を除き、軽率に行うことはリスクの高い行為であるといえます。

(2)SNSから情報を洗い出す

パートナーが利用しているSNSの相互フォロー相手や、やり取りの多い相手を絞り込み、浮気相手候補と彼女のタイムラインから怪しい日の動向を探ることも可能でしょう。

投稿されている画像のEXIF情報から写真を撮影した時間やGPS情報を取得するといった手も挙げられます。

目星がついたら捨てアカウントを取得するなどして、相手に接触してみるという方法もあるでしょう。
妻や彼女は浮気を上手に隠すことができるとしても、浮気相手の方はそれほどうまく隠し通せるわけではないかも知れません。

(3)車に発信機をつける

これは自家用車を使って浮気をしている場合に効果を発揮する方法です。
GPSや盗聴器で証拠をつかめることがあります。

ただ、これはあくまでも同居している妻や恋人の場合であり、自宅や自分の所有する車を対象に行うことであるから許されることです。

同居していない彼女の家や、彼女の車に盗聴器や発信機を設置することは、プライバシーの侵害として民事上の不法行為になったり、建造物等侵入罪に問われる違法行為となります。
決して行うべきではありません。

(4)プロに依頼する

浮気がある程度確定といえる状態であれば、探偵などのプロに調査を依頼するというのもひとつの手です。

ただ、その場合はすでに破局を覚悟したうえで相手の浮気の証拠を探すという段階であることは念頭に置いた方が良いでしょう。

プロに依頼して自分を調べていたと分かれば、妻や彼女はあなたとの関係に見切りをつける可能性が十分にあります。

関係を改善することを目的とするのであれば、このような手段ではなく、あくまでも妻や彼女に関心を払い、自分で浮気を見抜けるだけの関係性を構築する方が効果的です。

【まとめ】彼女や妻の浮気と嘘でお悩みの方は専門家にご相談ください

態度や行動から浮気や嘘を暴くには、普段の彼女の行動を理解し、普段と違うところがないかをチェックするのがポイントです。

女性が浮気をするのは、寂しさが理由であることが多いと言われます。
浮気を見抜けないとしたなら、彼女や妻に払う関心が足りないのかも知れません。

どうしても浮気を見抜きたいのであれば、調査をすることも考えられますが、調査はプライバシー権の侵害と紙一重なので慎重に行う必要があります。
また、そのような調査をすること自体がパートナーとの関係性を悪化させる危険性もあるのでご注意ください。

例えば浮気に関する慰謝料請求や離婚などを念頭に、確実に証拠をつかみたい場合は探偵などのプロに依頼するのも一つの手です。

彼女や妻が浮気をしているとなれば、動揺するのは当然です。
そのような動揺から過剰な手段に出てしまっては、場合によっては身を破滅させることにもなりかねません。
一度、客観的な立場の専門家に相談し、話を聞いてもらうのも良いでしょう。
浮気の証拠を集めるために弁護士に相談することもご一考ください。

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。2016年弁護士登録。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。現在、東京弁護士会所属。

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

浮気・不貞による慰謝料の
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中