あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

浮気見破る方法と証拠の集め方!見破った後の対応は?

作成日:
リーガライフラボ

夫婦が一緒に暮らしている中で、もしかして配偶者が浮気をしているのでは?という疑いを抱くことがあるかもしれません。

そうはいっても、何の証拠もないまま浮気の疑いを問い詰めても、シラを切られるばかりか、実際には浮気をしていなかった場合などは、その問い詰め行為自体が夫婦関係悪化の原因になりかねません。
また、実際に配偶者が浮気をしていたことが判明した場合には、どのような対応を取るのがよいのでしょうか。

そのような場合に注意すべきポイントについて、具体例とともに解説していきます。

配偶者やパートナーの浮気の兆候にはどんなものがある?

配偶者やパートナーに対して、「もしかして浮気している?」と疑ったときには、浮気をしている人によくある兆候というのがあるので、その部分を重点的にチェックするのがよいでしょう。

ただし、言動などに変化があったとしても、必ずしもそれが浮気の兆候であるとは限りません。浮気を疑った際には、いきなり感情的に相手を責め立てたりすることなく、今後の対応のためにも冷静に状況を分析することが大切になってきます。

(1)スマートフォン・携帯電話にみられる浮気の兆候

スマートフォンや携帯電話の使い方の変化が、浮気の兆候であることもあります。

そのような使い方の変化のうち、浮気の兆候例であるとされやすいものには、以下のようなものがあります。

  • スマートフォンや携帯電話の暗証番号がロックされるようになった
  • 家の中でもスマートフォンや携帯電話を持ち歩くようになった
  • 着信やメッセージを受信してもすぐに確認しなくなった
  • スマートフォンや携帯電話の着信・発信履歴や、メッセージが削除されている
  • こちらからの電話に出ない、こちらからのメッセージに対する返信が遅くなることが増えた

などが浮気の兆候例として多く挙げられる事象です。

もちろん、配偶者やパートナーの携帯電話を勝手にのぞき見することはよくないことであり、信頼関係の崩壊につながってしまうこともあるので、証拠を集める際のチェックは慎重に行いましょう。

(2)行動にみられる浮気の兆候

今まで行っていなかったものと異なる行動が見られるようになった場合には、それが浮気の兆候であることがあります。
例えば、以下のような行動がよく挙げられます。

  • 残業・出張・休日出勤など、急に仕事が忙しくなった
  • 配偶者が自分の見た目に気をつかうようになった
  • 他方の配偶者に対して急に優しくなった、あるいは逆に急に冷たくなった
  • 急に出費が増えた
  • セックスレスになった
  • 他方の配偶者の予定を知りたがるようになった

などの行動・言動があります。

(3)持ち物にみられる浮気の兆候

知らない持ち物が増えていたりするなど、持ち物に関する変化が浮気の兆候であることもあります。

この例としてよく挙げられるのは、

  • 今まで見たことがないような洋服や下着、装飾品を持っていた
  • 持ち物の趣味が変わった
  • 車を頻繁に掃除するようになった
  • カーナビの履歴に知らない場所がある、履歴が削除されている

などのような行動があります。

浮気を見破る方法と証拠の集め方

そこで、配偶者やパートナーの浮気を見破り、証拠を集める方法に関するポイントを紹介しましょう。

特に婚姻関係にある配偶者の浮気(不貞行為)の場合は、慰謝料請求や離婚請求をするために、証拠が不可欠となってきます。
証拠を集める際には、相手に気づかれないようにすることが重要です。
気づかれると、すぐに証拠を隠されたり捨てられたりしてしまうからです。

ただし、盗聴や盗撮といった違法行為で証拠を集めたとしても、そうした証拠は「違法収集証拠」といって、裁判になっても、裁判官に証拠として採用してもらえない可能性が高くなってしまうことには注意が必要です。

自分では証拠を集められなかったり、違法性のない方法が思いつかなかったりする場合には探偵・調査会社に依頼するという方法もあります。
ただしこの方法はどうしても費用が高額になってしまうのがネックです。
相場は10万~100万円と言われていますが、調査にかかる日数や調査にかける人数によってはもっと高額になってしまうケースもあります。もちろん各探偵事務所・各調査会社によってもそれぞれの料金体系がありますから、料金体系しだいでは費用がさらに跳ね上がります。
探偵や調査会社の利用を検討している方は、まず相談に行ってみるのがよいでしょう。

慰謝料請求や離婚請求も考えている場合には、弁護士に相談して、必要な証拠や、証拠の適切な収集方法などを教えてもらうとよいでしょう。
この場合は探偵事務所などに依頼するより費用は比較的低額になることが多いですし、無料相談を受け付けている法律事務所もあります。

それでは、不倫を見破るための具体的な証拠収集方法についてみていきましょう。

(1)スマートフォン・携帯電話で見破る

スマートフォンや携帯電話の着信履歴やメッセージ、写真、動画などの中身を調べることで浮気を見破れることがあります。

SNS(LINE、Facebook、twitter、Instagramなど)の投稿によっても、浮気相手との交流を持っていることが分かるケースはよくあります。

SNSの投稿を不貞行為の証拠としたい場合には、それらの投稿を相手のスマートフォンや携帯電話に表示させて、その画面を自分のスマートフォンや携帯電話で写真に撮ります。
スクリーンショットや、メッセージの文面をコピーしたデジタルデータは、加工しやすいため、証拠として認められないこともあります。

そうして収集したSNSの投稿、写真や動画といった証拠が、配偶者と不倫相手との間に肉体関係があったと推察できる内容であれば、不貞行為の証拠として認められる可能性はかなり高くなってくるでしょう。

(2)レシートなどを調べて見破る

クレジットカードの利用明細やレシートを確認できれば、大きな買い物をしたことや、デートスポットやレストラン、宿泊施設などの利用をしたことの証明になりますから、これで浮気を見破れることがあります。

手紙やメモ・手帳などからでも、それぞれの日程・時刻についての予定が分かりますので、それを根拠に浮気を見破れることもあります。

そのレシート等が、例えばラブホテルの領収書であったなど、肉体関係があったと推察できる内容であれば、不貞行為の証拠として認められやすいでしょう。

(3)車の中を調べて見破る

シートの角度が変わっているなどの変化や、浮気相手の忘れ物が発見されたなどのことがきっかけで、浮気を見破れることもあります。

カーナビの履歴に知らない場所があったり、デートスポットやレストラン、宿泊施設が見つかったりすることで、浮気を見破れることもあります。

夫婦の車であれば、GPSやボイスレコーダーを設置することで浮気の証拠を集めることも、十分に可能で適法な方法でしょう。

(4)探偵・調査会社に依頼して見破る

専門家に依頼し、写真や動画、目撃情報などの証拠を収集してもらえば、そこから浮気を見破ることもできます。
探偵・調査会社の報告書は信頼性が高いため、協議にせよ裁判にせよ、有力な証拠として認められやすい傾向にあります。

彼ら・彼女らは調査のプロであるため、認められやすい証拠を集めたり、相手に気づかれず調査したりすることに長けています。

ただし前述したように、相当の費用は必要になります。

浮気を見破った場合はどうする?

浮気を見破った場合には、どうすればいいのでしょうか。
これは、関係を修復する場合と、別れる・離婚する場合によって、対応が異なってきます。

(1)関係修復する

浮気や不貞行為があくまで一時的なものであり、配偶者やパートナーが真摯に反省していて、浮気や不貞関係を解消することを決意しているような場合には、元の夫婦関係を修復できる可能性があります。

こうした場合は、配偶者やパートナーとじっくり話し合って、今後の二人の関係を修復すること、そしてその方法、今後の取り決め、もしまた同じようなことが起こった場合の対応策など、さまざまな点について協議を持っておくのがよいでしょう。

婚姻関係にある夫婦が関係を修復しようとする場合は、不倫をした側の配偶者と不貞相手がもう2度と会わないという「接触禁止」の約束をさせることができます。
その際には、接触禁止の約束を書面で作成しておくことが効果的です。もし約束を破った場合の罰則についても書き込んでおくことが、実効性の面で有効でしょう。

ここでは、具体例を交えながら、浮気相手に接触禁止の約束をさせるときの注意点について解説していきます。

詳しくはこちらの記事もご確認ください。

浮気相手に接触禁止の約束をさせるときの注意点

相談者は30代の女性です。
夫は、会社の部下と浮気をしており、妻である女性に浮気の事実を告白しました。
そこでこの女性は、浮気相手の女性と話をして、今後、職場で会うのは仕方がないにしても、正当な理由なく、プライベートでは夫とはもう2度と会わないということを約束してもらうことにしたのです。
これは口約束でもよいのでしょうか、もし書面を作る場合に注意することはあるのでしょうか、というのが大まかな女性の相談内容でした。

これに対する回答は以下のようなものです。

  • 書面を作成する
    口約束も約束です。
    しかし、証拠がなければ、後で「そんな約束はしていない」と言い逃れされてしまうかもしれません。そこで、証拠として残すためにも、書面を作成するようにしましょう。
    書面は2部作成して、1部を浮気相手に渡し、1部は自分で保管しましょう。
    書面の最後には、約束の当事者である自分の氏名・住所、浮気相手の氏名・住所を記載し、それぞれ押印しましょう。浮気相手の氏名・住所は、運転免許証や保険証を見せてもらい、間違いがないか確認するようにしましょう。
  • 接触禁止の具体的な文言
  1. 「接触」とは
    一般的に、面会、電話、メール、FAX、手紙、SNS等あらゆる手段で連絡をとることを指します。
  1. 仕事上は必要最低限の接触のみ認める
    同じ会社に勤めていれば、仕事上の関わりは出てきてしまうでしょう。
    そこで、仕事に関わる必要最低限の接触は認めざるを得ません。
  1. プライベートでは合理的理由のない接触・連絡を認めない
    例えば、会社の近くの道でばったり会った場合にまで、接触禁止を破った責任を負わせるのは妥当ではないでしょう。そこで「合理的理由」のない連絡・接触を禁止するのです。
  1. 違約金の合意
    違約金の定めが実効的であることは上述のとおりです。
    しかし、あまり金額が高すぎると、公序良俗に反するとして(民法90条)、高すぎる部分が取消しとなる場合があります。
    裁判例を考慮すると、数十万~100万円程度の範囲で合意するとよいでしょう。

(2)別れる・離婚する

浮気・不貞行為が許せない場合には、別れる、もしくは離婚するという選択肢が浮上してくるでしょう。

婚姻関係にあった状態での不貞行為の場合には、円満な夫婦生活を送る権利を侵害されたとして、精神的損害としての慰謝料を請求することができます。
以下で内容を簡潔にまとめます。

【不貞行為によって精神的苦痛を被ったことに対する慰謝料】
請求相手:配偶者、不貞相手
請求可能期間:不貞行為の事実と、不貞相手を知ってから3年以内

【不貞行為によって離婚したことで精神的苦痛を被ったことに対する慰謝料】
請求相手:原則として配偶者
請求可能期間:離婚したときから3年以内

離婚する場合は精神的損害が大きいため、離婚しない場合と比べて、受け取る慰謝料が高額になる可能性があります。

もっとも、配偶者と不貞相手の両方に慰謝料を請求する場合、不貞行為はあくまで1回なので、慰謝料を二重に受け取ることはできません。
配偶者と不貞相手の支払う合計額が、慰謝料として裁判所などに認めてもらった金額の100%になるまで受け取ることができるということです。どちらがどれだけの割合を支払うという決まりはないので、それは完全に2人の話し合いで決まるということになります。

【まとめ】パートナーの浮気に対して慰謝料請求したいとお悩みの方はアディーレ法律事務所にご相談ください

浮気を疑った際には、いきなり感情的になって相手を責め立てたりせず、今後の対応のため冷静に状況を分析しましょう。

相手の行動やスマートフォン・携帯電話、その他の持ち物を調べると、有力な証拠が見つかることがよくあります。

婚姻関係にある夫婦の場合、配偶者の浮気は不貞行為となり、慰謝料請求の対象や離婚の事由となりえます。その場合は、交渉や主張のやり方も重要になってきます。
慰謝料請求、離婚に有効な証拠集めや不貞相手の調査、適正な慰謝料の請求・主張・交渉などをすべて1人で行うのは大変な困難が伴います。

不貞行為に対する慰謝料請求については、アディーレ法律事務所にご相談ください。

離婚・浮気による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

浮気・不貞による慰謝料の
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中