あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

探偵の調査費用は不倫相手に請求できるのか?調査を依頼するメリットは?

作成日:更新日:
kiriu_sakura

「夫(妻)が不倫をしているみたいだけれど、証拠がない……。探偵に調査を依頼すると高そうだけれど、探偵の費用は請求できるのかな。」

配偶者が不倫をしているという場合、配偶者とその不倫している相手に慰謝料を請求できる可能性があります。
慰謝料を請求するには、不倫を否認されたときに備えて証拠がなければいけません。

不倫の証拠集めの方法として、「探偵に依頼する」という方法があります。
探偵に依頼することにより不倫の決定的な証拠が得られることもありますが、その費用は、必ずしも配偶者と不倫相手に請求できるとは限りませんので注意が必要です。

今回の記事では、

  • どのような証拠が不倫の証拠になるのか
  • どのような場合に探偵に依頼すると効果的なのか
  • 不倫の慰謝料と共に調査費用を請求できるのか

などについてご説明します。

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

不倫の証拠ってどんなものを集めたら良いの?

配偶者が不倫をしたという時、不倫をされた配偶者は、不倫をした配偶者やその不倫相手に対して慰謝料の請求をすることができます。

慰謝料の請求は、配偶者と不倫相手の双方に請求しても良いですし、どちらか一方に対してのみ請求をすることもできます。
一般的に、離婚をせずに夫婦関係をやり直す、という場合には配偶者には請求せずに不倫相手に対してのみ慰謝料を請求することが多いでしょう。

慰謝料を請求する時は、不倫を否定された時に備えて「不貞行為の証拠」を集めておく必要があります。

「不貞行為」とは何ですか?

「不貞行為」とは、一般的に、配偶者以外の相手と自由な意思で性行為・肉体関係をもつことを言います。

不倫の慰謝料を請求する際、まずは次の証拠がないか確認しましょう。

不貞行為を直接証明できる証拠

これは例えば、配偶者と不倫相手がまさに性行為をしている最中の動画などです(※人物の特定ができなければいけません)。
配偶者が自分以外の相手と性行為をしているような動画があれば、不貞があったことがそれだけで証明できますから、強力な証拠になります。

また、配偶者と不倫相手の間に子どもがいるような場合や、不倫を認めている音声データ(※人物の特定ができる必要があります)も、不貞を直接証明することができます。

そのような不貞行為を直接証明できるような証拠がない場合には、次の証拠を集める必要があります。

不貞行為を推認させる証拠

不貞行為を推認させる証拠とは何ですか?

不貞行為そのものを証明することは出来ないけれど、そういう事実があれば、普通に考えれば不貞行為があったはずだよね。と言える事実を証明する証拠です。

例えば、男女がラブホテルに出入りする写真があるとしましょう。
ラブホテルは、通常は室内で性行為を行うための施設です。
男女が一緒にラブホテルに入っていき、しばらくしてから(※極めて短時間で出てきているような場合は別です)一緒に出てきた、ということは室内で性行為に及んだであろうと簡単に想像できます。

ですから、ラブホテルに一緒に出入りする写真というのは、不貞行為を推認させる強力な証拠になります。

不貞行為を推認させる証拠は、いろいろなものがあります。

他方、日常会話のやり取りのようなメールや、服を着て室外で写っている自撮り写真などではそれだけでは不貞行為を推認させる証拠とは言えません。

夫が女性とキスをしている自撮り写真がありました。
これは不倫の証拠になりますか?

キスをしている写真だけでは、「不貞行為」そのものの証拠にはならないでしょう。
ただし、親密な交際をしているという重要な証拠です。
他の証拠と組み合わせることによって、強力な証拠になる可能性があります。

不貞行為を推認させる証拠の「推認力」は証拠の内容によって異なります。
推認力の弱い証拠をたくさん集めても有用とは言えませんから、より推認力の強い証拠を集めましょう。

不倫の証拠の集め方について詳しくはこちらの記事もご参照ください。

浮気・不倫の慰謝料請求に効果的な証拠は?集めるときの4つの注意点

確たる証拠が得られなかったとしても、メールやラインなどをきっかけに配偶者が不倫を認めたため、その「自白」が強力な証拠になるケースもあります。

どのような証拠があれば良いか分からない、それっぽい証拠はあるけれどこれでは足りないからどうしたら良いか……そんなお悩みの方は、まずは今後の対応などを弁護士に相談されることをお勧めします。

確たる証拠がなかったけれど、配偶者が不倫を認めたことなどから慰謝料請求が出来た事例もご紹介していますので、ご参照ください。

探偵に調査を依頼するメリット

探偵に調査を依頼する場合のメリットは、ラブホテルに出入りする写真など、極めて重要な証拠が得られる可能性があることです。

配偶者の行動を確認したいけれど、小さい子どもがいて夜は外出できない、後をつけるといっても素人だからうまくいくか分からない……、そんな方で探偵に依頼する方は少なくありません。

他方、探偵に依頼すると費用が数十万円からかかりますし、場合によっては100万円以上かかることも少なくありませんので、費用対効果を十分に検討してから依頼する必要があります。

慰謝料を請求する際に、探偵の調査費用も請求できないんですか?

最終的に裁判になった時に請求することはあります。
ただ、裁判をする前の話合いの段階で探偵の調査費用を請求しても、まず支払われることはありません。

裁判になったら調査費用は支払わせることは出来ますか?

調査費用の支払を命じた裁判例がないわけではありませんが、調査費用は一切損害と認めない、又は調査費用の一部しか損害と認めないとする裁判例が多いです。

調査費用に関する裁判例を一部ご紹介します。

調査費用に関する裁判例

調査費用の一部につき損害と認めた事例
東京地裁
R2.12.2
調査費用86万4000円のうち、40万円のみ〇
東京地裁
R1.8.29
調査費用の一部である100万円のうち、40万円のみ〇
調査費用を損害と認めなかった事例
東京地裁
R2.9.25
調査費用78万3044円全額につき×
東京地裁
R2.9.15
調査費用162万円全額につき×
東京地裁
R2.3.26
調査費用37万1290円全額につき×
調査費用を損害と認めた事例
東京地裁
R2.3.26
調査費用29万5840円につき〇

探偵の調査費用が損害と認められるためには、そもそも、調査費用が慰謝料請求に必要だったかどうかによっても異なります。

ですから、

  • 他の証拠によって不貞行為が証明できた
  • 調査の有無にかかわらず、相手が不貞を認めていた

ようなケースでは、そもそも調査は必要なかったと判断されて調査費用は損害とは認められない可能性が高いです。

探偵の調査が不貞の立証に不可欠であったことを認めながらも、結局は、立証を確実なものにするために自分の選択で調査したにすぎないと判断して調査費用を認めなかった事例(上記東京地裁R2.2.20)もありますので、裁判官個人の考え方によっても結論は変わります。

裁判となった時に探偵の調査費用を相手に請求できるかどうかはケースバイケースですが、認められない可能性が高いということは念頭に置いておいた方が良いでしょう。

どんな時に探偵に依頼すべき?

まず、1.基本的に探偵費用は高額です(探偵費用は、調査に要した時間・日数、人員を基準として算定されることが多いです)。

例えば、とにかく離婚がしたくて配偶者が不倫をしている証拠が必要という場合など、費用を度外視して依頼する場合はともかく、依頼は慎重にした方が良いでしょう。

先ほどご説明したとおり、2.一緒に食事をしていたり手をつないでいるような写真しか撮れないのであれば、不倫の証拠としての価値はあまり高くありません。

そこで、1.費用が高額になることを防ぎ、かつ2.効果的な証拠を得るためには、次のとおり、的を絞って探偵に依頼することをお勧めします。

配偶者の行動パターンを把握する

不貞相手と会う日を特定する

ピンポイントで探偵に依頼する

そうすれば、探偵にかかる費用を抑えることができ、証拠確保の見込みもあるためです。

配偶者の行動パターンがわからずに、浮気が疑わしいからとりあえず1週間の調査を依頼するといったことは、お金がいくらあっても足りませんし、証拠確保の見込みも不明なので、あまりお勧めできません。

不倫の証拠を集めるために探偵に依頼するポイントについて詳しくはこちらの記事もご確認ください。

不倫の証拠を集めたい!探偵に依頼するときに気を付けるべきこと

早めに弁護士に相談を

不倫の慰謝料を請求する時は、証拠が必要です。
配偶者のスマホをこっそり覗き見る程度では刑法上の犯罪にはなりませんが、行き過ぎた行為によって集めた証拠は証拠として使えなかったり、配偶者からプライバシーの侵害などを主張される可能性があります。

どんなものが証拠として有用なのか分からない、今ある証拠で慰謝料を請求できるのか分からない、決定的な証拠がないけれどどうしたら良いか分からない……。
そんなときは、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

【まとめ】慰謝料を請求する際、探偵の調査費用は必ずしも請求できるとは限らない

今回の記事のまとめは、次のとおりです。

  • 配偶者が「不貞行為」(自由な意思により配偶者以外の相手と肉体関係を持つこと)をした時は、配偶者とその相手に対して慰謝料の請求ができる。
  • 慰謝料の請求のためには、「不貞行為を直接証明する証拠」のほか、「不貞行為を推認させる証拠」が必要である。
  • 探偵に依頼すると、有力な証拠が得られる可能性があるが一般的に費用が高額となる。
  • 不倫の慰謝料を請求する裁判では、探偵の調査費用については請求が認められない又は認められたとしても一部にしか認められないことが多い。
  • 探偵に調査を依頼する場合には、配偶者の行動パターンを把握し、不倫相手に会う日を特定した上で依頼するのが良い。

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫の慰謝料請求につき、相談料、着手金をいただかず、原則として成果があった場合のみ報酬をいただくという成功報酬制です。

原則として、この報酬は獲得した賠償金等からのお支払いとなりますので、あらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要がありません。
また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため費用倒れの心配がありません。

(以上につき、2022年3月時点)

浮気・不倫の慰謝料請求でお悩みの方は、浮気・不倫の慰謝料請求を得意とするアディーレ法律事務所へご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています