あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

正社員の休憩時間に給料は出る?休憩時間の原則や計算方法も解説

作成日:
リーガライフラボ

休憩時間は、仕事から手を放して、ほっとひと息つける時間です。
休憩時間は仕事をしていないので、原則として給料は出ません。

しかし、

  • 休憩時間も、電話がなったら電話を取らなければならない
  • 休憩時間に、お客さんが来たら来客対応しなければならない

という方も少なくありません。

このような場合は、正社員でも休憩時間に給料が出る可能性があります。
また、これはアルバイト、パートなど雇用形態が違っても同じ話です。

  • 休憩時間に給料が出るのか
  • 休憩時間の原則
  • 休憩時間に労働した場合の、給料の計算方法

について弁護士が解説します。

正社員における休憩時間の概要

休憩時間とは、「休む時間」であり、労働時間とは対になる意味です。

通達(昭和22年9月13日基発17号)では、休憩時間とは、「労働から離れることを保障されて居る時間」として定義されています。

ちなみに後述の通り、労働時間に応じて、法律上、最低限必要な休憩時間の長さが異なりますが、正社員と、パートやアルバイトといった雇用形態だけを理由とする差は定められていません。
また休憩の与えられ方や、この時間に給与が出るかどうかの考え方は、雇用形態が変わっても同じです。

参考:労働基準法の施行に関する件|厚生労働省

(1)正社員における休憩時間の最低ライン

労働基準法34条1項では、労働者がとるべき休憩時間の最低ラインを以下のように定めています。

1日の労働時間休憩時間
6時間以下0分以上
6時間超え8時間以下45分以上
8時間超え1時間以上

会社がこの休憩時間のルールに違反すると、6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金刑に処されます(労働基準法119条1号)。

参考:労働時間・休憩・休日関係|厚生労働省

1日の法定労働時間は原則として1日8時間までとなるため、所定労働時間が8時間以下の場合、休憩時間は労働時間に応じて、基本的に0分以上か45分以上になります。

8時間を超えて時間外労働(残業)をする場合、休憩時間は原則として計1時間以上必要になります。

ただし会社によっては、従業員に十分な休息を与えるために、お昼休憩を45分ではなく、1時間にすることもあります。
また、場合によっては、深夜労働に入る前の時間帯に、45分の休憩とは別に、15~30分程度の休憩を入れることもあります。
最低限の休憩時間さえ守られていれば、休憩時間数の増加は違法ではありません。

(2)正社員の休憩時間と分割

休憩時間を分割して与えることも可能です。
例えば、8時間労働の場合、お昼休憩を45分、その他の時間帯に15分の休憩といったように、休憩時間を分割することもできます。
しかし、5分×9回など、あまりに細切れの休憩時間の分割をしている場合、リフレッシュするという休憩の趣旨に反します。
そのため、このようなあまりに細切れの休憩時間を設けても、これは休憩時間ではなく、「手待ち時間」(労働時間)であるとして、違法となる可能性があります。

労働基準法で定める休憩時間の3原則

労働基準法第34条には、休憩時間について、次の三原則が定められています。

  • 「途中付与」の原則
  • 「一斉付与」の原則
  • 「自由利用」の原則

この三原則を会社が守らない場合は、原則として労働基準法違反となります。
※ただし、一部の業種や企業については、この休憩時間の三原則の全部または一部が適用されません。

(1)途中付与の原則

休憩時間は、必ず労働時間の「途中」に入れなければなりません(労働基準法34条1項)。
したがって、例えば8時間労働の場合に、最後の1時間を休憩時間に設定し早退をさせたり、最初に1時間を休憩にすることで出勤を遅くするなどの対応は禁じられています。

(2)自由利用の原則

労働基準法34条3項により、休憩時間中は一切の労働から完全に開放されなければなりません。
そのため、上司などから休憩時間中に業務を頼まれたりした場合、その業務をした時間は労働時間となり、休憩時間にはなりません。
また、休憩時間中に、来客や電話対応のため待機する当番をしている時間(手待ち時間)は、休憩時間ではなく、労働時間となります。
休憩時間中に労働をしたために、労働基準法の定める休憩時間を下回った場合は、労働基準法違反となります。

この「自由利用の原則」は、後述する「正社員の休憩時間に給料は発生するのか?」に関係する大事なポイントになります。

(3)一斉付与の原則

休憩は、事業場で従業員が一斉に取るようにしなくてはなりません(労働基準法34条2項)。
そのため、全員が同じ事務作業を行なうオフィスなどでは、ランチ休憩の時間が予め決められていたりします。

ただし、休憩の一斉付与には2つの例外があります。

まず、事業場の労使協定を結ぶことで、一斉付与の原則が適用されず、各人が個別に休憩を取ることが認められています。
一斉付与の原則が適用されない業種は、運送業、郵便・電気通信、商業、病院・保健衛生、旅館・飲食店、金融・広告、接客娯楽業、映画・演劇、官公署の事業などです。

正社員の休憩時間に給料は出る?

正社員などの給料や賃金は、労働の対償として支払われるものです。
一方で、正社員などが先述の3原則に沿った休憩をする場合、その時間は「労働から離れている」ことになるため、使用者が給料を支払う義務はありません。
ただし、会社側が休憩時間を付与していても、従業員が自由に時間を使えず労働時間とみなされる場合、給料の支払い義務が生じる可能性があります。

正社員などの休憩時間と給料でトラブルになりやすい4ケース

休憩時間の給料支払いでトラブルになるのは、労働者側が「これは休憩時間ではなく労働時間に該当するのではないか?」と感じたときです。
例えば、次のケースに該当する場合、使用者から「休憩時間」とされていても、給料が発生する可能性があります。

  1. 休憩時間中も仕事をせざるを得ない
  2. 手待時間も休憩時間になっている
  3. 1人勤務である
  4. 出勤から退勤まで休憩時間を取ることができない業態

これらにつき、詳細を解説いたします。

(1)休憩時間中も仕事をせざるを得ない

例えば、オフィス内の従業員が一斉に休憩をとった場合、急な来客や電話が鳴ったときに誰かが対応をする必要があります。
また、電話が鳴ることを想定して、誰かがデスクでお弁当を食べる職場もあります。
その頻度が少なければ、従業員に「自分は休憩時間も労働しているのでは?」といった違和感は生じにくいですが、休憩中に来客待ちや電話当番をしている場合は後述の通り基本的に「手待時間」として労働時間にあたりますし、実際に来客対応や電話対応をすればもちろん労働時間にあたり、給料の支払い対象となります。

(2)手待時間も休憩時間になっている

手待時間とは、使用者からの指示があったときに直ちに作業に入れるようにする拘束時間のことをいいます。
手待時間には、例えば次のようなものがあります。

  • 電話の応対や来客を待っている時間
  • 他の人の作業が終わらないと自分の作業ができない場合に、他の人の作業が終わるのを待っている時間
  • 会議開始を待っている時間など

休憩時間中の手待時間を、休憩時間として扱うことは、労働基準法第34条3項に違反する可能性があります。

通達でも、休憩時間とは、「単に作業に従事しない手待時間を含まず、労働者が権利として労働から離れることを保障されている時間」(昭和22年9月13日発基17)とされています。

手待ち時間が生じやすい仕事には、以下のようなものがあります。

  • 貨物待ちのトラック運転手
  • トラブルに備える社内待機の運転手
  • タクシー運転手
  • 来客待ちの窓口当番

手待時間には、スマートフォンを操作したりする自由な時間はあります。
しかし、お客様からの電話やトラブル時に対処をすることを考えると、休憩時間ほどのリラックスはできません。
したがって、手待時間は基本的に、給料の発生する労働時間になると考えていいです。

(3)1人勤務である

夜間のアルバイトや、来客数の少ない個人経営の店などの場合、1人勤務になることがあります。
いわゆるワンオペです。

店長から「1時間自由に休んでいいよ」と言われても、1人勤務では交代要員がいないため、完全に労働から外れる休憩時間を取ることができないことが多いです。
また、絶え間なくお客様や問い合わせ電話があった場合、その対処に追われて満足な休憩時間がとれないまま1日の仕事が終わることも少なくありません。

このように、ワンオペのせいで本来の休憩時間に労働せざるを得なかった時間は、休憩時間ではなく、給料の発生する労働時間に該当します。

(4)出勤から退勤まで休憩時間を取ることができない業態

アパートや寮の管理人として住み込みで働いている場合、8~17時までの勤務契約になっていても、住人からの相談などがあれば休憩時間でも対応が必要なこともあります。
また、大雪が降った場合、使用者との間で決めた勤務時間だけは除雪が追いつかず、休憩時間をとらずに終日雪かきをすることもあります。
この場合、休憩時間をとったとはいえず、給料の発生する労働時間にあたります。

正社員の休憩が労働時間だった場合の給料計算

会社から指定された休憩時間も労働時間だった場合、企業は、1日の労働時間の合計が法定労働時間(原則1日8時間、週40時間)以内なら通常の給料と同じ単価で給料を払えば済みますが、法定労働時間を超えた場合は時間外労働として割増賃金の支払い義務が発生します。

残業代の計算式は以下のとおり
残業代=1時間あたりの基礎賃金×割増率×残業時間

この内、「1時間あたりの基礎賃金」は、月給制の場合、次のように計算します。

1時間あたりの基礎賃金や割増賃金に円未満の端数が出たときは、次のような運用が認められています。

  • 50銭以上1円未満⇒1円に切り上げ
  • 50銭未満⇒切り捨て

また、1ヶ月あたりの割増賃金の総額に円未満の端数が出たときも、上記と同様の運用が認められています。

例えば、

  • 1日9時間勤務(休憩込み)×21日
  • 1年間における1ヶ月平均所定労働時間が160時間
  • 月給の基礎賃金25万円
  • 休憩時間も全て労働
  • 法定労働時間:1日8時間が適用される通常の勤務体系
  • 管理監督者など法律上、一部の残業代の支払が除外される対象ではない

という人の場合、以下の式で求めた割増賃金として受け取ることができます。

  • 25万円÷160時間=1563円(1時間あたりの基礎賃金)
  • 通常の時間外労働(残業)かつ、時間外労働が月60時間以下の場合、割増率は1.25倍
  • 1ヶ月21日出勤で21時間
  • 1563円×1.25×21=4万1029円※50銭以上切り上げ

このように、休憩時間も全て労働して、1日9時間労働している人の場合、毎月まとまった金額の割増賃金が発生していることになります。

【まとめ】休憩時間にも給料は出る

休憩時間に給料が支払われるかどうかは、休憩時間中の労働者が労働から完全に開放されているかどうかによって変わってきます。
休憩時間に労働させられている場合は、企業は、労働させられた休憩時間に対し、給料の支払義務があります。

所定労働時間が8時間+休憩時間の会社の場合、休憩時間にも労働させられることで、1日の労働時間が法定労働時間(原則1日8時間、週40時間)を超えることになります。
法定労働時間を超えた労働をしている場合、原則として割増賃金が発生します。

これは正社員だけではなくアルバイト、パートなどの場合も同様です。

休憩時間に労働を行なっていて、「この時間に給料は出ないのだろうか?」と悩む方は弁護士に相談をしてみてください。

よく見られている記事

残業代請求・退職代行に関する
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-610-241

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中