あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

後遺障害7級の認定で受けられる慰謝料の相場&後遺障害の併合

作成日:
リーガライフラボ

交通事故によるケガが原因で後遺障害が認定された場合、加害者に対して慰謝料などの賠償金を請求することができます。この記事では、後遺障害7級について、

  • 後遺障害の等級の概要
  • 後遺障害7級の内容
  • 後遺障害7級で請求できる賠償金
  • 等級併合のしくみ

を弁護士が解説します。

目次

後遺障害7級と認定される後遺症とは?

交通事故によりケガをした場合、症状が固定しこれ以上回復できない後遺症が残ることがあります。
この後遺症について、自賠責保険の基準で障害の等級を認定されたものを後遺障害といいます。
医師の治療および症状固定の診断を受けた後、所定の機関に対し等級認定の申請をすると、後遺障害の等級が認定されます。
後遺障害は、症状の部位と程度・深刻度などによって、

  • 「要介護」の1~2級
  • 「介護不要」の1~14級

の等級に分類されます。

「要介護」とは、神経機能や精神の障害により、日常生活に介護が必要な状態のことをいいます。
大まかにいうと、要介護1級は日常生活の全てに介護が必要な状態、要介護2級は日常生活のほとんどに介護が必要な状態を指します。
「介護不要」については、1級の症状が最も重く、症状が軽くなるに従って2級、3級…と等級が下がっていきます。

参考:後遺障害等級表|国土交通省

では、後遺障害7級の内容について見ていきましょう。

後遺障害7級になる後遺症と13の分類

後遺障害7級は、最も重い1級から数えて7番目の等級ですが、症状は決して軽いものではありません。
後遺障害7級の労働能力喪失率(=後遺症により労働能力がどの程度失われたかを示す数値)が56%であることが、それを示しています。
後遺障害7級は、症状ごとにさらに1~13号に分かれています。
目や耳・手足や指の切断や麻痺だけでなく、外貌(=見た目)の後遺症も含まれます。
つまり、仕事への影響の他に、見た目の変化への精神的ダメージも考慮されているのです。
以下、後遺障害7級の1~13号の症状を具体的に見ていきましょう。

(1-1)【1号】一眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの

片方の眼が失明し、同時にもう片方の眼の視力がメガネやコンタクトを付けたときの矯正視力で0.6以下になった場合がこれにあたります。

(1-2)【2号】両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

2号は聴力に関する障害です。
40センチメートル以上の距離で話しかけられても、言葉を聴き取れない状態がこれにあたります。
聴力検査には、「ピー」といった単純な音を聴き取れるかを調べる純音検査と、言葉を聴き取れるかを調べる明瞭度検査がありますが、2号はこれらの検査で、

  • 両耳の平均純音聴力レベルが70dB以上
  • 両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ、最高明瞭度が50%以下のもの

のいずれかにあたる場合が該当します。

(1-3)【3号】一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

3号も聴力に関するものです。
片方の耳が聴こえなくなり、もう片方の耳については1メートル以上の距離で話しかけられても言葉を聴き取れない状態がこれにあたります。
具体的には、聴力検査で

  • 1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上
  • 他耳の平均純音聴力レベルが60dB以上

の両方にあたる場合が該当します。

(1-4)【4号】神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの

脳や神経の損傷により労働能力に支障が生じ、簡単な仕事しかできなくなった状態です。
たとえば、高次脳機能障害により、1人で手順とおりに作業を行うことに困難を生じることがあり、時々助言を必要とする場合などが該当します。

(1-5)【5号】胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの

呼吸器や心臓などの障害により労働能力に支障が生じ、簡単な仕事しかできなくなった状態です。
たとえば、心臓に除細動器(=心拍数を整えるための装置)を植え込んだ場合や、完全便失禁を残した場合などが該当します。

(1-6)【6号】一手のおや指を含み三の手指を失つたもの又はおや指以外の四の手指を失ったもの

片方の手の親指を含む3本、または親指以外の4本の指を失った場合です。
左右どちらの手でも該当し、利き手であるかどうかは問いません。

(1-7)【7号】一手の五の手指又はおや指を含み四の手指の用を廃したもの

片方の手の全部、または親指を含む4本の指の用を廃した場合です。
「用を廃した」とは、一部切断や麻痺などで指が使えなくなったことを指します。
6号と同様、左右どちらの手でも該当し、利き手であるかどうかは問いません。

(1-8)【8号】一足をリスフラン関節以上で失つたもの

リスフラン関節とは、かかととつま先の中央にある関節、つまり足の甲の部分を指します。
片方の足のリスフラン関節からつま先までの部分を失った場合がこれにあたります。

(1-9)【9号】一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

片方の腕に偽関節が残り、常に硬性補装具(=金属やプラスチック製の補装具)を必要とする場合です。
「偽関節」とは、骨折した骨が癒合(=くっつくこと)せず、その部分が関節のようグラグラ動くようになった状態を指します。

(1-10)【10号】一下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

片方の足に偽関節が残り、常に硬性補装具を必要とする場合です。
「偽関節」の意味については、9号と同じです。

(1-11)【11号】両足の足指の全部の用を廃したもの

両足の指の全部の用を廃した状態です。
「用を廃した」とは、一部切断や麻痺などで指が使えなくなったことを指します。
なお、片足のみの場合は、等級が下がります(9級)。

(1-12)【12号】外貌に著しい醜状を残すもの

外貌(=見た目)に関する障害です。
交通事故により、腕や足以外の露出した部分、つまり頭・顔・首に傷跡が残った場合がこれにあたります。
「著しい醜状」とは、

  • 頭部に手のひらの大きさ以上の傷あとまたは頭蓋骨の欠損
  • 顔面にニワトリの卵の大きさ以上の傷あと、または10円玉の大きさ以上の組織陥没
  • 頸部に手のひらの大きさ以上の傷あと

が残ったものをいいます。
男女の性別に関係なく該当します。

(1-13)【13号】両方の睾丸を失う

交通事故が原因で、両方の睾丸を失った場合です。
睾丸が残っていても、精子を作る機能が失われればこれに該当します。
なお、「睾丸を失う」とありますが、女性にも準用されます。具体的には、両方の卵巣を失ったり、卵子を作る機能が失われると該当します。

後遺障害7級で受け取れる慰謝料等の相場

交通事故でケガを負った場合、加害者(通常は、交通事故の相手方)に対して

  • 入通院治療費
  • 休業損害

など

を請求できますが、後遺障害7級が認められた場合は、さらに

  • 後遺障害慰謝料
  • 逸失利益

も請求することができます。

以下、これらの内容とその金額の相場について説明します。

(1)入通院慰謝料の相場

入通院慰謝料とは、交通事故によって入院や通院をしなければならなくなった精神的苦痛に対する金銭賠償をいいます(傷害慰謝料ともいいます)。
治療のためにかかった治療費や交通費などとは別に請求できます。
治療を開始してから症状固定(=後遺症が残ったこと)の診断を受けるまでの入通院日数や治療期間の長さに応じ、入通院慰謝料の支払いが受けられます。
なお、入通院慰謝料の金額を算出する際の基準には、

  • 自賠責の基準
  • 任意保険の基準
  • 弁護士の基準(裁判所の基準ともいいます)

の3つがありますが、どの基準を用いるかによって慰謝料の額が変わります。

3つの基準を金額の大きい順に並べると、

弁護士の基準>任意保険の基準>自賠責の基準

となることが多いです。

例えば、交通事故で足を骨折し、治療を開始してから終わるまでに3ヶ月、その間の入院日数が10日、通院日数が60日の場合の入通院慰謝料の目安は、

  • 自賠責の基準の場合:38万7000円
  • 任意保険の基準の場合:自賠責の基準よりやや高い程度
  • 弁護士の基準の場合:約81万円

となります(2020年4月1日以降に起きた事故の場合)。

被害者が、自分自身(または加入している保険会社の示談代行サービス)で加害者と示談交渉を行うと、加害者側の保険会社は、自賠責の基準や任意保険の基準を用いた低い金額を提示し、話をまとめようとしてくることがあります。
これに対し、被害者に代わって弁護士が示談交渉を行う場合は、最も高額な弁護士の基準が用いられます
示談交渉を弁護士に依頼するメリットの多くはここにあります。

(2)休業損害の相場

休業損害とは、事故から症状固定までの間、働くことができず得られなかった収入をいいます。
休業損害は、

基礎収入(日額)×休業日数

という計算式で算出します。

基礎収入は、基本的に事故発生前の被害者の収入を日割りにした額となります。現実の収入がない主婦や主夫といった家事従事者も、受傷のため家事労働に従事できなかった期間について休業損害を請求できます。

(3)後遺障害慰謝料の相場

後遺障害慰謝料とは、後遺障害が残ったことの精神的苦痛(=痛い・つらい)に対する賠償をいいます。
担当医から症状固定の診断を受けたら、所定の機関(通常は、損害賠償料率算出機構)に後遺障害等級認定の申請をします。
後遺障害が認定されると、等級ごとの基準に沿った慰謝料を請求できます。
後遺障害慰謝料の金額も、入通院慰謝料と同様、3つの算出基準があります。

後遺障害7級が認定された場合の後遺障害慰謝料の目安は、

  • 自賠責の基準の場合:419万円
  • 任意保険の基準の場合:自賠責の基準よりやや高い程度
  • 弁護士の基準の場合:1000万円

となります(2020年4月1日以降に起きた事故の場合)。

弁護士の基準では、自賠責の基準の2倍以上もの金額になるのがお分かりかと思います。

(4)逸失利益の相場

逸失利益とは、後遺障害によって得られなくなった将来の利益のことをいいます。
例えば、歌手として生計を立てている人が、交通事故による言語障害のため歌手の仕事ができなくなってしまった場合、歌手業により将来得られるはずだったのに得られなくなってしまった収入をいいます。
逸失利益の金額は、

基礎収入×後遺障害による労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

という計算式で算出します。

「基礎収入」は、原則として事故発生前の収入の金額が採用されます。
「労働能力喪失率」とは、後遺障害により労働能力がどれだけ失われたのか、その割合をいいます。後遺障害等級ごとに目安が定められており、7級の場合の労働能力喪失率は、56%とされています(つまり、100%のうち、56%が失われた状態)。ただし、具体的な後遺障害の内容等によって、この数字が変わってくることもあります。
「ライプニッツ係数」とは、被害者が将来得られたはずの利益を前もって受け取ったことで得られた利益(利息など)を控除するための数値です。

なお、後遺障害慰謝料・逸失利益については、こちらもご参照ください。

後遺障害7級以外の後遺症がある場合は?

これまで、後遺障害7級について説明してきました。
もっとも、実際の事故では、後遺障害7級の症状に加えて、別の部位の後遺症が同時に残る場合もあります。
以下では、異なる部位の障害が複数残った場合の取り扱いについて説明します。

(1)後遺障害は併合が可能

後遺障害の種類は、まず「眼」「耳」「鼻」といった10の部位に区分され、それがさらに機能ごとに35の系列に細分化されます。
「併合」とは、異なる系列の後遺症が複数残った場合、重い方の等級を繰り上げることをいいます。
併合の基本的ルールは、

  1. 5級以上に該当する後遺障害が2つ以上ある場合、最も重い等級を3つ繰り上げる
  2. 8級以上に該当する後遺障害が2つ以上ある場合、最も重い等級を2つ繰り上げる
  3. 13級以上に該当する後遺障害が2つ以上ある場合、最も重い等級を1つ繰り上げる
  4. 14級の後遺障害が2つ以上ある場合、いくつ障害があっても14級のまま

というものです。

例えば、

  • 後遺障害7級9号(一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの)
  • 後遺障害9級1号(両眼の視力が0.6以下になったもの)

の2つの障害が同時に残った場合、重い方の7級が1つ繰り上がり、2つ合わせて併合6級となります。

なお、以上は基本的なルールであり、例外もあります。

詳しくはこちらの記事もご確認ください。

後遺障害における併合|等級の認定ルールについて解説

(2)等級併合にともなう慰謝料

等級の併合が認められると以前より等級が上がるため、慰謝料も併合後の等級に応じた請求が可能となります。
具体的には、「併合前の等級の慰謝料の合計額」と「併合後の等級の慰謝料額」を比べ、金額が低い額が適用されます。

後遺障害7級で総額4880万円以上の賠償金を獲得した事例

ここで、後遺障害7級で総額4880万円以上の賠償金を獲得した事例をご紹介しましょう。
これは、交差点を自転車で走行していた際に起きた事故で高次脳機能障害が残ってしまった事例です。
被害者のご両親が、今後の不安や保険会社とのやりとりに疲れ、アディーレ法律事務所に相談されました。
弁護士は、弁護士の基準に基づいて保険会社との示談交渉を行い、粘り強い交渉の結果、当初の提示額からの増額を認めさせました。

【まとめ】後遺障害7級の慰謝料請求でお悩みならアディーレ法律事務所にご相談ください

後遺障害等級は、要介護の1級と2級、介護不要の1~14級に分類されます。
後遺障害7級には、失明や聴力を失う、手足の切断や麻痺、顔の傷などの後遺症が含まれます。
後遺障害7級に認定されると、入通院慰謝料や後遺障害慰謝料、逸失利益などの賠償金を請求できます。
異なる系列の後遺障害が複数残った場合、等級の併合が認められる可能性があります。
慰謝料の増額や併合は、弁護士に依頼したほうが被害者にとって有利な結果になる可能性が大きくなります。
後遺障害7級の認定を受け、慰謝料や等級の併合が気になる方は、アディーレ法律事務所に相談ください。

弁護士による交通事故のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

交通事故被害の慰謝料・示談金増額の ための資料を無料でご提供します!

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

交通事故に関するメリット満載

よく見られている記事

弁護士による交通事故
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中