あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

会社を辞めたい!退職代行を弁護士に頼んだ場合に掛かる費用について解説

作成日:更新日:
kiriu_sakura

あなたは今、「退職代行を弁護士に頼みたい。でも、これから仕事をやめてしまうのに高い弁護士費用は払えない」とお悩みなのではないでしょうか。

実は、退職代行を弁護士に頼んでも、必ずしも高額な弁護士費用がかかるわけではありません。
事務所によっては、退職代行の弁護士費用が手ごろな価格に抑えられているところもあります。

退職代行の弁護士費用の相場や実際にかかる費用が分かれば、安心して退職代行を弁護士に頼むことができます。

今回の記事では、

  • 退職代行を弁護士に頼む場合に必要な弁護士費用

について、弁護士が解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 重光 勇次

同志社大学、及び同志社大学法科大学院卒。福岡支店長、大阪なんば支店長を経て、2020年4月より退職代行部門の統括者。勤務先から不当な退職引きとめをされる等、退職問題についてお悩みの方々が安心して退職され、次のステップに踏み出していただけるよう、日々ご依頼者様のため奮闘している。神奈川県弁護士会所属

残業代請求・退職代行に関するご相談は何度でも無料

残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!

退職代行の弁護士費用の相場はどのくらい?

退職代行を弁護士に依頼した場合、必要となる一般的な費用は主に次のとおりです。

  • 法律相談料
  • 手数料(基本費用)
  • 実費

これらの弁護士費用が実際にどれくらいかかるのかは、弁護士事務所によって異なります。
一般的な弁護士費用の相場は次のとおりです。

なお、弁護士事務所によって、退職代行に含まれるサービスは異なります。

例えば、退職代行の意思表示だけしてくれるというサービスもあれば、これに加えて次のような退職に付随する交渉全般やその一部が含まれることもあります。

  • 有給休暇の消化申入れ
  • 離職票等の請求
  • 返還物の取次ぎ
  • 未払給与や最終給与の請求
  • 積立金等の返還請求
  • 退職金の請求
  • 会社からの不当な要求に対する対応  など

このため、弁護士費用だけでなく、依頼しようとする弁護士事務所が、どのようなサービスを行ってくれるのかを事前にしっかり確認しておくことが大切だと言えます。

(1)法律相談料

法律相談料がかかる場合は、30分、5500円(税込価格)が相場です。
初めての相談は無料とするところもあります。

(2)手数料(基本費用)

手数料(基本費用)とは、退職代行手続のために必要となる弁護士費用です。

(3)実費

実費とは、事務的な作業について実際に必要となったお金です。
具体的には郵便料金や通信費、コピー代、交通費などのお金です。
通常必要となる実費は手数料(基本費用)に含まれるとする事務所もありますが、例外的に発生する実費などは別途必要となる場合もあります。

アディーレ法律事務所の退職代行の費用と特長について

ここで、アディーレ法律事務所の退職代行の費用と特長についてご説明します。

(1)アディーレ法律事務所の退職代行サービスの費用

アディーレ法律事務所の退職代行費用は、一律7万7000円(税込価格)です。

アディーレ法律事務所では、原則として退職代行費用に追加料金はかかりません。
すなわち、退職代行手続のためにどれだけ時間や手間がかかっても、有給消化出来たり、未払い給与や退職金が支払われたとしてもその分のお金が追加で必要となることはないのです。

アディーレの退職代行費用7万7000円(税込価格)には、次のサービスの対価が含まれています。

  • 退職時に残っている有給の取得交渉
  • 離職票、源泉徴収票の請求等
  • 退職に伴って必要な各種対応や会社への連絡
  • 会社への返還物の取次
  • 未払給与や最終給与の請求
  • (旅行)積立金等の返還請求
  • 退職金の請求
  • 会社からの不当な要求に対する対応
  • その他、退職にあたって一般的に付随する事項について交渉等

なお、退職代行の委任関係は雇用契約終了日(退職日)までとなりますので、退職後に会社から損害賠償請求された場合など、退職後に発生した事項について対応を依頼される場合には、別途弁護士費用が発生します。

(2)アディーレ法律事務所の退職代行サービスの特長

アディーレ法律事務所の退職代行サービスには、次のような特長があります。

  • 退職代行のご相談は何度でも無料
  • 退職できない場合は退職代行費用を全額返金
  • 労働問題に詳しい弁護士がトラブル解決
  • 退職後の未払い残業代などの請求や損害賠償請求もサポート
  • 安心の全国対応、土日祝日も休まず電話受付

アディーレ法律事務所では、退職代行サービスで退職できなかった場合の弁護士費用について全額返金保証があるほか、ご希望の方については退職後の未払い残業代請求などのサポートも可能です。
※残業代請求、退職後の損害賠償請求への対応等は、別途ご契約が必要となります。

【まとめ】費用はサービス内容と料金をみて高い安いの判断を!

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 退職代行の弁護士費用には、法律相談料、手数料(基本費用)、実費がある。
  • 法律相談料は無料の事務所もある。
  • 弁護士事務所によって実際にかかる弁護士費用は異なるので、事前にしっかり確認することが大切。
  • アディーレ法律事務所に退職代行を頼んだ場合の費用は、一律7万7000円(税込価格)で、成功報酬はない。
  • アディーレ法律事務所の退職代行プランは、相談は何度でも無料で、追加の弁護士費用がかかることはない。
  • アディーレ法律事務所の退職代行サービスは、単に退職の意思を会社に伝えるだけで終わりではなく、いろいろなサービスが含まれている。

アディーレ法律事務所では退職代行に関する相談料は何度でも無料です。
また、アディーレに退職代行をご依頼いただいたにもかかわらず退職できなかった場合(※)には、お支払いいただいた退職代行費用は全額お返しいたします(2022年2月時点)。

※「退職できなかった場合」とは、次の場合を指します。

  • 「期間の定めのない雇用契約」で退職できなかった場合
  • 「期間の定めのある雇用契約」で当初の契約期間満了以前に退職できなかった場合

退職代行でお悩みの方はアディーレ法律事務所へご相談ください。

残業代請求・退職代行に関するご相談は何度でも無料

残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!

ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています

この記事の監修弁護士
弁護士 重光 勇次

同志社大学、及び同志社大学法科大学院卒。福岡支店長、大阪なんば支店長を経て、2020年4月より退職代行部門の統括者。勤務先から不当な退職引きとめをされる等、退職問題についてお悩みの方々が安心して退職され、次のステップに踏み出していただけるよう、日々ご依頼者様のため奮闘している。神奈川県弁護士会所属

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

残業代請求・退職代行に関するご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-610-241
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています