あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

「サレ妻」が知っておきたい慰謝料のこと|相場・請求のポイント解説

作成日:更新日:
kiriu_sakura

夫に不倫をされてしまった場合、夫やその不倫相手に慰謝料請求をしたいと思うのは当然のことといえるでしょう。

しかし、「不倫の相場は?」「不倫の慰謝料請求はどういう場合にできるの?」など悩みが尽きないのではないのでしょうか。

不倫慰謝料の裁判上の相場は、およそ数十万~300万円程度といわれており、離婚しない場合でも慰謝料請求することができます。

夫婦関係修復を目指して離婚しない場合には、不倫相手にだけ慰謝料を請求する方が多いようです。

この記事を読むことで、不倫の慰謝料請求の基本について知ることができます。

この記事では、

  • 「サレ妻」とは
  • 「不貞行為」とは
  • 「不貞行為」を理由に慰謝料請求をするための要件
  • 不倫の慰謝料の金額の相場
  • 不倫の慰謝料を請求する方法

について、弁護士が詳しく解説します。

夫に不倫をされ、夫や不倫相手に慰謝料請求をしたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

「サレ妻」とは

「サレ妻」とは、「旦那に不倫をされた妻」を省略して使われるネット言葉です。
最近は、ドラマや漫画の題材になることも多く、一般に広く使われるようになっています。

慰謝料を請求するためには「不貞行為」でなければならない

不倫をされたからといって、必ず慰謝料請求ができるわけではありません。

不倫のうち「不貞行為」と認められるものについて、慰謝料請求が認められることになります。

「不貞行為」とは

「不貞行為」とは、一般的に、既婚者が、配偶者以外の相手と自由な意思で性行為・肉体関係を持つこととされています。

もっとも、性行為・肉体関係とまではいかなくても、性的に密接な関係(一緒に風呂に入る、愛撫をするなどの性交類似行為など)をもつことも、「不貞行為」にあたるとされています。

2人きりで会う、食事をする、手をつなぐという行為だけでは、基本的に「不貞行為」にはあたりません。

あなたの夫の不倫が「不貞行為」にあたるのか気になる方は、こちらをご覧ください。

不貞行為の判断基準はどこから?配偶者に疑惑がある際に取るべき2つの行動

「不貞行為」を理由に慰謝料請求をするための要件

「不貞行為」を理由に慰謝料請求をするためには、次にあげる要件を満たす必要があります。

  • 不貞行為の故意・過失
  • 不貞行為による権利侵害

詳しく説明します。

(1)不貞行為の故意・過失

不貞行為を理由に慰謝料を請求するためには次の事情についての「故意・過失」が必要となります。

  • 既婚者だとわかっていながら、自由な意思で不倫を行ったこと
  • 夫婦の婚姻生活の平穏を害するものであるとわかっていながら、自由な意思で不倫を行ったこと(※)

※故意の対象を、「不貞行為時に既婚者がいること」に加え「婚姻関係が破綻していないこと」も要するとする見解に基づくこの「わかっていた」とは、「既婚者だとわかっていた」、「婚姻生活の平穏を害するものだとわかっていた」場合のみならず、「既婚者だと気づく状況にあった」、「婚姻生活が破綻していないと気づく状況にあった」場合も含みます。

そのため、不倫相手が「既婚者だと知らなかった」、また、「婚姻生活が破綻していると思っていた」場合であっても、「既婚者だと気づく状況にあった」、「婚姻生活が破綻していないと気づく状況にあった」場合には、「故意・過失」ありとされます。

※夫に対して、慰謝料を請求する場合には、夫は自身が既婚者であることを当然わかっていますので、この要件は問題となりません。

なお、「自由な意思で不倫したこと」が必要ですので、無理矢理性的関係を迫られたような場合には、不倫相手に対して慰謝料請求することはできません。

具体的には、次のとおりです。

故意・過失
〇認められるケース×認められないケース
  • 既婚者であることを知りながら、肉体関係をもった
  • 浮気・不倫相手は、既婚者と気づくべきであるにも関わらず、気づかなかった
  • 既婚者だと知っていたが、婚姻関係がすでに破綻していたと勘違いし、注意を払えば破綻していないことに気づく状況であったにもかかわらず肉体関係をもった
  • マッチングアプリなどで知り合い、お互いの素性を知らず、既婚者であることに気づく余地のないまま肉体関係を持った
  • 既婚者だと知っていたが、婚姻関係がすでに破綻していたと聞かされており、実際夫婦は別居しているなど夫婦関係はすでに破綻していると思わざる得ない状況で、肉体関係をもった
  • 不倫相手の自由な意思で肉体関係を持ったわけではなかった(無理矢理肉体関係を持たされた、脅されて肉体関係を持つしかなかった、など)

「不貞行為」による権利侵害

不倫を理由に、慰謝料を請求するためには、不倫によって「権利の侵害」を受けたこと、つまり、

  • 不倫によって婚姻生活の平穏が害されること

が必要となります。

これを分かりやすく言い換えると、不倫によって、夫婦の仲が悪化してしまうことが必要であるとされています。

不倫された時点で、すでに婚姻生活が破綻していた(別居状態、夫婦仲が冷め切っているなど)状況である場合、不倫が行われたとしても、すでに婚姻生活が破綻している以上、不倫によってさらに夫婦仲が悪化して精神的ショックを受けることはないと考えられているため、不倫をされた時点ですでに婚姻生活が破綻していた場合には、慰謝料を請求することはできないとされています。

具体的には、次のとおりです。

権利の侵害
〇認められるケース×認められないケース
  • 不倫により、それ以前は円満だった夫婦関係が悪化し、離婚した
  • 不倫が行われた時点で、夫婦の仲が悪く、夫婦の共同生活がすでに破綻していた(不倫が行われた時点ですでに夫婦が別居している場合、婚姻関係が破綻していたと判断される可能性が高い)

(2)「不貞行為」は共同不法行為

不貞行為は、夫とその不倫相手の2人が行うものです。そのため、不倫の慰謝料を支払うときはその夫と不倫相手の2人が連帯して支払うものとされています。

仮に、不貞行為によってあなたが受けた精神的ショックを償うためには慰謝料として200万円が相当であると考えられる場合には、夫と不倫相手が連帯して慰謝料200万円を支払うことになるのです。

すでに夫から200万円の慰謝料を受け取っている場合には、不倫相手に二重で請求することはできません。

つまり、夫からすでに十分な慰謝料を受け取った場合、不倫による損害の賠償が済んでいるとされ、不倫相手に慰謝料を請求することはできないとされているのです。

(例)Aさん(妻)が不倫をしたAさん(夫)から200万円の慰謝料を受け取った場合、客観的に妥当な慰謝料金額200万円の場合には、Aさん(妻)はすでに不倫によって被った損害の全額の支払いを受けているため、不倫相手に対して慰謝料を請求することはできません。

ただし、慰謝料が支払われた理由が、不倫だけではなく、暴力などの理由もあった場合、夫から支払われた慰謝料が十分とはいえない場合には、夫だけではなく不倫相手に対して慰謝料を請求できる可能性があります。

なお、夫から受け取った慰謝料が十分といえるかどうかは、専門的な判断が必要ですので、弁護士への相談をおすすめします。

不倫の慰謝料の金額の相場

不倫の慰謝料の金額や相場が法律で定められているわけではないものの、不倫の慰謝料の裁判上の相場は、およそ数十万~300万円程度といわれています。

そもそも「慰謝料」とは、夫や不倫相手などの行為を原因として生じた精神的苦痛に対して支払われるお金のことをいい、精神的苦痛の程度で金額を決められることになります。

例えば、不倫を原因とした慰謝料の場合は、次のような事情を考慮して慰謝料の金額を決めることになります。

慰謝料の金額を
左右する項目
理由
婚姻期間被害者(浮気された方)の心情の配慮や離婚後の再スタートが困難になりやすいという理由から、婚姻期間が長いことは増額要素とされています。
浮気発覚前の婚姻生活の状況浮気の発覚以前、家庭生活は円満だったか、崩壊寸前だったかという事実によって左右されます。もし、浮気が発覚する以前から家庭生活が崩壊寸前であった場合、慰謝料は減額される傾向にあります。
自分自身の落ち度夫(妻)が浮気をするようになった落ち度が自分自身にある場合(過去に浮気をしていた等)は、慰謝料は減額される傾向にあります。
浮気相手の認識、意図浮気相手が、夫(妻)が既婚者だと知っていたか否かです。たとえば、 相手が既婚者と知りながら家庭を壊すつもりで浮気をしていた場合、行為が悪質であると判断され、増額となる場合があります。
浮気の期間、具体的内容、頻度浮気の期間が10年以上など長期間にわたる場合は、慰謝料の増額要素とされています。
浮気の否認浮気が認められる状況で浮気相手が否認を続けるケースです。そのような場合、被害者の心情を踏みにじったと判断され、増額となる場合があります。
不貞関係解消の約束反故以前も浮気をしており、二度としないと約束を交わしていたにもかかわらず、再び浮気をした場合です。このような場合、悪質と判断されるため、慰謝料が増額となる場合があります。
夫(妻)と浮気相手の子どもの妊娠夫(妻)と浮気相手との間に子どもができた場合、極めて大きなショックをもたらします。そのため、夫(妻)と浮気相手との間で妊娠が発覚したことは、増額要素とされています。
精神的苦痛うつ病になるなど、浮気によって大きな精神的損害が発生した場合、それを裏付ける証拠(診断書など)があると、増額となる場合があります。
夫婦間の子どもの有無夫婦間に子どもがいる場合は、婚姻関係破綻による影響が大きく、また、精神的な損害も大きいことが通常であるため、増額となる場合があります。
浮気相手の反省、謝罪、 社会的制裁浮気相手が真摯に謝罪していたり、社会的制裁(退職など)を受けていたりする場合は、慰謝料が減額される場合があります。

不倫の慰謝料を請求する方法

不倫の慰謝料を請求する方法は、大きく分けて「話合い」と「調停もしくは裁判」の2通りになります。

不倫慰謝料を請求する流れ

では、夫や不倫相手に対して、どのようにして慰謝料請求をすればよいのでしょうか。

流れとしては、次のようになります。

まず、話合いで請求することになります。ここで慰謝料の支払いについて合意がまとまれば、裁判や調停を行う必要はありません。

話合いをすることが難しい場合、もしくは、話合いをしても慰謝料を支払いについて合意に至らなかった場合には、調停や裁判の中で慰謝料を請求するという流れになります。

(1)話合いで交渉する

まず、証拠を収集し、その後慰謝料請求をすることになります。
相手と話し合うことができる場合には、話合いの中で慰謝料を請求します。

話合いによって、慰謝料の支払いについて合意がまとまった場合には、合意事項について細かく明確にし、示談書を作成するようにしましょう。

示談書を作成しておくことで、示談後に「気が変わったから支払わない」「そんな約束なんてしてない」というトラブルが生じることを防ぐことができます。

不貞行為に関する示談書については、こちらをご覧ください。

不倫の示談書に書くべき内容とは?トラブル回避のための注意点も解説

(2)調停もしくは裁判で交渉する

相手と話合いをすることが難しい場合、もしくは、話合いをしても解決しなかった場合には、調停もしくは裁判の中で請求することができます。

話合いとは違い、調停や裁判は通常、月に一度程度しか開かれませんので、解決まで長期化してしまうというデメリットがあります。

そのため、話合いで解決することが、早期の解決にもつながりますし、調停や裁判の費用もかかりませんので、望ましいとも思えます。

しかし、話合いで無理に妥協することもよくありません。
無理に妥協して納得のいかない結果となってしまうと、後々後悔してしまうことも少なくなく、のちに紛争が発生してしまうこともあります。

(2-1)調停の中で請求する

夫に対して慰謝料請求する場合に、すでに夫と離婚をした場合には、調停手続きを使って、不貞行為の慰謝料請求することができます(離婚前の場合には、離婚調停の中で慰謝料について請求し、話し合うことができます。)。

調停は、裁判のように勝ち負けを決めるのではなく、家庭裁判所で話合いによりお互いが合意することで解決を図る手続きのことをいいます。

調停の流れとしては、裁判官と民間から選ばれた調停委員(不貞や離婚の調停の場合は男女2名)が双方の事情や意見を聞いて、双方が納得して解決できるように、助言を行います。
調停の中で、当事者間で合意が成立すると、合意事項を書面にして調停は終了します。

なお、当事者双方が顔をあわせたくないとの希望があれば、当事者双方が顔をあわせないように配慮してもらえることもあります。

参考:調停手続一般|裁判所 – Courts in Japan
参考:慰謝料請求調停|裁判所 – Courts in Japan

(2-2)裁判の中で請求する

夫に対する離婚慰謝料は調停だけではなく、裁判によっても請求することができます。不貞相手に対して慰謝料請求する場合には、調停ではなく裁判で請求することになります。

裁判を起こしたからといって、必ずしも話合いを待つことなく、裁判官の判決を待つのみというわけではありません。

当事者双方に和解の可能性がある場合には、裁判官から和解をすすめられ、当事者にとって納得がいく形での解決(和解)を行うこともあります。

ただ、どうしても双方が合意することが難しい場合(和解できない場合)には、裁判官が、相手方が慰謝料を支払うべきか否か、支払うべきだとするといくらの慰謝料が妥当かなどについて、決めることになります。

不倫の慰謝料請求は弁護士に依頼を!

不倫の慰謝料請求はもちろん、自分で行うことができます。
しかし、多くの人が弁護士に依頼をして不倫の慰謝料請求を行っています。

弁護費用をかけてまで、慰謝料請求を弁護士に依頼する理由とは何でしょうか。

不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットについて説明します。

不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットは、次の4つが挙げられます。

  1. 弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる
  2. 高額な慰謝料を獲得できる可能性が高まる
  3. 夫と連絡をとらなくてもよい
  4. トータルでサポートしてもらえる

順番に説明します。

(1)弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる

夫は「夫婦の問題で不倫相手は関係ない」などあなたにしたことを軽く考えていたり、不貞相手は、「夫から誘ってきたから責任はない」など不貞を重く考えていなかったりすることがあります。そのため、あなたから慰謝料請求が来ても無視したり、てきとうにあしらったりすることもあります。

しかし、弁護士からの書面が届くと、あなたの本気度が伝わって態度が一変し、事の重大性に気付いてきちんと対応するケースが多いといえます。

(2)高額な慰謝料を獲得できる可能性が高まる

少しでも高額な慰謝料を獲得するためには、過去の裁判例や法律の知識、交渉のテクニックが必要となります。

高額な慰謝料を請求する場合には、夫や不貞相手からの反発も当然大きくなりますので、その反発をおさえるためにも、専門家による交渉が必要となるのです。

弁護士であれば、法律の専門家としての知見を駆使して、夫や不貞相手と粘り強く交渉し、少しでも高額な慰謝料の獲得を目指しますので、高額な慰謝料を獲得できる可能性があります。

(3)夫や不貞相手と連絡をとらなくてもよい

弁護士が慰謝料の支払い交渉を行う場合、弁護士が交渉すべてを代行しますので、あなたが自ら夫と連絡を取る必要はありません。

慰謝料の請求を検討するといった場合、当然夫や不貞相手に対する怒りも大きい場合が多いと思います。

そのような場合に、慰謝料交渉のために、自ら夫や不貞相手と連絡をとらなければいけないということは、肉体的にも精神的にも大きい負担がかかります。

弁護士が交渉を代行することで、あなたにかかる負担を減らすことができます。

また、怒りを抱えた状態で夫や不貞相手と連絡をとることは、冷静な交渉を妨げる要因ともなり、かえって他のトラブルを招く要因にもなりかねません。

(4)トータルでサポートしてもらえる

さらに、弁護士は、慰謝料請求に限らずに、例えば、夫や不貞相手との関係を断ち切ったり、慰謝料の未払いなど後々に起こりうるトラブルを防ぐための和解書などを作成したりすることもできます。

弁護士は、依頼者の悩みに寄り添い、依頼者にとって一番よい解決を目指します。

【まとめ】「サレ妻」の慰謝料請求は話合いから!弁護士への相談もご検討を

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 「サレ妻」とは、「旦那に不倫をされた妻」を省略して使われるネット言葉。
  • 「不貞行為」とは、一般的に、配偶者のある者が、配偶者以外の異性と自由な意思で性行為・肉体関係を持つこと。
  • 不貞行為を理由に慰謝料請求をするための要件は、(1)故意・過失、(2)不貞行為による権利侵害の2つ。
  • 不倫の慰謝料の相場は、およそ数十万~300万円程度。
  • 離婚慰謝料を請求する流れは(1)話合いで交渉、(2)調停もしくは裁判で交渉の流れ。
  • 不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット
  1. 弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる
  2. 高額な慰謝料を獲得できる可能性が高まる
  3. 夫と連絡をとらなくてもよい
  4. トータルでサポートしてもらえる

アディーレ法律事務所では、不倫の慰謝料請求につき、相談料、着手金をいただかず、原則として成果があった場合のみ報酬をいただくという成功報酬制です。

原則として、この報酬は獲得した賠償金等からのお支払いとなりますので、あらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要がありません。

また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため費用倒れの心配がありません。

(以上につき、2022年4月時点)

不倫の慰謝料請求でお悩みの方は、不倫の慰謝料請求を得意とするアディーレ法律事務所へご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています