あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

交通事故による麻痺の症状とは?麻痺の後遺障害等級認定について

作成日:
リーガライフラボ

交通事故により頭部や脊髄が損傷した場合、身体に麻痺の症状が残ることがあります。
麻痺の症状については、後遺障害認定を受けることにより、加害者に対して後遺症としての損害賠償を請求することができます。
この記事では、交通事故による麻痺の症状、麻痺の後遺障害等級認定について解説します。

交通事故で麻痺が起こる原因となる損傷と症状

交通事故による麻痺の症状の原因は、大きく、脊髄損傷と頭部外傷の2つあります。

(1)脊髄損傷

脊髄は、小脳から、頸椎、胸椎、腰椎からなる脊柱管を通っている中枢神経です。小脳と体の部分をつないで信号を伝達する回路の役割をはたしています。
したがって、頸椎部の損傷を受けた場合には頸椎損傷、胸椎部の損傷を受けた場合には胸椎損傷と呼ばれますが、これらも脊髄損傷の類に含まれます。
交通事故により生じた、脊椎の骨折や脱臼、事故の衝撃による脊髄断裂などが原因で、脊髄損傷が生じます。
脊髄が損傷し、脳からの信号を身体に伝達できなくなった結果、身体に麻痺が生じるのです。
脊髄損傷には、完全損傷と不完全損傷があります。

(1-1)完全損傷とは?

脊髄が断裂する完全損傷は、損傷部以下の体躯が完全に動かなくなり、重篤な麻痺が生じます。
麻痺が表れる身体の部位は、脊柱が断裂した箇所によって異なります。
脊柱は脳に近い方から頸椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎に分かれていて、どこを損傷したかで麻痺が残る身体部位が異なります。
例えば、脊髄の上位(脳に非常に近い頸椎)で完全損傷となると、意識があっても呼吸麻痺や四肢麻痺が生じ、人工呼吸が必要となることがあります。脊髄の下位で完全損傷(胸椎や腰椎など)となると、両上肢と両下肢、四肢の麻痺が生じることがあります。麻痺した部位に感覚はありませんので、触ってもそれを感じ取ることはできません。

脊髄の完全損傷の場合、再生はほぼ不可能で、麻痺した身体部分の機能の大幅な回復は期待できず、後遺障害の認定を目指すことになります。
治療は主にリハビリテーションとなりますが、これは麻痺した部分の身体機能の回復を目的とするものではなく、残存した身体機能を鍛えて、失った身体機能を補うことを主たる目的としています。

(1-2)不完全損傷とは?

脊髄の一部が損傷する不完全損傷は、脳から信号を伝達される機能が完全には失われていない状態をいいます。
例えば、損傷部位以下の身体機能が無くなって動かせないけれども、感覚知覚機能は残っていて、触られるとそれを感じることができたりします。
不完全損傷の場合、完全損傷とは異なり、リハビリによって身体的機能が回復し、ある程度動かせる可能性があるとされています。

(2)外傷性脳損傷

交通事故により頭に強い衝撃を受け、頭蓋骨が骨折したり脳が出血したりして、脳が損傷を受けることを外傷性脳損傷といいます。
損傷した脳の部位によって、症状は異なります。
性格の変化や失語などの症状が生じることもありますし、半身麻痺など身体に麻痺が生じることもあります。

後遺障害認定に関わる交通事故の麻痺の範囲と程度

脳や脊髄の損傷により麻痺が生じた場合、麻痺の範囲とその程度を考慮して後遺障害等級を認定することになります。

(1)麻痺の範囲と程度

後遺障害等級認定の際に考慮される麻痺の範囲の程度については、下記の表のとおりです。
なお、脳の損傷による麻痺については、四肢麻痺、片麻痺又は単麻痺が生じ、通常対麻痺が生じることはないとされています。

麻痺の範囲
四肢麻痺両側の四肢すべての麻痺
片麻痺片側の上下肢の麻痺
単麻痺上肢又は下肢の一肢のみの麻痺
対麻痺両下肢又は両上肢の麻痺
麻痺の程度
高度傷害のある上肢又は下肢の運動性・支持性がほとんど失われ、基本動作(歩行や立位物を持ち上げて移動させるなど)ができないもの
中等度傷害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が相当程度失われ、基本動作にかなりの制限があるもの
軽度傷害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が多少失われており、基本動作を行う際の巧緻性及び速度が相当程度損なわれているもの

(2)交通事故による麻痺で認められる後遺障害の等級

脊髄損傷や頭部外傷で麻痺の症状が残存した場合には、後遺障害等級の認定を受けることになります。
認定される等級は、麻痺が生じた範囲や麻痺の程度によって異なります。
以下では、脊髄損傷により麻痺が生じたケースについて、具体的にどのような麻痺がどの等級に認定されるのかについて説明します。

(2-1)第1級1号(別表第1)

1級1号は、「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」が認定されます。
生命維持に必要な身の回りの処理の動作について、常に他人の介護を要する場合を指します。
具体的には、高度の四肢麻痺、高度の対麻痺、中等度の四肢麻痺で食事・入浴・用便・着替え等について常時介護を要する状態です。

(2-2)第2級1号(別表第1)

2級1号は「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの」が認定されます。
生命維持に必要な身の回りの処理の動作について、随時他人の介護を要する場合を指します。
具体的には、中等度の四肢麻痺、軽度の四肢麻痺で食事・入浴・用便・着替え等について随時介護を要するもの、中等度の対麻痺で食事・入浴・用便・着替え等について随時介護を要する状態です。

(2-3)第3級3号

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」は、3級3号に認定されます。
これは、生命維持に必要な身の回りの所作の動作は可能であるが、労務に服することができないものを指します。
具体的には、軽度の四肢麻痺、中等度の対麻痺の状態です。

(2-4)第5級2号

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの」は5級2号に認定されます。
具体的には、軽度の対麻痺、一下肢(片足)の高度の単麻痺の状態が該当します。

(2-5)第7級4号

「神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの」は7級4号に認定されます。
具体的には、一下肢(片足)の中等度の単麻痺の状態が該当します。

(2-6)第9級10号

「神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」は9級10号に認定されます。
これは、通常の労務に服することはできるが、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるものを指します。
具体的には、一下肢(片足)の軽度の単麻痺が該当します。

(2-7)第12級13号

「局部に頑固な神経症状を残すもの」は、12級13号に認定されます。
これは、通常の労務に服することはできるが、多少の障害を残すものを指します。
具体的には、運動性や支持性、巧緻性及び速度などの支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺、運動障害は認められないものの広範囲の感覚障害があるものが該当します。

交通事故の麻痺で後遺障害等級認定されるためのポイント

交通事故が原因で麻痺の症状が残り、後遺障害等級申請する際には、自身の症状について適切な後遺障害等級が認定されるために、準備が必要です。
等級が一つ違うと、受け取ることのできる損害賠償の額も変わってきますし、麻痺の程度が重ければ重いほどこの差異は大きくなります(等級が一つ違うと、何百万~数千万円の差になることもあります)。
したがって、後遺障害等級認定を受ける際には、適切な等級の認定を受けるために、積極的に必要な資料を揃えるという姿勢が重要です。

(1)専門医の診断を受ける

事故直後に、専門医の診察を受け、必要な検査(MRIやCTなど)を受けるようにします。
認定を受けるためには、基本的に麻痺の原因となっている損傷について、画像で確認できることが必要です。
また、麻痺の範囲や程度を把握するための必要な神経学的検査も受けるようにします。
事故当初診察を受けた医師から紹介を受けたり、転院することもできますので、自身の症状に応じた適切な専門医の診断を受けられるようにしましょう。

(2)弁護士に依頼する

医師は病やケガを治す専門家ですが、後遺障害等級認定は、交通事故実務における法的な評価ですので、精通しているとは限りません。
後遺障害等級認定申請をする際には、医師に記載してもらった後遺障害診断書の提出が必要ですが、医師によっては後遺障害診断書の記載に慣れていない場合もあります。
後遺障害認定申請や、損害賠償を請求する際には、法的な知識も必要になってきますので、麻痺が残ると分かったら、比較的早い段階で弁護士に相談し、対応を依頼することをお勧めします。

【まとめ】交通事故による麻痺でお悩みの方は弁護士にご相談ください

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 交通事故による麻痺は、脊髄損傷と外傷性脳損傷が主な原因
  • 麻痺の範囲及び程度に応じて、適切な後遺障害等級認定を目指す
  • 適切な後遺障害等級の認定を受けるためには、等級に認定される要件を把握して積極的に資料を準備する

麻痺の症状について、後遺障害等級認定手続や損害賠償請求でお困りの方は、アディーレ法律事務所にご相談ください。

弁護士による交通事故のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

交通事故被害の慰謝料・示談金増額の ための資料を無料でご提供します!

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

交通事故に関するメリット満載

弁護士による交通事故
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中