当事務所の弁護士・司法書士紹介

村林 翔

弁護士 村林 翔

むらばやし しょう

池袋本店
資格 弁護士
所属 東京弁護士会
出身 長野県
出身大学 東京大学農学部,一橋大学法科大学院

ご挨拶

仮に紛争に巻き込まれたとしても、弁護士に相談することは、未だ多くの方にとってハードルの高いことだと思います。しかし、弁護士が紛争解決に関与することで、より公正で、かつよりよい紛争の解決ができます。アディーレには、「損はさせない保証」という仕組みがありますので、費用面を気にせず、お気軽に弁護士へご相談ください。私は、難解な法律知識でも依頼者の方に分かりやすく説明し、どのような解決を図るのがベストなのかを共に考えられるような、身近な弁護士を目指しています。皆さんの抱える苦痛を少しでも和らげられるよう、サポートしてまいります。一緒に悩み、一緒に解決策を考えましょう。

私のキーワード

その1「四川料理」

私は、中学と高校の計4年間、中国の四川省で暮らしており、現地で食べられる本場の四川料理が大好きです。四川料理の特徴は、舌が痺れるような辛さです。辛さと痺れの両方の感覚を楽しむのが、四川料理の醍醐味とも言えます。アディーレの池袋本店周辺には、数多くの中華料理店があり、本場の味が楽しめそうです。お店巡りをしながら、料理も雰囲気も存分に味わいたいと思います。

その2「日光東照宮」

大学の夏休みに一人で日光東照宮へ行ったことがあります。その日は、ちょうど司法試験の合格発表があり、受験した先輩から合格の知らせを聞きました。当時、私の周りには司法試験合格を目指している知り合いは少なく、先輩の合格の知らせはとても新鮮なものでした。それ以降、日光東照宮は私にとって縁起のいい場所となりました。私の2回目の司法試験合格発表の日にも、日光東照宮へ行きました。無事に合格の知らせを受け取ることができたのは、今でもいい思い出です。

その3「青春18きっぷ」

法科大学院時代や司法修習生時代、青春18きっぷを使って日本各地を旅することが大好きでした。長距離でも格安で移動できるのが、青春18きっぷの魅力です。知らない街の風景を車窓から眺めたり、訪れたことのない街を歩いたり、現地の人々の話す言葉、生活様式、風習を知ったりすることで、頭の中に自分の世界が広がります。各地を旅してから、様々な街に住んでみたいと思うようになりました。今後も、時間を見つけて各地を旅して回りたいと考えています。

弁護士・司法書士紹介へ戻る