当事務所の弁護士・司法書士紹介

吉岡 達弥

弁護士吉岡 達弥

よしおか たつや

資格 弁護士,行政書士(有資格),宅地建物取引士(有資格),ビジネス実務法務検定試験準1級認定
所属 東京弁護士会
出身 東京都
出身大学 明治大学法学部,立教大学法科大学院

ご挨拶

弁護士業というのはサービス業です。依頼者の方と向き合い,依頼者の方を理解し,依頼者の方に奉仕することが弁護士としての本質です。依頼者の方の利益を最大限実現できるか否かが弁護士の腕の見せ所であり,存在価値です。この点を常に意識して,自分の存在価値を高めていくことが私の楽しみです。

私のキーワード

その1「信頼」

弁護士のもっとも大切な財産は何かというと,信頼です。信頼は,言葉でいうのは簡単ですが,築いていくのは一朝一夕ではできません。目の前の1つひとつの仕事を誠実にこなしていくことによって初めて信頼は築いていけます。以前,私は,大分県で弁護士として活動してきましたが,この点を常に意識して目の前の仕事に取り組んできました。その結果,おかげさまですべての依頼者の方から「ありがとう。」と言っていただけました。こうして積み重ねた信頼こそが私の財産であり,誇りです。これからも,より多くの信頼という財産を築いていけるように1つひとつの仕事に誠実に向き合っていきます。

その2「パートナー」

弁護士は依頼者の方の利益を実現する存在です。依頼者の方が悩み事を解決したいとき,経営上のアドバイスを求めるときに,身近にいるのが弁護士です。依頼者の方のパートナーとして二人三脚で解決を図っていきますから,パートナーに相応しい存在でなければなりません。そのためには,日々,法令調査などの自己研鑽を積むだけでなく,人付き合いの中で人間力を高めていく必要があります。私は,このことを意識して,勉強だけに取り組むのではなく,社交の場にも積極的に参加して,人間力を高め,依頼者の方のパートナーに相応しい人物であろうと心掛けています。

その3「バランス感覚」

弁護士というと,とても生真面目な堅物というイメージがあります。業務の内容からすると,生真面目さは必要ですが,それだけではアンバランスで,時にはものの見方を誤ってしまいます。ほどよく,あらゆる分野に精通しているほうが物事を正しく捉えることができると思います。私は,このような考えから,法律だけでなく,会計や税務,物理について学んだり,フルマラソンを完走したり,海外旅行に出かけたり,登山をしたり,スキーをしたり,ライブや演劇を見に行ったりと旺盛な知的好奇心を満たしています。また,私の実家は米屋でしたから,私は10歳の頃から米屋の手伝いをしてきました。このように,多くの経験を通して得たバランス感覚こそが私の強みです。

弁護士・司法書士紹介へ戻る

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

今すぐ電話で相談予約 0120-316-742