あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

深夜手当は何時から何時までもらえるか?計算方法や残業・休日出勤との関係も解説

作成日:
リーガライフラボ

日中の時給より深夜の時給のほうが高くなっている求人広告を見たことがありませんか。
深夜勤務には深夜手当が支払われるので、同じ店舗で同じ仕事をして働くとしても時給は高くなります。それは自ら深夜勤務を希望する場合であっても異なりません。
今回は、弁護士が「深夜手当」について解説します。

深夜手当とは?

まず深夜手当に関して規定した労働基準法37条4項をみてみましょう。

使用者が、午後十時から午前五時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後十一時から午前六時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の二割五分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

引用:労働基準法37条4項

深夜手当とは、深夜(22~翌5時)に勤務したときに受け取れる割増賃金のことです。
もし深夜の時間帯に勤務したにもかかわらず深夜手当が支払われなければ違法となります。
深夜手当は、本来休息に充てる時間を労働時間とした企業側の義務であるとされています。
深夜手当が基本給の25%以上であっても構いませんが、それを下回ることは許されません。

深夜手当は何時から何時までの労働に支払われる?

深夜手当は、22~翌5時まで勤務したときに支払われます。運送業や24時間稼働の工場、コンビニなど、最初から深夜勤務が前提になっている場合でも、この時間帯に仕事をすれば深夜手当が加算されます。もっとも、求人広告や就業規則に日中の時給の規定があり、その時給額に25%以上の金額を上乗せしたかたちで「時給1500円(深夜手当含む)」と規定されている場合、深夜手当は時給に含まれているということになりますので、企業は別途深夜手当を支払わなくても構いません。

深夜手当が基本給に組み込まれているといえるのは、次の2つの条件を満たす場合です。

  1. 割増賃金に相当する部分が明確に区別されていること
  2. 割増賃金相当部分が、法定の率で算出された割増賃金額以上の金額になっていること

たとえば、東京都内の会社の深夜勤務なのに時給が1000円であれば、最低賃金を下回るため基本給に深夜手当が組み込まれているとは認められません。あるいは、日中の時給が1200円なのに同じ仕事をしている深夜勤務の時給が1450円であれば、時給の1.25倍(1500円)に満たないので違法である可能性が高いといえます。

深夜手当は時給をもとにして計算する仕組み

深夜手当は、基本給×1.25で割り出されるので、まず時給を計算しなければなりません。

時給時給
日給(所定日給-除外賃金)÷1日の所定労働時間数
月給(所定月給-除外賃金)÷1ヶ月あたりの平均所定労働時間数

通勤手当や住居手当、臨時賃金(ボーナス)などが除外賃金にあたります。

たとえば、次のようなケースで時給を計算してみましょう。

  • 所定月給32万円(そのうち2万円は家族手当)
  • 1日の所定労働時間8時間
  • 年間の所定休日125日

1ヶ月あたりの所定労働時間……(365日−125日)×8(時間)÷12(ヶ月)=160時間
時給は、1875円です(30万÷160)。

深夜手当の計算方法は?具体例を使って解説

では、具体的なケースを想定して深夜手当を割り出してみましょう。
時間外手当や休日手当と重なる場合には、二重、三重に割増率をかけることになります。

時間外労働に対する手当+深夜手当1.5倍以上
休日手当+深夜手当1.6倍以上

※時間外労働が月60時間を超える場合には、割増率が50%以上となるため、時間外労働と深夜労働が重なるときは、割増率が75%以上となります(2023年3月31日まで中小企業(働き方改革関連法附則3条)において特別割増率は適用されません)。

(1)時間外労働と深夜手当を組み合わせて計算する方法

契約上、労働時間が9~17時まで、時給1000円とされている人が23時まで残業したとしましょう。この場合、17~22時までは時間外手当、22~23時までは時間外手当と深夜手当が払われなければなりません。時間外手当は時給の1.25倍なので、17~22時の残業代は6250円です(1000×1.25×5)。加えて、時間外手当・深夜手当が重なると、時給の1.5倍が支払われることになるので、22~23時の深夜の残業代は1500円となります。

(2)法定休日中の深夜手当の計算方法

時給1000円の人が休日の深夜(22~24時)に勤務したとします。この場合、基本給の35%以上の割増賃金が支払われることになるので、この日の給料として3200円を受け取ることができます(1000×1.6×2)。
深夜手当は、勤務した時間帯に着目して支払われるため、労働時間が短くても発生します。

休日労働には、時間外の概念がないので、働いた時間によって割増率が変わることはありません。

深夜手当の不払いは違法

深夜に勤務したにもかかわらず、給与明細上、深夜手当が支払われていなければ違法となります。タイムカードなどで深夜勤務したことが明らかであれば、未払い分を請求できます。

深夜手当は管理職に対しても支払われなければならない

「管理監督者」に対して、時間外労働や休日労働に対する割増賃金を支払わなくてもよいとされています(労働基準法41条2号)。しかし、管理監督者であっても、深夜手当は支払われなければなりません。

そもそも、会社から「管理監督者」と言われていても法律上「管理監督者」に該当しない人が大勢います。店長などが「管理監督者」にあたるかという議論を差し置くとしても、「管理監督者」だからといって深夜手当が支払われないことは違法なので、もし「管理監督者だから深夜手当を支払わない」と言われた場合には、弁護士に相談しましょう。

例外的に管理監督者の給料が深夜手当を含めて規定されている場合には、別途深夜手当が支払われなくても違法ではありません。管理監督者の手当として地位にふさわしい処遇がされているのか考えてみましょう。

参照:最高裁判所平成21年12月18日判決判例タイムズ1316号129頁ーCourts in Japan

【まとめ】残業代の請求はアディーレ法律事務所にご相談を!

深夜手当とは、労働基準法37条4項に定められた、深夜割増賃金のことです。22~翌5時に勤務した場合には、もともと深夜勤務が想定されている場合でも、勤務時間が短くても、基本給の1.25倍以上の深夜手当を受け取ることができます。もし残業や休日勤務にもあたる場合には、さらに受け取れる金額が増えます。
深夜手当を請求することは、労働者の正当な権利なので、もし深夜に勤務したにもかかわらず給与明細に反映されていない場合には、会社に問い合わせてみましょう。もし会社が誠実に対応してくれない場合には、弁護士に相談することをおすすめします。
未払いの残業代についてご不安・お困りの方はアディーレ法律事務所にご相談ください。

残業代請求・退職代行に関するご相談は何度でも無料

残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!

会社に対して、何らかの請求や主張をするお考えがない場合、ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください

もしくは

ゼロイチニーゼロ ロウドウ ツヨイ

0120-610-241

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

よく見られている記事

残業代請求・退職代行に関する
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-610-241

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中