相続放棄

【このようなことでお困りではありませんか?】

  • 親族の借金を相続したくない
  • 相続の揉めごと(相続争い)に巻き込まれたくない
  • 被相続人に少し財産はあるが、借金のほうが多い

相続人(相続を受ける方)が遺産(資産・負債)を相続しないお手続のことを「相続放棄」といいます。
「資産より、負債のほうを多く相続してしまう…」など、相続トラブルに巻き込まれたくないときに有効です。

相続放棄の弁護士サービス説明

相続放棄の最大のメリットは、借金などのマイナスの財産(負債)を相続せずに済むことです。ほかにも、親族間の遺産相続争いに関わらないで済むことや、特定の相続人(家業の跡継ぎとなる長男など)に遺産を集中させることもできます。
しかし、相続放棄のお手続は必要書類の収集から始まり、申述書の作成や、裁判所とのやり取りなどがありますので、初めてのケースではわからないことや戸惑うことが多いかもしれません。

そこで当事務所では、下記の内容について、依頼者の方に代わって対応いたします。

①ご依頼後の戸籍謄本の収集
②相続人の調査
③相続放棄の申述(照会書への回答を含む)
④相続放棄申述受理通知書の受領

そのため、依頼者の方のご負担は最小限となります。

相続放棄のお手続が完了しなかった(相続放棄の申述が受理されなかった)場合、弁護士費用は、原則として全額返金いたします。

相続放棄に関するご相談の流れ

  1. 弁護士との無料相談

    • お問合せフォームからご連絡ください
  2. ご契約

    • ご来所いただく必要はなく、お手続は郵送にて完了いたします
    • 弁護士費用をお支払いいただきます(分割払いOK)
  3. 相続人の調査や必要書類の収集を準備

    • 戸籍謄本などを取り寄せいたします
    • 相続人を調査いたします
    • 一部必要資料は依頼者の方にご用意いただく場合がございます
  4. 家庭裁判所へ相続放棄の申立て

    • 必要書類をもとに、家庭裁判所へ相続放棄の申立てを行います
  5. 家庭裁判所へ申述書の提出、家庭裁判所から届く照会書への回答

    • 申述書を作成し、家庭裁判所へ提出します
    • 家庭裁判所から照会書が届く場合はその回答をします
  6. 家庭裁判所から届く相続放棄申述受理通知書の受領

    • 相続放棄申述受理通知書はアディーレが受領し、清算書と併せて依頼者の方へお送りします

相続放棄に関する弁護士費用

配偶者 および
第1順位相続人(子)
第2順位相続人(親)
第3順位相続人(兄弟姉妹)
費用
被相続人の死亡から3ヵ月以内 ※1 先順位相続人が相続放棄した日から3ヵ月以内 ※2 13万2,000円(税込)
被相続人の死亡から3ヵ月経過しているが、依頼者の方が相続人になったことを知った日から3ヵ月以内 ※3 先順位相続人が相続放棄した日から3ヵ月経過しているが、依頼者の方が相続人になったことを知った日から3ヵ月以内 ※3 26万4,000円(税込)
被相続人の死亡から3ヵ月経過(①②以外の場合) ※4 先順位相続人が相続放棄した日から3ヵ月経過(①②以外の場合) ※4 44万円(税込)

アディーレ法律事務所の強み

お問合せ