あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

不倫の慰謝料は踏み倒せる?請求の放置や不払いのリスクを解説

作成日:
kiriu_sakura

「既婚者と不倫をしていたら、相手の配偶者から慰謝料を請求された。放っておいたらどうなるの?」

既婚者と不倫をしていた場合、相手の配偶者から慰謝料を請求される可能性があります。
慰謝料の請求を放置すると、いずれ慰謝料を求める裁判を起こされる可能性があります。

さらに、裁判にも対応せずに放置した場合には、相手の請求が全て認められる判決が出て、給料や預金などの財産を差し押さえられてしまうリスクがあります。

慰謝料を請求されたとしても、個別の事情によっては、減額交渉が出来ることも多いですから、まずは相手の請求を放置せずに何らかの対応をすることが必要です。

今回の記事では、

  • 慰謝料を支払わなくてはいけないケース
  • 慰謝料の請求を放置した場合のリスク
  • 慰謝料の減額交渉ができるケース

などについてご説明します。

この記事の監修弁護士
弁護士 池田 貴之

法政大学、及び学習院大学法科大学院卒。アディーレ法律事務所では、家事事件ドメイン(現:慰謝料請求部)にて、不貞の慰謝料請求、離婚、貞操権侵害その他の男女トラブルを一貫して担当。その後、慰謝料請求部門の統括者として広く男女問題に携わっており、日々ご依頼者様のお気持ちに寄り添えるよう心掛けている。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

既婚者と不倫。慰謝料を請求される場合とは?

「既婚者と不倫をした」と言っても、その関係は様々です。
どのような行為をした時に、慰謝料を請求されてしまうのでしょうか?

既婚者から不倫をしていたために、その相手の配偶者から慰謝料を請求される典型的なケースは「不貞行為」があった時です。

不貞行為とは、婚姻共同生活を侵害・破壊に導く可能性のある行為のことをいいます。
具体的には、既婚者が配偶者以外の者と自由な意思に基づいて性行為を行うこと(肉体関係を持つこと)や、肉体関係に準ずる行為(性交類似行為を行う、体を直接触って愛撫するなど)を行うことをいいます。

夫婦の一方が他方以外の相手と不貞行為をした場合、不貞行為をされた側の配偶者は、不貞行為をした側の配偶者とその不貞相手に対して慰謝料を請求することができます。

ただし、慰謝料を請求できるのは、必ずしも不貞行為があった場合に限りません。
肉体関係には至らない性的関係(一緒に風呂に入る、口淫するなど)や、場合によっては、キスをしたり一緒に食事に行くなどのプラトニックな関係であっても慰謝料の請求をされる可能性もあるのです。

肉体関係がないプラトニックな関係でも慰謝料が請求されるってどういう場合ですか?
既婚者と一緒に食事に行くのもダメなんでしょうか。

もちろん、全てのケースで慰謝料が請求できるわけではありません。
不貞行為がないのに慰謝料が請求できるのは、その行為が「夫婦の平穏・円満な共同生活を送る権利」の侵害にあたると評価できる場合だけです。
例えば、プラトニックな関係とは言え、夫婦の一方がその関係にのめりこんで、家庭をないがしろにしていたようなケースです。

肉体関係がない場合と慰謝料請求について詳しくはこちらの記事もご参照ください。

プラトニック不倫とは?慰謝料請求についての考え方やリスクについても解説

不貞行為があったら慰謝料は支払わなくてはいけない?

ところで、既婚者と不貞行為に及んだという場合、相手の配偶者から慰謝料を請求されたら、必ず慰謝料を支払わなくてはいけないのでしょうか。
それは、そうとも限りません。

次のようなケースでは、慰謝料を支払わなくても良い可能性があります。

  • 不倫相手が既婚者であることを、過失(落ち度)なく知らなかった場合

※ただし、知り合った経緯や不倫期間、交際状況などから、既婚者であることを気付くことのできる状況であったとされる場合も多いです。

  • 不倫をする前から、夫婦関係が破綻していた場合

※ただし、たとえ夫婦仲に多少の問題があったとしても、同居を継続している場合には、客観的に破綻していたとは言えないと判断されることが多いです。
また、別居していたとしても、夫婦の具体的な状況次第では破綻していないと判断されることもありますので注意が必要です。

  • 自らの意思で肉体関係を持ったのではない場合

※酔って寝ている時に相手が肉体関係を持った、無理やり肉体関係を持たされた、など肉体関係を持ったことが自分の意思ではない場合です。「乗り気ではなかった」程度では認められないので注意が必要です。

奥さんとは家庭内別居で、もうすぐ離婚すると言われたから関係を持ちました。
私も騙されていたので、この場合には慰謝料を支払わなくても良いですか?

肉体関係を持ったこと自体は、あなたの意思に基づくものと言えますので、慰謝料の支払を拒否することは難しいです。
ただ、不貞に関して相手が積極的であったとか、相手の責任が大きい時には、後でお話ししますが、減額交渉を試みる余地はあります。

いずれも限定的なケースではありますが、既婚者と不貞行為に及んだという場合であっても、不貞された側からの慰謝料請求を拒否できるケースもあります。

ただし、専門的な判断が必要な場合も多いですので、判断に迷う場合には弁護士に相談されることをお勧めします。

既婚者と不貞行為をしたため、慰謝料を請求されました。
でも、私にだけ慰謝料を請求して、不貞相手(請求者の夫)には慰謝料を請求しないそうです。納得できないので、私も支払わなくても良いですか?

不貞の慰謝料は、不貞当事者双方が連帯して支払う責任を負いますので、一方の当事者が支払わないという理由で他方の当事者が支払を拒むことはできません。
不貞の当事者間では、一方が不貞をされた側の配偶者に支払った上で、他方の不貞当事者(請求者の夫)に求償(負担分の支払を求めること)できるかという問題になります。

相手は離婚もしないようですし、私だけが慰謝料を支払わせられるなんて、なんだか納得できない気持ちです。

後でご説明しますが、相手が離婚しない場合、離婚した場合に比較して慰謝料の相場は低くなります。
また、求償権を放棄することなどを理由に慰謝料の減額を求めることが出来ることもありますから、まずは弁護士に相談されることをお勧めします。

慰謝料の支払義務がなければ、請求は放置しても良い?

これまでご説明したとおり、「既婚者と不倫をした」からと言って、必ずしも相手の配偶者に対して慰謝料の支払義務があるわけではありません。

ですが、ご自身で慰謝料の支払義務がないと判断して相手の請求を放置していると、相手も裁判などより強固な手段をとってくる可能性があります。
相手が慰謝料の支払を求めて裁判を起こした場合には、必ずそれに対応しなければいけません。

裁判を起こされても無視したらどうなりますか?

裁判に出席せず、相手の請求に対して何の主張・反論もしない場合には、「欠席裁判」と言って相手の請求が全て認められる判決が出てしまいます。

相手の請求を認める判決が出ると、その判決は「債務名義」になりますので、相手は判決に基づいて、あなたの給料や預金などの財産を差し押さえて、強制的に慰謝料の回収を図ることができるようになります。

差押えを強制執行について詳しくはこちらの記事もご参照ください。

差押えの仕組みと流れを徹底解説!どんな財産が差押え対象となる?

もちろん、相手から前触れもなく突然裁判を起こされることもありますが、通常は、まずは書面などで慰謝料を請求され、話合いがまとまらないために裁判になることが多いです。

ですから、慰謝料を請求された場合には、(最終的に裁判には対応しなければいけないのですから)裁判に至る前に話合いで解決できる途を閉ざしてしまうことはお勧めできません。

慰謝料の請求をされたら何をすべき?

既婚者と不倫をしていたため、相手の配偶者から慰謝料を請求されたという場合、まずはこれまでご説明したとおり、慰謝料の支払義務があるか検討します。

次に、請求された慰謝料について、減額できる余地がないか考えてみましょう。
慰謝料とは、形に見えない精神的苦痛を慰謝するものですから、決まった金額があるわけではありませんが、ある程度の相場があります。

特に相手が弁護士などの専門家に依頼せずに請求してくる場合、相場よりもかなり高額な請求をしてくるケースもありますので、請求を受けたからと言って言われた金額を支払う約束をするのではなく、まずはその金額が妥当かどうか考えてみるべきでしょう。

一般的な不貞行為に対する慰謝料の裁判上の相場は、次のとおりです。

浮気・不倫の慰謝料の裁判上の相場(目安)
離婚をした場合
100万~300万円
離婚はしない場合
数十万~100万円

これは、裁判となった場合の相場ですから、話合い段階では、これよりも高額になる可能性もあります。

また、不倫の慰謝料は、個別のケースによって増額される場合や減額される場合もあります。

奥さんとは離婚予定と聞いたから交際したのです…。
こういう事情も減額事由になりますか?

相手方と交渉する際の一つの事情にはなります。
実際に、婚姻関係が破綻していたと聞いて不倫関係になった方は多いです。

婚姻関係の破綻を主張して慰謝料を減額出来た事例についてはこちらの事例をご参照ください。

相手からの慰謝料請求が相場よりも高額であったり、あなたの側に慰謝料の減額事由があるという場合には、まずは減額交渉をしてみることをお勧めします。

相手がとても怒っていて「会社を辞めろ。辞めないと不倫を会社にばらす。」と言って話合いになりません。どうしたら良いでしょう。

不倫をされた側の配偶者が法律上請求できるのは慰謝料の支払で、会社を辞めることを強制することはできません。
ご自身で対応が難しければ、弁護士に依頼して弁護士から注意してもらうことなどもご検討ください。

慰謝料の支払を約束した後、支払わなかったらどうなる?

それでは、相手方と慰謝料の支払について話し合い、一定額を支払うとの約束ができた場合、その後、支払をしなかったらどうなるのでしょうか。

この点、慰謝料を支払うという約束が、口約束や単なる当事者同士の書面で取り決めたという場合、支払をしなかったとしても直ちに給料や預金などの財産を差し押さえられることはありません。

この場合、財産を差し押さえることによって強制的に慰謝料を支払わせるためには、相手(不倫をされた側の配偶者)は支払督促を申立てたり、裁判をして裁判所の判決を得るか和解をするなどしなければいけません。

他方、裁判上で慰謝料の支払を約束して和解などをしたという場合には、支払の約束を破った時は、直ちに財産を差し押さえられるおそれがあります。

相手の剣幕に押されて慰謝料を支払う約束をしてしまいました。
後で考えたら、高すぎるような気がします。
いったん約束した以上、支払わないといけないんでしょうか。

いったん、支払を約束した以上、相手に脅されたなどの事情がなければ約束を覆すのは難しいです。
ただ、あまりに高額だったという場合には、再度の交渉ができる余地があることもあります。

いったん、慰謝料の支払を約束したけれど、その後、慰謝料の減額に成功した事例について詳しくはこちらの事例もご参照ください。

なお、不倫の慰謝料を請求された際、相手方と話し合って、「強制執行認諾約款付の公正証書」を作成している場合、支払の約束を破った時は、裁判などをせずに財産を差し押さえられますので、注意が必要です。

慰謝料の支払を約束した場合
当事者間の口約束・単なる書面での約束
すぐに強制執行はされない
⇒強制執行のためには裁判などが必要
公正証書(強制執行認諾条項付き)での約束
すぐに強制執行される
(預金・給料などが差し押さえられる可能性あり)
裁判上での約束(和解)
すぐに強制執行される
(預金・給料などが差し押さえられる可能性あり)

慰謝料を請求された時に弁護士に依頼するメリット

不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されたという場合に弁護士に依頼するメリットは次のとおりです。

適正な慰謝料金額での交渉ができる

弁護士であれば、これまでの裁判例などを踏まえて、そもそも慰謝料の支払義務があるのか、あるとしていくらくらいの慰謝料が妥当なのか判断することができます。
適正と考えられる金額以上の慰謝料を請求された場合には、減額を目指して粘り強く交渉します。

また、将来、慰謝料をさらに請求されないような合意書を作成するなど、一方的に不利な条件で示談をしてしまうことを避けることができます。

相手との直接やり取りをしなくても良い

不貞の慰謝料請求の場合には、相手が感情的になり、冷静な話し合いができないこともあります。
弁護士が代わりに交渉することによって、冷静かつ早期に問題解決を図ります。

不倫をしてしまったとはいえ、あなたにも言い分はあると思います。

慰謝料を請求される場面では、一方的に相手から責められたり、高額な慰謝料を請求されて納得できないこともあるでしょうが、弁護士に依頼すれば、弁護士があなたに代わって交渉します。

慰謝料をされてお困りの方は、まずは弁護士に相談することをお勧めします。

【まとめ】慰謝料の請求を放置すると、裁判となって最終的に財産を差し押さえられるリスクがある

今回の記事のまとめは、次のとおりです。

  • 既婚者と不貞行為(自由な意思により、肉体関係を持つこと)に及んだ場合、不貞をされた側の配偶者から慰謝料請求をされる可能性がある。
  • 不貞行為がなかったとしても、既婚者と交際し、相手方の夫婦の平穏や円満な共同生活を侵害した場合には、慰謝料請求をされることがある。
  • 不倫相手が既婚者であると過失なく知らなかった場合、不倫前から夫婦関係が破綻していた場合、不貞が自由意思によらない場合は、不貞行為があっても慰謝料の請求を拒める余地がある。
  • 裁判上の慰謝料の相場は、離婚をした場合には100万~300万円、離婚をしていない場合には数十万~100万円。
  • 請求された慰謝料が相場よりも高額で、慰謝料の減額事由がある場合には、慰謝料の減額を交渉できる余地がある。
  • 慰謝料の請求を無視した場合、相手から慰謝料の支払を求める裁判を起こされるリスクがある。
  • 裁判を起こされて無視をすると、相手方の請求が全て認められる判決が出るため、裁判は絶対に無視してはいけない。
  • 慰謝料の支払を命じる判決が出た場合には、給料や預金などの財産が差し押さえられ、強制的に慰謝料を回収されてしまう。
  • 弁護士を依頼した場合には、次のメリットがある。
    1. 適正な金額での交渉ができる
    2. 相手と直接やり取りをしなくても良い

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫慰謝料を請求された事件の相談料は何度でも無料です。
また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため、費用倒れの心配はありません。
(以上につき、2022年4月時点)

浮気・不倫の慰謝料請求をされてお悩みの方は、浮気・不倫の慰謝料請求への対応を得意とするアディーレ法律事務所へご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています