あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

不倫している?でも証拠がない!探偵に依頼するポイント

作成日:
リーガライフラボ

【相談者】
夫の帰宅が夜遅くなったり、休日出勤が多くなったので、不倫しているのではないかと思いました。
そこで、夫が寝ている間に、夫のスマホを見てみました。
夫のスマホから次の証拠をみつけましたが、不倫の証拠になるでしょうか。
(1)一緒に食事したことがわかるやりとりと写真
(2)「好きだ」と言い合っているやりとり
(3)ラブホの一室の二人で写っている自撮り

不倫の証拠とは

不倫があったことを根拠として、不倫相手や配偶者に慰謝料を請求するためには、基本的に、肉体関係があったことの証拠が必要です。

不倫の証拠として使えるかどうかは、その証拠が、肉体関係を推認させる力が強いかどうか、反論の余地がどの程度あるかどうかで判断します。
例えば、ラブホテルでの宿泊がわかる証拠がある場合は、ラブホテルは一般的に肉体関係を持つことを目的とした人が利用することを前提としたホテルですから、肉体関係を推認させる力は強いです。
また、ラブホテルにカラオケ代わりに行っただけ、暑かったから休んだだけ等反論する人もいますが、このような反論に信ぴょう性はあまりありません。あえてラブホテルに宿泊したことの合理的理由とは言い難いからです。

今回の相談者は証拠を集めているので、一つ一つ、不倫の証拠になるかどうか見てみましょう

(1)一緒の食事

プライベートで会っていることがわかるやりとり、二人の食事中の写真だけでは、その二人の間に肉体関係があることまでは推認できませんので、不倫の証拠とはなりません。
「食事をしていただけ」という反論も可能ですね。

(2)好きだと告白

「好きだ」、「愛している」等、好意を伝えるやり取りだけでは、その二人に精神的なつながりはあっても、肉体関係があったことまでは推認できませんので、不倫の証拠とはなりません。
 「確かに好きだったか、それだけで、それ以上のことはしていない」と反論できます。

(3)ラブホで自撮り

 ラブホ内での自撮りであれば、肉体関係が推認できますので、不倫の証拠となります。
 あえてラブホに入って自撮りするような合理的な理由はないでしょうから、「ラブホに行っただけで何もしていない」と反論したとしても、あまり信ぴょう性はありません。

(4)証拠がない場合

最近不倫の証拠として多く利用されるのはスマホでやりとりされるメッセージや、スマホに保存されている写真です。
自分で不倫の証拠を確保できるのであれば、よいですが、自分で確保できない場合は、探偵の依頼を検討される方もいます。
次に、探偵を依頼するポイントを説明します。

探偵の費用

探偵の費用は安くありません。
複数人の調査員の時間を長時間拘束して雇うことになるのですから、当然と言えば当然です。
不貞慰謝料の裁判所の相場は、離婚した場合で100万~300万円程度、離婚しない場合で数十万~100万円程度です。
慰謝料の支払いの交渉においては、一般的に、かかった探偵費用を上乗せして請求することはありません。
裁判になれば、探偵費用を上乗せして請求できることもあり、探偵費用について支払いを命ずる裁判官もいますが、ケースバイケースですし、探偵費用が高額の場合は全額ではなく一部に限られることが多いです。
弁護士を雇って請求するのであれば弁護士費用も必要ですから、探偵費用が高額になると、かけた費用以上の慰謝料の回収はできなくなる可能性があります。
費用をかけて証拠を得られればいいですが、結局証拠を得られなかったということもあります。
ですから、探偵を雇う際には、費用には敏感になるべきです。
慰謝料の相場額以上の探偵費用がかかるのであれば、仮に証拠が得られたとしても費用倒れになる可能性が高いですから、慎重に判断するようにしてください。

探偵への依頼の仕方

配偶者の行動パターンを把握しており、事前に特定の日に不貞相手と会ってホテルに行く可能性が高いということがわかっていれば、ピンポイントで探偵を雇うのをお勧めします。
探偵にかかる費用を抑えることができ、証拠確保の見込みもあるためです。
配偶者の行動パターンがわからずに、浮気が疑わしいからとりあえず1週間の調査を依頼するといったことは、お金がいくらあっても足りませんし、証拠確保の見込みも不明なので、あまりお勧めできません。

証拠の保管方法

証拠が確保できたら、破棄・紛失しないように保管してください。
引っ越しで紛失したとか、証拠を見つけた配偶者に捨てられてしまったという話は少なくありません。電子データやコピーを取るなど、複数の媒体で複数の場所に保管するとよいでしょう。

まとめ

今回は不倫の証拠についてと、探偵に依頼するポイントを説明しました。
不倫の証拠が十分かどうかは判断に悩まれるかもしれませんので、その際は弁護士に相談するようにしましょう。
証拠がなく、探偵に相談するときには、納得できるまで話を聞いて、不明な点は質問するようにしましょう。費用の見積もりについても、きちんと受け取るようにしましょう。

浮気・不貞による慰謝料の
ご相談は何度でも無料

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

メールでお問い合わせ