あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

LINE(ライン)の画面は浮気の証拠になる?慰謝料請求のポイント

作成日:
リーガライフラボ

多くのスマホユーザーが使用している無料通話アプリ『LINE』。
便利なコミュニケーションツールですが、浮気のツールとしても利用されているようです。
「パートナーがLINEで浮気相手と連絡を取っているのでは」と疑ったことはありませんか?

もしも本当にパートナーが浮気をしているのであれば、二度と浮気に走らないよう、警告の意味でパートナーに対して慰謝料請求をするのもひとつの手です。
また、浮気相手に対しては、牽制する意味で慰謝料を請求することもありえます。

しかし、浮気を理由として慰謝料を請求するためには「証拠」が必要です。
では『LINE』を浮気の証拠にすることはできるでしょうか。

LINE(ライン)のトーク履歴は浮気の証拠になる

LINEのトーク履歴が浮気の慰謝料請求のためにどのように役に立つかを見てみましょう。

(1)LINE(ライン)は浮気の発見に役立つ

LINEをきっかけにパートナーの浮気を疑う事例が増えています。
パートナーのスマホの画面でLINEのトーク履歴を見てしまった場合や、たまたまメッセージが来た瞬間のスマホに上がるポップアップ通知の文面で浮気を見つけてしまうようです。

このような原因で簡単に浮気がバレる人もいますが、多くの場合、浮気する人は浮気を隠そうと対策を立てています。
対策の例としては以下のようなものがあります。

  • 通知の非表示:初期設定のままであれば、LINEにメッセージが届くとスマートフォンの画面に内容が表示されます。
    しかし、頻繁に浮気相手とやり取りを交わしている場合、浮気相手から来るLINEの通知が画面上に表示されることを避けるため、わざわざLINEの通知を非表示に設定を変更している可能性があります。
  • ライン自体をロック:スマートフォン本体のロック画面とは別に、LINEの設定として、LINEアプリ自体にロックをすることが可能です。
    浮気相手とLINEでやりとりしている人は、浮気を隠すためLINEにパスコードロックの設定をすることがあるようです。
  • 名前を変える:LINEは表示される友だちの名前を自由に設定できます。例えば、「みほ」「とものり」といった異性の下の名前であったり、「みほりん」「ともっち」などのニックネームの相手とのやり取りがあれば、親密な関係を悟られてしまいます。

そこで表示される名前を「部長」「営業課長」などに変えて表示することでカモフラージュしようとするのです。
プロフィールをタップすると本来設定されている名前も表示されますので、怪しいトーク履歴があれば確かめた方が良いかも知れません。

以上のような対策を立てた様子がパートナーのLINEに見られるのであれば、浮気を疑う場面ともいえます。

(2)慰謝料請求や離婚の証拠には不貞行為の要素が必要

LINEのトーク履歴やポップアップ通知、その他浮気発覚を防ぐ対策がされている設定などから浮気を発見することができるかも知れません。
しかしいざ、その浮気を追及するとなれば、慰謝料請求や離婚の条件ともなる浮気であること、つまり「不貞行為」の立証が必要となります。
LINEを浮気の証拠にするには、不貞行為がわかるものでなければならないのです。

「不貞行為」とは、肉体関係を持つことです。
未婚、既婚を問わず、肉体関係がなければ不貞行為とはなりません。
例えば、写真データの中に抱き合っている写真や動画などがあれば重要な証拠となるでしょう。

もっとも、文章だけでも送信前後に肉体関係があることを窺わせる文面であれば不貞行為の証拠となる可能性があります。
「また泊りに来てね。あなたとのエッチは最高!」などは、肉体関係があったことが記されているので、不貞行為として認められる可能性が高いでしょう。

LINEの文面からでは肉体関係があったことそのものズバリな証拠はつかめないかも知れません。
しかしその場合でも、浮気相手へのプレゼント交付の事実、高級ホテルでの食事に連れて行ったことなど、浮気相手との親し気な行為があったことが認められる場合、慰謝料請求の交渉で役立つこともあります。

浮気の証拠をLINE(ライン)で得る方法と注意点

LINEを証拠として押さえるときには注意しなければならないことがあります。

(1)勝手に相手のスマホを見るのは違法?

相手のスマホを盗み見たとしても、「刑法上」の「犯罪」にはなりません。

しかし、プライバシー権の侵害として、民法上の不法行為として損害賠償を請求される可能性があります。
また、せっかく不貞の証拠を手に入れても、プライバシー侵害の程度によっては「許容されないプライバシー侵害」として、証拠として使えないケースもあります。

パートナーのスマホをチェックする人は多いようですが、法に触れない方法で証拠を押さえることが大切です。

(2)LINE(ライン)の画像をそのまま撮影する

法に触れない方法としては、まず「通知のポップアップ画面を撮影する方法」が挙げられます。その場合には、不貞行為がわかる部分のほか、スマホ本体も一緒に撮影しましょう。

また、送信日時や送信者をわかるようにすることを意識してください。
誰のスマホか分からなければパートナーが不貞をした証拠としては不十分です。

(3)相手を説得しLINE(ライン)を見せてもらう

合法的にスマホを見る方法としては、他には、相手を説得して本人から見せてもらうことが挙げられます。

「ムリ」と思うかも知れませんが、そうとばかりは言えません。
他の証拠を突き付けることにより、パートナーが浮気を認めている場合「反省するというならスマホを見せて」など、交渉によっては相手が自らスマホを差し出すこともあります。
その場合には、見るだけではなく、しっかりとスマホ本体と証拠となる箇所の撮影はしておきましょう。
ただし、相手にスマホを見せることを強要すると強要罪(刑法223条)になる可能性があるので、ご注意ください。

(4)不貞行為の故意・過失の証拠を押さえる

浮気相手への慰謝料請求をするためには、民法上の「不法行為」ですから、加害者であるパートナーや不倫相手に「故意・過失」という主観的要件が必要となります。

故意とは「ある事実を知っていたこと」
過失とは「不注意によってある事実を知らなかったこと」

不倫の場合ですと、

「既婚者であることを知っていたこと」
「既婚者であることを不注意で知らなかったこと」

この事実が認められれば「故意・過失」があると言えます。

LINEを証拠として押さえるにあたって、LINEのトーク履歴などにより、この「故意・過失」の要件を満たしているかを確認しましょう。

例えば、妻や奥さん、旦那など、配偶者に関する文面は不貞行為の証拠になります。「先日の旅行、奥さんにはなんて説明したの?」といった内容などです。
このような文面をLINEのトーク履歴などで見つけた場合には証拠として残しておくことにより「既婚者と知らなかった」などと言い逃れを防ぐことができます。

LINE(ライン)以外で浮気の証拠となるもの

LINEの文面から「極めて親し気」で「男女関係をにおわせる」ようなものが読み取れる場合であっても、それが不倫の証拠としては足りない場合もあります。

そこで、ほかの証拠を集め、LINEと合わせることにより不倫が認められる可能性を高めることも可能です。

例えば、以下のような証拠を集められないかを検討してみましょう。

  • 肉体関係を確認できる画像や動画配偶者が不倫相手と一緒にホテルに出入りするところを撮影したものなど。
  • 通話記録配偶者と携帯電話の契約を家族契約にしている場合に、自分が契約者となっていれば、配偶者の通話履歴も取り寄せることができます。
    夜中の不自然な時間帯の通話や、同じ相手との頻繁で長時間の通話、このような通話記録から不倫の事実を推測できる可能性があります。
  • 交通系ICカードや領収書、クレジットカードの利用明細領収書やカードの利用履歴などから、ホテル料金や、ホテルへ行くための交通ルートが判明するかも知れません。
    これは「ホテルで不倫行為をした」ことを推認するために役に立つので、証拠となる可能性があります。

証拠で浮気を認めたら自認書(じにんしょ)を作成

LINEのトーク履歴などを理由に配偶者に浮気を認めさせることができるかも知れません。
この機会に「自認書」を作成すれば、後に慰謝料請求や裁判離婚の際に使える不倫の「証拠」となりますので、このチャンスを無駄にしないようにしましょう。

不倫の自認書とは、浮気・不倫を認めたことを書面にすることです。
ですが、実際に作成された自認書には「不倫」の事実を認める文面になっていないものも多く見られます。
例えば
「あなたを傷つける行為をしたことを謝罪いたします」
「不適切な行為があったことを認めます」
このような文面では、不倫の証拠としては不十分です。

浮気をした時期や相手の名前、関係の詳細を記載することが大切です。
そして、不倫をした配偶者に自筆で書かせ、署名押印をさせるようにしましょう。

【まとめ】浮気の証拠探しでお悩みの方は弁護士にご相談ください

浮気を理由に慰謝料請求する場合は不貞行為の証拠が必要となります。
スマホのLINEは浮気の証拠をつかむために有効な方法ですが、勝手にスマホを見ると民法のプライバシー侵害、無理やりの場合は強要罪に触れる可能性があるのでご注意ください。

証拠を押さえるにはポップアップ画面の撮影や、説得して本人に見せてもらうといった、法に触れない手段で行いましょう。
LINEによる証拠が慰謝料請求のために不十分であったとしても、これをきっかけに配偶者が浮気を認める場合もあります。
配偶者が浮気を認めた場合、自認書を作成すると慰謝料請求に利用できます。

もっとも、パートナーに不倫をされることは精神的にショックの大きいことですから、いざとなると冷静に行動できないことが予想できます。
そのため、特に慰謝料請求を考えている方は浮気問題に強い弁護士へご相談されることをおすすめします。

アディーレ法律事務所では、不貞行為による慰謝料請求をお取り扱いしております。不貞行為による慰謝料請求でお悩みの方は、アディーレ法律事務所にご相談ください。

離婚・浮気による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

よく見られている記事

浮気・不貞による慰謝料の
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中