あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

B型肝炎給付金を貰うための条件は?病態別に貰える金額を解説

作成日:更新日:
リーガライフラボ

B型肝炎給付金を貰うためには、B型肝炎ウイルスに長期間感染しているなど、いくつかの条件を満たす必要があります。
また、B型肝炎ウイルスにより重度の肝硬変になった場合には、最大3600万円、無症状の場合には、最大600万円など、病態別に貰える金額が決まっています。
B型肝炎給付金を貰うための条件や、病態別に貰える金額を、弁護士がわかりやすく解説いたします。

B型肝炎給付金を貰った人と貰えなかった人の違いは?

B型肝炎給付金を貰うためには、国に対して損害賠償を求める訴訟をして、支給対象者として認定される(和解する)必要があります。

そして、B型肝炎給付金の支給対象者となるのは、1948年(昭和23年)7月1日から1988年(昭和63年)1月27日までの間の、幼少期の集団予防接種等(※)により、B型肝炎ウイルスに持続感染した方(一次感染者)です。
この一次感染者からB型肝炎ウイルスがうつった二次感染者、三次感染者も、B型肝炎給付金の対象者となることがあります。
さらに、これらの方の相続人も、B型肝炎給付金の支給対象者となることがあります。
※集団予防接種等とは、集団で受けた予防接種またはツベルクリン反応検査をいいます。以下同じ

参考:B型肝炎訴訟について | 厚生労働省

一次感染者の方(集団予防接種による感染)

B型肝炎給付金を貰える一次感染者は、次のような方です。

1941年(昭和16年)7月2日から1988年(昭和63年)1月27日までの間に出生
       ↓
満7歳の誕生日前日までに、集団予防接種等でB型肝炎に感染

具体的には、次の条件を満たす必要があります。

  • 出生日:1941年(昭和16年)7月2日~1988年(昭和63年)1月27日
  • 満7歳誕生日前日までに集団予防接種等を受けていること
  • B型肝炎ウイルスに持続感染していること
    ※検査結果や医学的知見を踏まえて持続感染(長期間の感染)をしているか判断されます。
  • 集団予防接種等以外の感染原因がないこと(母子感染、輸血による感染などではないこと)

B型肝炎給付金の受給対象者について詳しくはコチラをご確認ください。

二次感染者の方(母子感染・父子感染)

B型肝炎給付金を貰える二次感染者は、次のような方です。

二次感染:母から子への、母子感染の場合

母親が、1941年(昭和16年)7月2日から1988年(昭和63年)1月27日までの間に出生
        ↓
母親が満7歳の誕生日前日までに、集団予防接種等でB型肝炎に感染(一次感染)
        ↓
子の妊娠中または子を出産する際に、母親から子にB型肝炎がうつった(二次感染)

※なお、1986年(昭和61年)以降は、母子感染を防止する措置が徹底されています。しかし、確率は低いながらも、1986年(昭和61年)以降の妊娠または出産でも母子感染している事例はあります。

二次感染:父から子への、父子感染の場合

父親が、1941年(昭和16年)7月2日から1988年(昭和63年)1月27日までの間に出生
        ↓
父親が満7歳の誕生日前日までに、集団予防接種等でB型肝炎に感染(一次感染)
        ↓
父親が子に、口移しで食べ物を与えるなどして、父親から子にB型肝炎が移った(二次感染)

具体的には、次の条件を満たす必要があります。

  • 親が一次感染者の要件を全て満たすこと
  • 本人(上記親の子)がB型肝炎に持続感染していること
  • 母子感染又は父子感染であること

B型肝炎給付金の受給対象者について詳しくはコチラをご確認ください。

三次感染者の方(母子感染・父子感染)

B型肝炎給付金を貰える三次感染者は次のような方です。

祖母から母、母から子への感染の場合

祖母が、1941年(昭和16年)7月2日から1988年(昭和63年)1月27日までの間に出生
        ↓
祖母が満7歳の誕生日前日までに、集団予防接種等でB型肝炎に感染(一次感染)
        ↓
祖母が、母を妊娠中または母を出産する際に、祖母から母にB型肝炎が移った(二次感染)
        ↓
母が、子を出産する際に、子にB型肝炎が移った(三次感染)

祖母から父、父から子への感染の場合

祖母が、昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までの間に出生
        ↓
祖母が満7歳の誕生日前日までに、集団予防接種等でB型肝炎に感染(一次感染)
        ↓
祖母が、父を妊娠中または父を出産する際に、父にB型肝炎が移った(二次感染)
        ↓
父が、子に、口移しで食べ物を与えるなどして、父から子にB型肝炎が移った(三次感染)

具体的には、次の条件を満たす必要があります。

  • 母または父が祖母から母子感染し、母と父が二次感染者の要件をすべて満たしていること
  • 本人(子)がB型肝炎ウイルスに持続感染していること
  • 二次感染者(母)から三次感染者(子)への感染原因が母子感染であること
    または二次感染者(父)から三次感染者(子)への感染原因が父子感染であること

B型肝炎給付金の受給対象者について詳しくはコチラをご確認ください。

相続人

B型肝炎給付金を貰える対象であった方が、B型肝炎給付金を貰う手続きをせずに亡くなってしまった場合は、その亡くなった方の相続人もB型肝炎給付金を貰う手続きをすることができます(他の相続人がすでに、B型肝炎給付金を貰う手続きをした場合は除きます。)。

対象外となる場合

以下のいずれかの場合に該当すると、B型肝炎給付金は貰えません。

  • 一過性感染の場合
    B型肝炎給付金は、B型肝炎ウイルスに「持続感染」している場合に貰えます。
    持続感染とは、簡単にいえば「長期間感染している状態」です。
    短期間感染している場合(一過性感染)は、B型肝炎給付金は貰えません。
    持続感染か一過性感染かは、検査結果や医学的知見により判断されます。
  • 「ジェノタイプAe」という種類に感染している場合
    ジェノタイプというのは遺伝子の型です。血液型のようなものとお考えいただくと分かりやすいかと思います。
    B型肝炎ウイルスのジェノタイプにはA型、B型、C型など様々な主要な型があり、そのうち、A型をさらに分類すると、Aa型やAe型というものがあります。

厚生労働省は、ジェノタイプAeのB型肝炎ウイルスは、日本では、「1996年年(平成8年)以降」に感染例が確認されるようになったという立場を取っています。
そして、B型肝炎給付金の対象者は、「1948年(昭和23年)~1988年(昭和63年)」にB型肝炎ウイルスに感染した人や、その人からの二次感染者、三次感染者です。
二次感染者、三次感染者は、一次感染者と同じ型のB型肝炎ウイルスに感染しています。
そのため、ジェノタイプAeのB型肝炎ウイルスに感染していると、一次感染者が1996年(平成8年)以降に感染したことを疑わせる事情になってしまいます。
また、ジェノタイプAeの場合は、成人後の感染でも持続感染してしまうことがあります。
他のタイプのB型肝炎ウイルスに感染した場合は、幼少期に感染していない限り、原則として持続感染しません。
B型肝炎給付金は、「幼少期」の集団予防接種等でB型肝炎ウイルスに感染したことが条件となっているところ、ジェノタイプAeの場合は、幼少期以外の時期における感染を疑わせる事情になってしまうのです。

このようにジェノタイプAeの場合、
(1)ジェノタイプAeの国内での感染例が増加したのは1996年(平成8年)以降
(2)成人後の感染でも持続感染してしまう
という特徴があります。
そのため、「1948年(昭和23年)~1988年(昭和63年)」の「幼少期」の集団予防接種等を原因としてジェノタイプAeに感染する可能性は極めて低いと言わざるを得ない状況にあります。
このため、ジェノタイプAeに感染している場合は、B型肝炎給付金の対象外となります。

  • 生年月日が対象期間に入らない場合
    一次感染者の方が、1948年(昭和16年)7月2日から1988年(昭和63年)1月27日の間に出生していない場合は、B型肝炎ウイルス給付金は貰えません。
  • 集団予防接種等以外で感染した場合(一次感染者の場合) 
    B型肝炎給付金の対象となるのは、一次感染者が集団予防接種等で感染している場合です。
    一次感染者が、集団予防接種等以外の原因でB型肝炎ウイルスに感染した場合は、B型肝炎給付金はもらえません。
    例えば、一次感染者が、輸血を原因として、B型肝炎ウイルスに感染した場合には、B型肝炎給付金は貰えません。

発症していなくても無症候性キャリアとして給付金が貰える

B型肝炎ウイルスに持続感染していても、肝硬変、慢性肝炎、肝がんなどの特定の症状を発症していない状態を無症候性キャリアといいます。
簡単にいえば、「無症状」の状態です。
この無症候性キャリアの方もB型肝炎給付金を貰えますし、現在は感染状態を脱した方であっても、過去に無症候性キャリアだったのであれば、B型肝炎給付金を貰うことができます。

B型肝炎給付金で貰える金額

B型肝炎給付金で貰える金額は50万~3600万円ですが、症状により、貰える給付金の額が異なります(詳しくは後述の給付金の金額一覧をご覧ください)。

ここで、期間制限に注意が必要です。
期間制限とは、「一定の期間が経過すると、法的には、貰う権利がなくなる」というものです。
B型肝炎給付の場合、期間制限が経過した後に請求しても、政策的に、B型肝炎給付金を貰える制度になっていますが、貰える給付金は大幅に減ります。
以下の各時点(起算点)から20年経過すると、期間制限が経過し、貰えるB型肝炎給付金の額が減ってしまいます。

  • 無症候性キャリア(無症状)の場合:集団予防接種等を受けた日(二次感染者、三次感染者については生まれた日等)
  • 慢性肝炎など特定の症状を発症した場合:その症状が発症した日
  • 亡くなった場合:亡くなった日

【給付金の額一覧】

症状給付金
(期間制限経過前)
給付金
(期間制限経過後)
死亡・肝がん、
肝硬変(重度)
3600万円900万円
肝硬変(軽度)2500万円(1)現に治療を受けている方等
→600万円
(2)上記以外
→300万円
慢性肝炎1250万円(1)現に治療を受けている方等
→300万円
(2)上記以外
→150万円
無症候性キャリア600万円50万円+定期検査費の支給等

参考:B型肝炎訴訟について(救済対象の方に給付金をお支払いします) | 厚生労働省

追加給付金請求とは

B型肝炎給付金を貰った後に、病状が悪化して、新たな症状が発生したりした場合、その新たな症状に応じた金額を追加で請求できます(追加給付金)。
この場合、既に貰ったB型肝炎給付金との差額分を、貰うことになります。
例えば、軽度の肝硬変(2500万円)から重度の肝硬変(3600万円)に悪化した場合、差額分の1100万円を貰えます。

また、先ほどご紹介した、症状がある場合の期間制限の起算点は「発症したときから」です。
そのため、発症してすぐに追加給付金を請求すれば、新しく発生した症状分については、期間制限が経過していない扱いとなり、多額のB型肝炎給付金を貰えることになります。

例えば、1998年に慢性肝炎を発症し、2019年に治療しながら、B型肝炎訴訟を提起したとします。
この場合、期間制限20年が経過しているので、B型肝炎給付金は300万円になります。
この後の2020年に、肝硬変(軽度)が発症すると、肝硬変(軽度)については2040年まで期間制限は経過しません。

そのため、肝硬変が発症してすぐに、追加給付金を請求すると、

2500万円(軽度の肝硬変が発症した分)―300万円(前回貰った分)=2200万円

が貰えることになります。

なお、新たな症状に該当することを知ってから5年以内に請求しないと、追加給付金を貰う権利を失ってしまいますので、注意しましょう。

期間制限を経過した無症候性キャリアの方は、定期検査費用等も貰える

20年の期間制限が経過した無症候性キャリアの方の場合、B型肝炎給付金50万円以外にも以下のお金が貰えます。

(1)慢性肝炎または肝がんの発症を確認するための定期検査費等

慢性肝炎または肝がんが発症していないか確認するための一定の定期検査費用や、血液検査・画像検査に伴う一定の診療行為等に必要な費用が貰えます。
なお、検査項目に応じて、年間(※)2~4回が上限となります。

※ここでいう年間とは、1~12月のことです。以下同じ。

(2)定期検査手当

(1)の定期検査を受けた方は、定期検査1回につき1万5000円を貰えます。
なお、年間2回(合計3万円)が上限となります。

(3)母子感染防止のための医療費

現在では出産の際、B型肝炎ウイルスの母子感染防止のため、ワクチンの投与等が行われます。
国との和解成立後の出産の際に、B型肝炎ウイルスの母子感染防止のために要した一定の費用が貰えます。
具体的には、

  • 一定のワクチンの投与等の費用
  • これに伴う一定の検査の費用
  • この検査に伴う一定の診療行為等に必要な費用

が貰えます。
なお、検査項目等に応じて、子一人につき、1~3回が上限となります。

(4)世帯内感染防止のための医療費

国との和解成立後に、新たに同居することになった家族((3)の母子感染防止措置で支給対象となった子を除く)がB型肝炎ウイルスに感染することを防止するため、ワクチン投与等をした場合には、一定の費用が貰えます。
具体的には、

  • ワクチン投与の費用
  • これに伴う血液検査の費用

が貰えます。
なお、以下の上限回数があります。

  • 血液検査・・・ワクチン投与前後に、それぞれ1回まで
  • ワクチン投与・・・同居している家族1人につき原則3回まで

参考:B型肝炎訴訟について(救済対象の方に給付金をお支払いします) | 厚生労働省

弁護士費用の一部も貰える

B型肝炎訴訟の和解協議にあたり、弁護士や弁護士法人に報酬を支払う場合には、和解が成立すると、各給付額の4%の額が、訴訟手当金として、国から貰えます。

例えば、肝がんになって、3600万円の給付金をもらう場合、別途、
3600万円×4%=144万円
が、訴訟手当金として、貰えます。

(まとめ)B型肝炎給付金についての相談は、アディーレ法律事務所へ

B型肝炎給付金はその対象となる人が、国に対して訴訟をして和解すると、貰えるお金です。B型肝炎給付金は、最大で3600万円です。
また、病状が悪化し、新たな症状を発症したりすると追加給付金が貰えます。
さらに、弁護士に有償で依頼した場合には、弁護士費用の一部も国から貰えます。

アディーレ法律事務所では、B型肝炎給付金につき専門的にお取り扱いしております。B型肝炎給付金が貰えるのかどうか迷ったらアディーレ法律事務所へご相談ください。

B型肝炎に関するご相談は何度でも無料

弁護士費用は安心の成功報酬制!

ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。

お電話によるご相談だけでなく、お近くの本店・支店にお越しいただいてのご相談も可能です。

ゼロイチニーゼロ ハヤイ キュウフヲ

0120-881-920

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

もしくは

B型肝炎給付金請求のメリット満載の資料を無料でご提供します!

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

B型肝炎に関するメリット満載

B型肝炎に関する
ご相談は何度でも無料

0120-881-920

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

メールでお問い合わせ