あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

B型肝炎給付金の受給手続を弁護士に頼んだ場合の費用について解説

作成日:更新日:
yamazaki_sakura

「B型肝炎給付金の受給手続を弁護士に依頼したいんだけれど、費用ってどれくらいになるの?生活が苦しく弁護士費用を用意できない…」

弁護士に依頼する場合の費用は、大きく分けると、1.相談料、2.着手金、3.報酬、4.実費に分かれます。

実は、B型肝炎給付金に関しては、1.相談料、2.着手金を無料としている事務所が多くあります。また、報酬についても、給付金が支給された場合に、その支給された給付金の中からお支払いいただく(給付金が支給されない場合は、報酬ゼロ)いう仕組みがとられている事務所がほとんどです。

そのため、法律事務所によっては、基本的に手持ちのお金がなくとも、安心して、給付金の受給手続を弁護士に依頼することが可能となります。

本記事では、

  • 弁護士費用の仕組み
  • B型肝炎給付金の受給手続を弁護士に依頼した場合の費用の相場

について解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 大西 亜希子

香川大学、早稲田大学大学院、及び広島修道大学法科大学院卒。2017年よりB型肝炎部門の統括者。また、2019年よりアスベスト(石綿)訴訟の統括者も兼任。被害を受けた方々に寄り添うことを第一とし、「身近な」法律事務所であり続けられるよう奮闘している。東京弁護士会所属。

B型肝炎に関するご相談は何度でも無料

弁護士費用は安心の成功報酬制!

ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

お電話によるご相談だけでなく、お近くの本店・支店にお越しいただいてのご相談も可能です

そもそも弁護士費用ってどういう仕組みになってるの?

そもそも弁護士に依頼する場合の費用の仕組みはどのようになっているのでしょうか?
弁護士に依頼する場合の費用は、おおよそ、1.相談料、2.着手金、3.報酬、4.実費に分かれます。

(1)相談料

相談料とは、弁護士に対して法律相談をする際にかかる費用です。弁護士に依頼する場合、通常、まず最初に法律相談をして、弁護士から法的見解やアドバイス等を受けつつ、その弁護士に依頼するかどうかを決めます。

(2)着手金

着手金とは、弁護士に事件を依頼した段階で支払う費用です。この着手金は、事件の結果に関係なく、成功・不成功を問わず返金されないのが通常です。

(3)報酬

報酬とは、弁護士に依頼した事件が成功に終わった場合に、事件終了の段階で支払う費用です。着手金とは異なり、報酬の支払いが必要になるのは事件が成功に終わった場合だけであり、事件が不成功に終わった場合には、報酬を支払う必要はありません。

(4)実費

実費とは、事件処理のために実際に出費される費用のことで、資料収集等に必要となる費用や、訴訟を提起する場合に必要となる印紙代等です。この実費については、依頼者が負担するのが通常です。

(5)まとめ

相談料や着手金が必要となると、最初にある程度の費用がかかってしまうので、あらかじめ金銭的な余裕がないと弁護士に依頼するのは難しいかもしれません。
しかし、次にご説明するとおり、B型肝炎給付金については、相談料や着手金が無料という事務所が多いですので、このような事務所を選ぶと弁護士への依頼がしやすくなります。

B型肝炎給付金の受給手続を弁護士に依頼した場合の費用の相場は?

B型肝炎給付金の受給手続を弁護士に依頼した場合の費用の相場は次のようになっています。

相談料無料のところが多い
着手金無料のところが多い
報酬給付金額のうち16~20%程度(ただし、弁護士に依頼して和解となった場合は、訴訟手当金として給付金額の4%分が支給されるため、報酬の実質的負担額が給付金額の4%分減額される)。給付金支給後に給付金の中から報酬を支払えばよいとする後払い制が多い
実費印紙代や医療機関等への資料請求にかかる費用(カルテ開示にかかる費用など)は依頼者負担

※2022年2月時点での情報となります

アディーレ法律事務所にB型肝炎給付金の受給手続を依頼した場合の費用は?

ここで、アディーレ法律事務所にB型肝炎給付金の受給手続を依頼した場合の弁護士費用についてご説明します。

(1)相談料及び着手金は無料

アディーレ法律事務所の場合、B型肝炎給付金についての相談は、何度行っていただいても無料です。
また、B型肝炎給付金の受給手続を依頼する場合、着手金はいただいておりません。

(2)報酬及び訴訟実費は後払い制

報酬については、給付金が支給された後に、その支給された給付金から給付金額の18.7%(税込。ただし、先ほどご紹介した訴訟手当金(給付金額の4%)により、ご依頼者様の実質的負担は、給付金額の14.7%になります)の報酬をお支払いしていただくこととなっています。
ただし、最低報酬額は18万7000円(税込)となっております。
また、提訴にかかる収入印紙代ついても、給付金が支給されてからの後払いとなります(※)。

このようにアディーレ法律事務所にご依頼いただいた場合、給付金の受給まで弁護士費用の心配をすることなく受給手続を進めることができます。

※医療機関等への資料収集にかかる費用(例えば、医療記録の請求にかかる費用等)については、ご依頼者様にその都度ご負担いただくことになっておりますので、あらかじめご承知おきください。

※また、委任事務を終了するまでに契約を解除した場合、例外として成果がない場合(給付金が受給できない場合)にも解除までの費用として事案の進行状況に応じた弁護士費用をお支払いただく場合があります。

(3)実際に依頼した場合にかかる報酬額と受け取れる金額

ここで、アディーレ法律事務所に依頼した場合、いくらの給付金を受ければ、いくらの弁護士費用がかかるのかを見てみましょう。

病態除斥期間等の経過の有無給付金額アディーレ法律事務所に払う報酬(税込)※1国からもらえる訴訟手当金の額給付金と訴訟手当金の総額から報酬を引いた残額※2
死亡・肝がん・肝硬変(重度)除斥期間等が経過していない方3600万円673万2000円144万円3070万8000円
除斥期間等が経過している方900万円168万3000円36万円767万7000円
肝硬変(軽度)除斥期間等が経過していない方2500万円467万5000円100万円2132万5000円
除斥期間等が経過している方のうち、現に治療を受けている方等600万円112万2000円24万円511万8000円
除斥期間等が経過している方で、上記以外の方300万円56万1000円12万円255万9000円
慢性肝炎除斥期間等が経過していない方1250万円233万7500円50万円1066万2500円
除斥期間等が経過していない方で、現に治療を受けている方等300万円56万1000円12万円255万9000円
除斥期間等が経過していない方で、上記以外の方150万円28万9850円6万円127万円150円
無症候性キャリア除斥期間等が経過していない方600万円112万2000円24万円511万8000円
除斥期間等が経過している方50万円 + 定期検査費の支給等の政策対応18万7000円2万円33万3000円

※1 2022年2月時点での報酬基準に従った額となります。
※2 別途、訴訟実費等をお支払いいただきます。

例えば、除斥期間等が経過していない軽度の肝硬変の方の場合、次のようになります。

(4)手数料無料で資料の収集代行

B型肝炎給付金の受給手続においては、訴訟に提出すべき必要資料の選定や収集が非常に重要となってきます。

もっとも、必要資料の選定や収集には、専門的知識が必要不可欠であり、また、多大な労力と時間が必要となることも稀ではありません。
事案によっては、カルテを取り寄せるために何度も何度も医療機関に連絡しなければならないこともあります。

アディーレ法律事務所では、手数料無料で必要資料の選定や収集の代行をいたしております(ただし母子手帳等一部の書類は対象外です)。

(5)他事務所で受任をお断りされた方の受給手続もお任せを

アディーレ法律事務所では、「要件を満たさない」、「資料が集まらない」などの理由で他事務所から受任を断られた方のご相談もお待ちしております。
アディーレ法律事務所では、他事務所で受任を断られた案件についても、国と和解を成立させ、B型肝炎給付金を受給できたこともあります((注)和解できるかどうかは個別の事案によって異なります)。

他事務所で受任をお断りされた方も、決してあきらめず、アディーレ法律事務所にぜひともご相談ください。

【まとめ】B型肝炎給付金の受給手続を弁護士に頼んだ場合、相談料・着手金無料で、報酬は後払い制のことが多い

本記事をまとめると次のようになります。

  • 弁護士費用の内訳は、おおよそ1.相談料、2.着手金、3.報酬、4.実費に分けられる
  • アディーレ法律事務所にB型肝炎給付金の受給手続を依頼する場合、相談料と着手金は無料で、報酬は後払い制となる。報酬は、国から支給される訴訟手当金により、ご依頼者様の実質的負担額は、給付金額の14.7%(最低実質的負担額16万7000円)となる
  • アディーレ法律事務所では、資料の収集代行を手数料無料で行っている。また、他事務所で受任を断られた案件でも、和解を成立させたこともある

B型肝炎訴訟・給付金請求に関しては、B型肝炎訴訟・給付金請求を得意とするアディーレ法律事務所にご相談ください。

弁護士法人アディーレ法律事務所のチャンネル

B型肝炎に関するメリット満載

B型肝炎に関するご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-881-920
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています

弁護士法人アディーレ法律事務所のチャンネル