あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

不倫を認めてくれない!それでも慰謝料請求できる? 弁護士が解説

作成日:更新日:
kiriu_sakura

配偶者や不倫相手が頑なに不倫を認めない場合、慰謝料請求は難しいのではないかと考えてはいませんか?

配偶者や不倫相手が頑なに不倫を認めない場合であっても、不倫をしていたという証拠を集めることで、慰謝料請求を有利に進めることは可能です。

不倫をしていたという証拠があれば、相手に不倫を認めさせ、裁判にいかずとも示談という形での慰謝料請求もできるケースもあります。

ここで、不倫の慰謝料請求に有利になる証拠とはどういった証拠なのか、証拠が十分にない場合の対処法などについて知っておきましょう。

この記事では、

  • 慰謝料請求に必要な証拠
  • 不倫の証拠が十分にない場合の対処法

について、弁護士が詳しく解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

不倫を認めない場合でも慰謝料請求は可能!

本人が不倫を認めない場合であっても、慰謝料請求することは可能です。

例えば、不倫の証拠(配偶者と不倫相手がラブホテルに出入りしている写真など)があれば、たとえ本人が不倫を認めていなくても、客観的に見れば配偶者と不倫相手との間に肉体関係があり、不倫関係にあったことは明らかといえるでしょう。

客観的に不倫関係にあったことが明らかといえる場合には、たとえ本人が不倫を認めていなくても不倫慰謝料を請求することは可能といえます。

なお、配偶者が不倫を認めず、不倫相手の住所や連絡先が分からない場合でも調べることが可能なケースがあります。不倫相手の住所や連絡先についてわからずお困りの方はこちらの記事をご覧ください。

浮気や不倫相手の住所や連絡先がわかる!「弁護士会照会制度」とは?

不倫を認めていない場合でも不倫の証拠になるもの

本人が不倫を認めない場合であっても、写真や動画など不倫の強力な証拠があれば慰謝料請求を有利に進めることができます。

どういった証拠が不倫の証拠となるのかについて説明します。

(1)不倫の証拠になるもの

不倫によって慰謝料が請求できるのかの鍵は、不貞行為(肉体関係を伴う不倫)の有無にあります。

不貞行為(肉体関係を伴う不倫)があったことを示す証拠としては、例えば次のような証拠が挙げられます。

  1. 写真や動画
  2. メール、SNS
  3. 調査報告書
  4. ラブホテルなど宿泊施設を利用したクレカの明細やレシート
  5. 不倫を自白した録音(相当事者が認めている場合)
  6. 手帳、日記、メモ
  7. GPS

それぞれ説明します。

(1-1)写真や動画

写真は、写っている場面により、証拠価値が異なってきます。
写真は、誰の写真なのか、どんな場面が写っているのかの2点に着目する必要があります。

  • 誰の写真なのか?
    具体的には、配偶者と不倫相手の顔がはっきり写っているか、もしくは、あざ等の身体的特徴で配偶者と不倫相手が写っていることがわかるかが重要です。
    誰かわからない写真は別の人の写真であると言い逃れされてしまいます。
  • どんな場面が写っているのか?
    配偶者と不倫相手が一緒に写っていて、ラブホテルに出入りする写真や性行為中の写真であれば、配偶者と不倫相手が肉体関係を伴う不倫をしていたことを証明する有力な証拠となります。
    一方で、配偶者と不倫相手が二人でご飯をしている写真などでは仕事でご飯を食べただけなど言い逃れされてしまいます。

例えば、次のような写真があれば、不倫の有力な証拠となるといえるでしょう。

  • 不倫相手との裸(下着姿)のツーショット写真
  • 夫(妻)が撮った不倫相手の裸(半裸)の写真
  • ラブホテル内と思われる場所でのツーショット写真
  • 性交渉中の写真(相手が不倫相手であることがわかる)
証拠品証拠の内容有利になりなりやすい証拠
写真や動画ホテルなどに出入りしている写真・動画
性行為の写真やそれに近い写真・動画
誰が写っているかわからない写真・動画
配偶者と不倫相手が映っているだけの写真・動画(例:二人で食事している写真)

(1-2)メール、SNS

不倫の証拠として、メールやSNSは証拠として非常に重要な意味を持っています。

例えば、文章だけのやりとりでも送信前後に肉体関係があることを窺わせる文面であれば不貞行為の証拠となる可能性があります。

例えば、次のようなやりとりがあった場合には、肉体関係があったことが記されているので、不貞行為として認められる可能性が高いでしょう。

  • 不倫相手に対する「エッチをしよう、エッチをした」などの文言
  • 「気持ちよかったよ」「またしようね」など肉体関係があったことをうかがわせる内容(「好きだよ」「会いたい」では肉体関係があることまではわからない)
  • 不倫相手とラブホテルで過ごしたことをうかがわせる内容
  • 不倫相手と二人で泊りがけの旅行に行ったことをうかがわせる内容
  • 不倫相手の自宅で二人きりで長時間過ごしたことをうかがわせる内容
証拠品証拠の内容有利になりなりやすい証拠
メール、SNS(LINE・Facebookなど)肉体関係があったと推測できる内容
肉体関係が確認できない日常的な内容
LINE(ライン)の画面は浮気の証拠になる?慰謝料請求のポイント

(1-3)調査報告書

いわゆる探偵による写真付きの調査報告書のことをいいます。その内容は様々なため、しっかり確認し、何の事実がその調査報告書からわかるのかを見極めておきましょう。

例えば、次のような内容を確認するようにしましょう。

  • 不倫相手の名前、住所、勤務先、家族構成とりわけ婚姻の有無
  • 調査期間中にどのような行動が確認できるか(調査期間中の配偶者と不倫相手の行動)

不倫の証拠を集める際の探偵に依頼するポイントを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

不倫の証拠を集めたい!探偵に依頼するときに気を付けるべきこと

(1-4)ラブホテルなど宿泊施設を利用したクレカの明細やレシート

肉体関係を伴う不倫の証拠にするためには、ラブホテルを利用したことが重要となります。
シティーホテルやビジネスホテルである場合は出張や仕事で宿泊しただけであると言い訳されてしまう可能性があるからです。

ただし、配偶者や不倫相手の間で仕事上の関係がないにもかかわらず、シティーホテルやビジネスホテルを同宿したという事情が証拠からわかる場合には、ラブホテルでなくても肉体関係を伴う不倫を伺わせる証拠となりえます。

(1-5)不倫を自白した録音

配偶者(不倫相手)が不倫を認めない場合であっても、不倫相手(配偶者)が不倫を自白している録音は、不倫があったことを証明する証拠となります。

もっとも、これまで説明した通り、不倫の慰謝料請求をするには肉体関係を伴う不倫であったことが重要になるため、不倫相手が配偶者との間で肉体関係を伴う不倫をしていたことを認める内容であることが必要となります。

(1-6)手帳、日記、メモ

手帳や日記、メモも肉体関係を伴う不倫が推認される文言がある場合には、他の証拠を合わせて、肉体関係を伴う不倫があったことの証拠となる可能性があります。

また、ラブホテルのサービス券などもラブホテルを利用していることを伺わせる証拠となりえますので、他の証拠と合わせて肉体関係を伴う不倫があったことの証拠となる可能性があります。

(1-7)GPS

不倫相手の家に頻繁に出入りする履歴やラブホテルに出入りする履歴がある場合には、不倫の証拠となる可能性があります。

不倫の有力な証拠になる可能性があるものとしてまとめると次のようになります。

浮気・不倫の慰謝料請求に効果的な証拠は?集めるときの4つの注意点

(2)不倫の証拠にならないもの

一方、不倫の証拠にならないものについて説明します。

肉体関係を伴う不倫があったことがわからないメールやSNSのやりとり、レストランの領収書や利用明細は肉体関係を伴う不倫の証拠としては使えません。
また、簡単に加工できてしまうデジタルデータも加工されたものであると反論されてしまうため、不倫の証拠としてはおすすめしません。

さらに、不倫の証拠を集めるためとはいえ、不倫相手の家を盗聴したり、不倫相手の家の中を盗撮した写真はダメです。もちろん、不倫相手の家から盗んだものもダメです。

不倫(不貞行為)の証拠がない!意外な証拠の集め方を解説

不倫の証拠が十分にはない場合

現状、不倫の証拠が十分にはない場合であっても、弱い証拠を組み合わせることで不倫の証拠となる場合や少し時間を空けることで不倫の証拠が出てくる場合がありますので、諦める必要はありません。

(1)弱い証拠であっても組み合わせることで不倫の証拠になる可能性

メール、SNSのやり取りや電話の通話履歴など疑わしい証拠を組み合わせて、不貞行為を明らかにし、事実を認めさせる方法を取ります。

例えば、不倫相手へのプレゼント交付の事実、高級ホテルでの食事に連れて行ったことなど、不倫相手との親しげな行為があったことがメール、SNSのやりとりで認められる場合はこれらの証拠を組み合わせることで不貞行為があったことを明らかにし、配偶者に事実を認めさせる方法をとることができます。

メール、SNSのやり取り以外にも、飲食店やホテルの領収書、カーナビの記録、相手へのプレゼントのレシートやクレジットカードの利用明細など小さな証拠を積み重ねることで、浮気や不倫による不貞行為があった事実を証明していきます。

(2)少し時間を空けることで不倫の証拠が出てくる可能性

少し時間を空けて配偶者と不倫相手を泳がせておくことで不倫の証拠が出てくる可能性があります。

配偶者や不倫相手が警戒して証拠が出にくいようにしている場合もあります。このような場合、少し時間を空けて警戒を緩ませることで証拠が出やすくなることもあります。

不倫を認めない場合に弁護士に依頼する4つのメリット

不倫を認めない場合であっても、弁護士に依頼することで慰謝料請求がスムーズにいく場合があります。

不倫を認めない場合に弁護士に依頼するメリットは、次の4つです。

  1. あなたの本気が不倫相手に伝わる
  2. 弁護士があなたに代わって不倫相手と交渉してくれる
  3. 公正証書の作成のサポートをしてくれる
  4. 慰謝料以外にもトータルサポートを受けることができる

それぞれ説明します。

(1)あなたの本気が不倫相手や配偶者に伝わる

不倫相手や配偶者は、不倫を重く考えていなかったりすることがあります。そのため、あなたから慰謝料請求が来ても無視したり、適当にあしらったりすることもあります。

しかし、弁護士からの書面が届くと、あなたの本気度が伝わって態度が一変し、事の重大性に気付いてきちんと対応するケースが多いといえます。

(2)弁護士があなたに代わって配偶者や不倫相手と交渉してくれる

証拠の収集から慰謝料の交渉まで、自分自身で行うことは非常に大変です。

弁護士に依頼すれば、有利な証拠の集め方をアドバイスしてもらえるだけでなく、慰謝料の交渉も代わりにやってくれるので、時間的・精神的な負担がかなり軽減されることでしょう。

(3)公正証書の作成のサポートをしてくれる

公正証書を作成する公証役場では、中立・公正な立場から法律的に有効な書面の作成についてアドバイスをしてくれますが、当事者どちらかの立場に立って、どちらかに有利・不利となるアドバイスをすることはありません。

弁護士であれば、あなたの立場に立って有利・不利な点を説明し、親身にアドバイスすることができますし、代わりに内容を作成し、代理人として代わりに公証役場に出向くことができます。

慰謝料請求の示談書の書き方についてはこちらの記事をご覧ください。

慰謝料請求の示談書の書き方は?例文のテンプレートも掲載!

(4)慰謝料以外にもトータルサポートを受けることができる

さらに、弁護士は、慰謝料請求に限らずに、例えば、不倫相手と配偶者との関係を断ち切ったり、慰謝料の未払いなど後々に起こりうるトラブルを防ぐための和解書なども作成したりすることもできます。

【まとめ】不倫を認めていなくても証拠さえあれば慰謝料請求を有利に進めることが可能!

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 不貞行為(肉体関係を伴う不倫)があったことを示す証拠
    1. 写真や動画
    2. メール、SNS
    3. 調査報告書
    4. ラブホテルなど宿泊施設を利用したクレカの明細やレシート
    5. 不倫を自白した録音(相当事者が認めている場合)
    6. 手帳、日記、メモ
    7. GPS
  • 不倫の証拠が十分にはない場合であっても、弱い証拠を組み合わせることで不倫の証拠となる場合や少し時間を空けることで不倫の証拠が出てくる場合がある

  • 不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼する4つのメリット
    1. あなたの本気が不倫相手に伝わる
    2. 弁護士があなたに代わって不倫相手と交渉してくれる
    3. 公正証書の作成のサポートをしてくれる
    4. 慰謝料以外にもトータルサポートを受けることができる

ご自身だけで不倫の慰謝料請求されることも精神的な負担が大きいといえるでしょう。不倫の慰謝料請求については弁護士へ依頼されることをおすすめします。

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫の慰謝料請求につき、相談料、着手金をいただかず、原則として成果があった場合のみ報酬をいただくという成功報酬制です。

原則として、この報酬は獲得した賠償金等からのお支払いとなりますので、あらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要がありません。
また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため費用倒れの心配がありません。

(以上につき、2022年5月時点)

浮気・不倫の慰謝料請求でお悩みの方は、浮気・不倫の慰謝料請求を得意とするアディーレ法律事務所へご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています