あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

浮気・不倫の慰謝料で分割払いを持ちかけられたときの対処法

作成日:更新日:
リーガライフラボ

「慰謝料請求をしたら分割でない払えないといわれた。分割払いだと途中で滞納されそうで不安。どうしたらいい?」

確かに一括払いの方が、すぐに払ってもらえるので安心でしょう。

しかし、相手の資金が乏しい場合、分割払いでないと事実上回収が難しい場合もあります。

そのため、分割払いに応じた方が良いケースもあります。この場合、滞納のリスクを最小限にするため、次の対処法をとるとよいでしょう。

  • 公正証書を作成する
  • 滞納時に残債を一括払いする旨取り決める
  • 遅延損害金を取り決める
  • 慰謝料完済まで互いの連絡先を通知するよう取り決める
  • 保証人をつけてもらう

今回の記事では、

  • 分割払いを承諾するリスクやメリット、
  • 分割払いを持ち掛けられた場合の対処法

について説明します。

慰謝料の分割払いは滞納されるリスクがある

 裁判の判決で慰謝料が決まる場合には、一括払いしかできません。しかし、話し合いで慰謝料を決める場合には、法律的には分割払いも可能です。

そのため、当事者同士の話し合いで慰謝料の金額等を決める場合は、相手側が分割払いを願い出てくるケースがあります。

しかし、慰謝料の分割払いに応じると、滞納されるリスクがあることに注意が必要です。

 当初は分割金を支払っていても、途中から支払いをしなくなってしまう可能性があります。

滞納されなかったとしても、慰謝料の完済まで「きちんと支払ってもらえるだろうか」と心理的な負担もあります。

分割払いに応じないと現実的に支払いを受けられないケースもある

慰謝料の分割払いには以上のようなリスクがあるため、できれば一括払いでもらえるようにしたいところです。

しかし、相手が一括払いに応じないのであれば裁判上の請求をしなければなりません。
裁判自体がハードルが高いと感じる人は多いですし、また、分割払いでなければ支払えないような相手に対して裁判で請求が認められたとしても、相手に資産がなければ差し押さえで回収することもできません。

相手の支払い能力を考えれば、分割払いに応じる方が現実的に慰謝料を受け取れる可能性が高い場合もあるといえます。

慰謝料の分割払いに応じるなら……5つの対策

 このような事情から慰謝料の分割払いに応じる必要がある場合に、分割払いによる慰謝料滞納のリスクを減らすための方策として、次の5つの方法があります。

  • 公正証書を作成する
  • 滞納時に残債を一括払いする旨取り決める
  • 遅延損害金を取り決める
  • 慰謝料完済まで互いの連絡先を通知するよう取り決める
  • 保証人をつけてもらう

これらにつき説明します。

(1)公正証書を作成する

慰謝料について取り決めた内容について、公正証書を作成しましょう。

公正証書は、法務省に属する機関である公証役場で公証人により作成される公文書のことです。

慰謝料の合意内容について強制執行認諾文言(民事執行法22条5号)付きの公正証書を作成しておくと、滞納が生じたときに相手の財産(給与や預金等)の差押えを裁判所に申立てられるため強制執行がスムーズになります。

差し押さえ可能な財産については、以下の記事が詳しく説明しています。

差押えの仕組みと手続きを徹底解説!差押可能な財産や必要費用も紹介

公正証書は公証役場で20年間保管してもらえるので、紛失の恐れがないというメリットもあります。

(2)滞納時には残債を一括支払いする旨を取り決めておく

慰謝料についての合意をする際に、滞納が生じた場合には、残りの額について一括払いする義務があるという取り決めをしておきましょう。


というのも、上記取り決めがないと、分割払いの場合、期限の到来していない分の分割金については、その期限が到来するまでは支払わなくて良いということになっています。

しかし滞納が生じた場合には、残りの額について一括払いする義務があるという取り決め(「期限の利益を失う」という条項)を設けることにより、将来に支払えばよかったものを今すぐに支払わなければならなくなるため、残額を一括で支払うよう請求することができるようになります。

(3)遅延損害金の設定を取り決めておく

支払期日に遅れた場合のペナルティとして、遅延損害金(遅延利息)の取り決めをしておきましょう。

支払期日に遅れた場合には、払うまで利息が付されるため、支払者はいつまでも支払わないままにしておくと、どんどん利息が増えていくことになります。

(4)慰謝料完済まで、互いに連絡先を通知する旨を取り決めておく

滞納が生じたときにすぐに相手に督促できるように、慰謝料を完済してもらうまで、相手との関係が断ち切れないようにしなければなりません。
互いに住所や電話番号が変わった場合は通知する旨をあらかじめ取り決めておく必要があります。

(5)保証人をつけてもらう

相手の支払い能力にリスクがある場合は、分割払いに応じる条件として保証人や連帯保証人をつけてもらうことも考えられます。

ただ、保証人をつけてもらうには、不倫や浮気の慰謝料請求の保証人となって欲しいと債務者が説明しなければならないため、債務者本人が嫌がることが多いため、保証人をつけてもらうことは難しいかも知れません。

慰謝料の分割払いに応じたくないときの交渉ポイント

分割払いは、慰謝料を受け取る側にとってリスクが大きいため、可能な限り一括払いしてもらいたいところです。

分割払いを求める相手に対して一括払いを求めるときには、交渉に工夫が必要になります。

例えば許容できる程度内で慰謝料の減額に応じるという方法があります。
これにより、分割払いを回避できることもあります。

【まとめ】分割払いに応じる場合には、合意内容に工夫が必要

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 慰謝料を分割払いで受け取るのは、受け取る側にとって滞納リスク、完済までの心理的コストなどデメリットある
  • 他方で、分割払いに応じないと現実的に支払いを受けられないというケースもある
  • 分割払いに応じるのであれば、5つの対策を参考にリスクヘッジができるようにすることが重要
      1 公正証書を作成する 
      2 滞納時に残債を一括払いする旨取り決める遅延損害金を取り決める
      3 慰謝料完済まで互いの連絡先を通知するよう取り決める
      4 保証人をつけてもらう
      5 可能な限り一括払いで慰謝料を受け取れるように、交渉に工夫を

浮気・不倫の慰謝料請求の交渉など、ご自身で行うことが難しい場合には、弁護士に相談すると良いでしょう。

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫の慰謝料請求につき、相談料、着手金をいただかず、原則として成果があった場合のみ報酬をいただくという成功報酬制です。
原則として、この報酬は獲得した賠償金等からのお支払いとなりますので、あらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要がありません。
また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため費用倒れの心配がありません。

(以上につき、2021年9月時点)

詳しくはこちらをご覧ください

参考:浮気・不倫の慰謝料請求の弁護士費用|弁護士法人アディーレ法律事務所

浮気・不倫の慰謝料請求でお悩みの方は、浮気・不倫の慰謝料請求を得意とするアディーレ法律事務所へご相談ください。

離婚・浮気による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

浮気・不貞による慰謝料の
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中