あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

慰謝料請求の裁判でかかる費用は?弁護士に依頼するメリットも解説

作成日:更新日:
リーガライフラボ

浮気や不倫の慰謝料請求をしたいと考えても、費用はいくらかかるのか不安になる人は多いのではないでしょうか。
実際、弁護士に依頼して慰謝料が獲得できたとしても、それがかかった費用よりも安ければ損をしてしまうおそれもあります。
また、そうでなくても、今手元にお金がないからできない、と考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、安心してください、そのような心配はしなくても大丈夫です。
事前に、裁判でかかる費用について知っておきましょう。

この記事では、

  • 慰謝料請求の裁判にかかる費用
  • 訴訟費用の内訳、具体的な金額
  • 弁護士費用の内訳、具体的な金額
  • 慰謝料請求の裁判でかかった費用は相手に請求できる?
  • 慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット
  • 慰謝料請求の裁判を弁護士に依頼し成功した事例

について、弁護士が詳しく解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。2016年弁護士登録。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。現在、東京弁護士会所属。

慰謝料請求の裁判でかかる費用

慰謝料請求を裁判で行う場合、基本的にかかる費用は「訴訟費用」と「弁護士費用」の2つになります。

もっとも、訴訟は弁護士をつけなくても行うことはでき、「訴訟費用」のみでも訴訟提起は可能ですが、訴訟は専門的な知識が必要な場面も多く、弁護士をつけて行うことが一般的ですので、「弁護士費用」についても説明します。

それぞれについてどういう内訳になっているのか、さらにどれくらい必要になるのか、目安となる金額について説明します。

(1)訴訟費用

訴訟費用とは、裁判所に訴訟を提起する際に裁判所に支払う費用のことをいいます。

主に、内訳としては

  • 訴訟にかかる手数料
  • 書類を相手に送るための郵便料

になります。

(1-1)手数料

訴訟にかかる手数料は、民事訴訟費用等に関する法律によって定められており、全国一律です。
請求額に応じて手数料が定められています。

請求額手数料額請求額手数料額
10万1000円220万1万6000円
20万2000円240万1万7000円
30万3000円260万1万8000円
40万4000円280万1万9000円
50万5000円300万2万円
60万6000円320万2万1000円
70万7000円340万2万2000円
80万8000円360万2万3000円
90万9000円380万2万4000円
100万1万円400万2万5000円
120万1万1000円420万2万6000円
140万1万2000円440万2万7000円
160万1万3000円460万2万8000円
180万1万4000円480万2万9000円
200万1万5000円500万3万円

参考:第一審訴え提起手数料(収入印紙代)早見表(2004年1月1日~)│裁判所 – Courts in Japan
(注:執筆日(2021年5月11日)時点の情報になります。)

なお、浮気・不倫の慰謝料の金額は具体的に決められているわけではありませんが、裁判上の相場は、およそ数十万~300万円の範囲内であるといわれています。

(1-2)書類を相手に送るための郵便料

裁判所によって郵便料は異なります。郵便料は切手で納めます(なお、東京地裁においては現金で納めることができます。)。

例えば、東京地方裁判所では次のように定められています。

<当事者(原告、被告)がそれぞれ1名の場合>

合計 6000円

500円切手8枚
100円切手10枚
84円切手5枚
50円切手4枚
20円切手10枚
10円切手10枚
5円切手10枚
2円切手10枚
1円切手10枚

当事者が1名増えるごとに2178円(内訳500円切手×4枚、84円切手×2枚、5円切手×2枚)を加えることになります(現金で予納する場合は2000円を加えることになります。)。

参考:東京地方裁判所への民事訴訟事件又は行政訴訟事件の訴え提起における郵便切手予納額について|裁判所 – Courts in Japan

大阪地裁では、次のようになっています(大阪地裁でも現金で納めることができます。)。

<当事者(原告、被告)がそれぞれ1名の場合>

合計 5000円

500円切手7枚
100円切手7枚
84円切手5枚
50円切手4枚
20円切手10枚
10円切手10枚
5円切手10枚
2円切手10枚
1円切手10枚

当事者が1名増えるごとに2198円(内訳500円切手×4枚、84円切手×2枚、10円切手×2枚、5円切手×2枚)を加えることになります(現金で納める場合は2000円を加えることになります。)。

参考:民事訴訟等手続に必要な郵便切手一覧表|裁判所 – Courts in Japan

(2)弁護士費用

「弁護士費用」とは、慰謝料請求の裁判を弁護士した場合に弁護士に支払う費用のことをいいます。

一般的に、「弁護士費用」は、次のような内訳になっていることが多いです。

弁護士報酬実費
例えば、
・ 着手金
・ 報酬金
・ 手数料
・ 法律相談料
・ 日当
・ タイムチャージ
など
例えば、
・ 交通費
・ 通信費
・ コピー代
など

主なものについて説明します。

着手金結果にかかわらず、弁護士が手続きを進めるために、着手時に支払うもの。いわばファイトマネー。
報酬金結果の成功の程度に応じて支払う成功報酬。完全に敗訴となれば、報酬金は発生しない。
手数料たとえば、契約書の作成、遺言書の作成など、1回程度の手続きで完了するときに支払われるもの。

弁護士費用の金額については、過去は報酬基準が定められ一律だった時もありましたが、現在は自由化されているため、依頼する弁護士によって異なります。

(2-1)一般的な弁護士費用の相場

一般的な弁護士費用の相場について、過去のアンケート結果(2008年)によると、元妻から不貞の相手に対する不貞の慰謝料請求訴訟の着手金は「20万円前後」であったという回答が最も多く、一方報酬金についても「20万円前後」であったという回答が最も多かったようです。

アンケートの結果については、次のとおりです。

夫の不貞行為により離婚した。夫から慰謝料は受けとっていない。不貞の相手に慰謝料として300万円を請求した。訴訟を提起し、和解により慰謝料賭して不貞の相手から200万円の支払いを受けた。

(1)元妻から損害賠償請求訴訟を受任したとき

着手金

110万前後10911.1%
220万前後53754.6%
330万前後30731.2%
440万前後101.0%
550万前後70.7%
6その他131.3%(合計 983)

引用:アンケート結果にもとづく市民のための弁護士報酬の目安|日本弁護士連合会

※ なお、元妻からとなっていますが、元夫からであっても金額は変わりません。

一般的な弁護士費用としては、上記着手金や報酬金に加えて、さらに日当や実費、事務手数料などが請求されます。事務所にもよりますが、日当や実費、事務手数料については、結果の成功の有無にかかわらず、着手金同様に請求されることが多いといえるでしょう。

(2-2)アディーレ法律事務所に依頼した場合の目安

アディーレ法律事務所における浮気・不倫の慰謝料請求の弁護士費用の目安は次のとおりです(2021年5月17日時点)。

相談料何度でも無料0円
着手金無料0円
成功報酬経済的利益を得られなかった場合には無料0円(※)

※ 経済的利益を得られた場合には、報酬金、事務手数料、実費、日当をいただきます。
※ 委任事務を終了するまでに契約を解除した場合は、例外として成果がない場合にも解除までの費用として事案の進行状況に応じた弁護士費用のお支払いが必要となります。

報酬金については、次のように定められています。

不貞行為についての慰謝料請求サービス
報酬金(税込)・ 32万7800円(固定報酬)+経済的利益の17.6%(変動報酬)
・ 請求者が離婚しており、不倫相手と元配偶者の両方に対して請求する場合には、49万1700円(固定報酬)+経済的利益の17.6%(変動報酬)
・ 調停または訴訟に移行した場合は、追加報酬として16万5000円(固定報酬)をいただきます。
※ 控訴審・上告審に移行した場合には別途費用が発生します。

日当については、経済的利益が得られた場合に請求させていただきます。経済的利益がなければ請求することはありません。

調停同席希望の場合訴訟
日当(税込)出廷1回につき一律5万5000円をいただきます(全国共通)。 出廷5回までは、日当を免除いたします。
6回目以降は、出廷1回につき一律3万3000円をいただきます(全国共通)

事務手数料については、通信費、切手代、印紙代、内容証明費用などに充てるため、一律1万1000円(税込)を後清算で請求させていただきます。また、ご依頼内容によっては、事件処理に必要となる費用の実額分を請求させていただく場合もございます。
これらの費用についても、もちろん経済的利益が得られた時点で請求させていただきます。

さらに、アディーレ法律事務所には「損させない保証」という制度があります。

「損させない保証」とは、浮気・不倫の慰謝料請求について相手方と金額を合意できなかった場合、相手方と合意した金額が報酬金、事務手数料、実費、日当の合計額(お支払いいただく金額)より下回った場合には、その不足した分の弁護士費用はいただいていません(※)。

相手方と合意した慰謝料 < 報酬金・事務手数料・実費・日当の合計
   ⇒ 不足分の費用はいただきません。

※ ただし委任事務を終了するまでに契約を解除した場合は、例外として成果がない場合にも解除までの費用として事案の進行状況に応じた弁護士費用のお支払いが必要となります。
※ 依頼者の方の意思で交渉終結前にご依頼を取りやめる場合、制度の対象とならないことがあります。そのほか損させない保証の適用には諸条件がございます。

そのため、ご依頼によって費用倒れになることは原則としてございません。

慰謝料請求の裁判でかかった費用は相手に請求できる?

慰謝料請求訴訟においてかかった費用は相手に請求できる場合とできない場合があります。

訴訟費用と弁護士費用に分けて、説明します。

(1)訴訟費用

訴訟費用については、いったん訴えを提起したものが支払います。

そして、裁判の結果、敗訴した人が負担することが一般的です。つまり、訴えを提起した側(原告)が完全勝訴となった場合には、相手が支払うことになりますが、完全敗訴となった場合には、相手が支払うことはありません。

なお、和解となった場合には、訴訟費用は各自の負担とされることが多いといえます。

(2)弁護士費用

弁護士費用は、原則自己負担となります。
弁護士を立てずに自分で訴訟を起こすこともできなくはないため、「より有利に進める」ための費用として、自己負担すべきと考えられているからです。

ただし、不法行為に対する損害賠償請求をする場合には、弁護士費用を相手に請求できる場合があります。
浮気・不倫の慰謝料を請求することは不法行為に対する損害賠償請求にあたりますので、浮気・不倫の慰謝料の請求するときには、弁護士費用を一部、損害として相手に請求できるときがあります。

慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

浮気・不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットは、次の3つが挙げられます。

  1. 弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる
  2. 慰謝料を増額できる可能性がある
  3. トータルでサポートしてもらえる

順番に説明します。

(1)弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる

浮気・不倫相手は、「好きになった人がたまたま既婚者だった」などと、軽く考えていることも少なくありません。そのため、あなた個人から慰謝料請求を無視するかのせいもあるのです。

しかし、弁護士からの書面が届くと、あなたの本気の怒りが伝わって態度が一変し、事の重大性が気付いてきちんと対応するケースが多いといえます。

(2)慰謝料を増額できる可能性がある

少しでも高額な慰謝料を獲得するためには、過去の裁判例や法律の知識、交渉のテクニックが必要となります。

弁護士であれば、法律の専門家としての知見を駆使して、不倫相手と粘り強く交渉し、少しでも高額な慰謝料の獲得を目指しますので、慰謝料を増額できる可能性があります。

(3)トータルでサポートしてもらえる

弁護士が交渉することで、あなたは浮気・不倫相手と接する必要はありませんので、余計なストレスや心配はありません。

さらに、弁護士は、慰謝料請求に限らずに、浮気相手と配偶者の関係を断ち切り、慰謝料の未払いなど後々に起こりうるトラブルを防ぐための和解書なども作成することもできます。

慰謝料請求の裁判を弁護士に依頼し成功した事例

慰謝料請求訴訟を弁護士に依頼し、慰謝料を獲得した事例を2つ紹介します。

(1)事例1|ストーカー化していた妻の不倫相手から慰謝料120万円を獲得

Bさん(30歳代・男性)
職業:正社員
結婚歴:1~5年
子ども:なし

Bさんは、かねてから妻の浮気を疑っていましたが、浮気を裏付ける証拠がありませんでした。ところが、突然妻から「浮気をしていた」との告白を受け、その後、夫婦で話し合った結果、離婚することに決めました。

Bさんは、離婚することはしょうがないとしながらも、離婚の原因を作った浮気相手に慰謝料を請求したいと考えました。
もっとも、浮気相手は妻にしつこくつきまとい、ストーカー化しており、Bさんは恐怖心から、浮気相手と直接やり取りをしたくないと考えていました。

弁護士は、Bさんにご依頼いただければ、浮気相手とやり取りする必要がないことを説明し、Bさんは不倫相手への慰謝料請求を弁護士に依頼することにしました。

弁護士は、Bさんから依頼を受けてすぐ浮気相手に連絡をとりましたが、相手は慰謝料の支払いを拒否し、話合いは全く進展することはありませんでした。

そこで、弁護士とBさんは相談し、浮気相手に対し慰謝料請求の訴訟を提起することに決めました。裁判では、妻が書いた浮気相手との浮気を認める謝罪文、妻と浮気相手とのメールのやりとりを証拠として提出し、夫婦関係を破綻させた責任は浮気相手になると主張しました。

その結果、Bさんと弁護士の主張が認められ、Bさんに慰謝料120万円が支払われることで和解にいたりました。

今回のように、浮気相手が支払いに応じない、不貞行為を認めないなど、浮気相手との話し合いで解決できない場合には、浮気相手に対して裁判を起こして慰謝料を請求することになります。裁判では多大な労力や経験、専門知識が必要となりますので、慰謝料問題に詳しく弁護士に相談することをおすすめします。

(2)事例2|裁判途中からの弁護士の介入で慰謝料100万円を獲得

Hさん(50歳代・女性)
職業:会社役員
結婚歴:11~15年
子ども:なし

Hさんは、ある日、夫の浮気を知りました。夫について問い詰めると、夫は浮気を認め、浮気相手と二度とあったり、連絡をしたりしないことを約束したため、一度は許しました。

しかし、後日、夫と浮気相手が会っていることが発覚し、Hさんは激怒し、弁護士に依頼して浮気相手に対して慰謝料を請求する訴訟を提起しました。

裁判が始まると、Hさんに不利に進み、依頼した弁護士とも意見が合いませんでした。

このような状況に、Hさんはこれからどうしたらよいかわからず、他の弁護士を探すことに決め、他の弁護士に依頼しなおすことにしました。

新たに依頼を受けた弁護士は、浮気相手の弁護士からは慰謝料30万円で和解案が提示されていましたが、口頭や書面で、「慰謝料30万円は低額すぎて和解に応じられる金額ではない。Hさんは大きな精神的苦痛を受けていることから、慰謝料は増額されるべきだ」と慰謝料の増額を強く主張しました。

弁護士は、Hさんの意向に従い、粘り強く交渉を重ねた結果、浮気相手方は慰謝料の増額に応じ、慰謝料100万円を支払うことで和解に至りました。

今回のように、裁判を起こして、ご自身にとって不利な状況となってしまってもあきらめる必要はありません。浮気や不倫の慰謝料トラブルに詳しい弁護士に相談することで、慰謝料の獲得や増額の可能性は残されています。浮気や不倫の慰謝料請求は、浮気や不倫の慰謝料トラブルに詳しい弁護士に相談しましょう。

【まとめ】慰謝料請求の裁判でかかる費用は訴訟費用+弁護士費用

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 慰謝料請求を裁判で行う場合、基本的にかかる費用は「訴訟費用」と「弁護士費用」の2つ
  • 「訴訟費用」は、主に「訴訟にかかる手数料」と「書類を相手に送るための郵便料」
  • 一般的な弁護士費用の相場は、着手金20万円、報酬金20万円、さらに実費がかかる。事務所によっては成功報酬制のところもある。
  • 慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット
  1. 弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる
  2. 慰謝料を増額できる可能性がある
  3. トータルでサポートしてもらえる

慰謝料請求については、あなたの怒りをきちんと相手に伝え、さらに適正な金額の慰謝料を受け取るためにも、弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士への相談は無料ですので、相談だけでもしてみることをおすすめします。

慰謝料請求をご検討中の方はアディーレ法律事務所にご相談ください。

離婚・浮気による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

お気軽にお問い合わせください

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。2016年弁護士登録。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。現在、東京弁護士会所属。

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

浮気・不貞による慰謝料の
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中