あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

ダブル不倫の慰謝料請求|「四者和解」「四者ゼロ和解」ってなに?

作成日:更新日:
kiriu_sakura

あなたは、

「ダブル不倫について調べていたら『四者和解』・『四者ゼロ和解』という言葉が目に入った」「不倫相手から『四者和解』・『四者ゼロ和解』をもちかけられた」

など、ダブル不倫の慰謝料請求で「四者和解」・「四者ゼロ和解」という言葉を聞いたことがありませんか?

「四者和解」とは、不倫の当事者を含む夫婦双方で慰謝料などについて取り決めること
「四者ゼロ和解」とは、不倫の当事者を含む夫婦双方で慰謝料を請求しないことを取り決めること

をいいます。

そして、「四者和解」「四者ゼロ和解」は、不倫の当事者を含む夫婦双方の合意が必要となるため、だれか一人でも拒否している場合や配偶者にバレずに解決したいという場合には使うことはできません。

この記事では、

  • ダブル不倫とは?
  • ダブル不倫を解決する方法とは?
  • ダブル不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットとは?
  • ダブル不倫の慰謝料請求の解決事例

について、弁護士が詳しく解説します。

ダブル不倫の慰謝料請求にお悩みの方、不倫相手の配偶者から慰謝料請求をされている方、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修弁護士
弁護士 池田 貴之

法政大学、及び学習院大学法科大学院卒。アディーレ法律事務所では、家事事件ドメイン(現:慰謝料請求部)にて、不貞の慰謝料請求、離婚、貞操権侵害その他の男女トラブルを一貫して担当。その後、慰謝料請求部門の統括者として広く男女問題に携わっており、日々ご依頼者様のお気持ちに寄り添えるよう心掛けている。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

ダブル不倫とは?

ダブル不倫とは、結婚している者同士が浮気・不倫している場合をいいます。

例えば、次のような場合に「ダブル不倫」にあたります。

未婚者が不倫相手である不倫の場合には、あなたは、あなたの配偶者、不倫相手に対して慰謝料請求ができ、被害者はあなただけです。

一方、ダブル不倫の場合には、あなたは、あなたの配偶者、不倫相手に対して慰謝料請求ができるのに対し、不倫相手の配偶者からも、あなたの配偶者、不倫相手に対して慰謝料請求がされる可能性があるのです。
つまり、被害者があなたと不倫相手の配偶者の2人いることになります。

そのため、通常の不倫に比べて、ダブル不倫の場合には、法律関係がより複雑になるのです。

ダブル不倫の慰謝料請求について知りたい方はこちらをご覧ください。

W不倫発覚!複雑に入り組んだ慰謝料の行方についてわかりすく解説します

ダブル不倫では、相手の夫(妻)から慰謝料請求される可能性がある

ダブル不倫の場合、未婚者が不倫相手である不倫とは異なり、相手方の配偶者からあなたの配偶者に請求される可能性があります。

例えば、Aさんから不倫相手であるBさんに不倫の慰謝料請求をしたとしても、逆にBさんの夫からAさんの夫に対して慰謝料請求がされる可能性があるのです。

ダブル不倫を解決する2つの方法

あなたから不倫相手の慰謝料請求と不倫相手の配偶者からの慰謝料請求についてどのように解決すればよいのでしょうか。

ダブル不倫については、主に、次の2つの方法で解決することが考えられます。

1.双方の不倫の慰謝料請求を全く別物として解決する
2.四者(双方の夫婦)で一挙に解決する(四者和解、四者ゼロ和解)

順番に説明します。

(1)双方の不倫の慰謝料請求を全く別として解決する

これは、

  1. あなたから不倫相手に対する慰謝料請求
  2. 不倫相手の配偶者からあなたの配偶者に対する慰謝料請求

を全く別物として考える方法です。

あなたから不倫相手に慰謝料請求をし、一方、不倫相手の夫(妻)からあなたの夫(妻)から慰謝料請求がされたとしても、あくまでも、請求されるのはあなたの夫(妻)です。

あなたが、あなたの夫(妻)と離婚予定である場合には、あなたの夫(妻)から慰謝料が支払われることになったとしても、夫婦でなくなる以上、夫婦の共有の財産からお金が減るということにはなりませんので、このような方法がとられることがあります。

一方、あなたが離婚しない予定である場合、あなたが不倫相手から慰謝料を受け取ったとしても、あなたの配偶者から不倫相手の配偶者に慰謝料を支払ってしまえば、夫婦の共有の財産からお金が減るということになりますので、お金が行ったり来たりするだけということになってしまう可能性があります。

(2)四者(双方の夫婦)で一挙に解決する

ダブル不倫の場合、四者(双方の夫婦)で一挙に解決するという方法がとられることがあります。

その中でも、

  • 「四者和解」とは、不倫の当事者を含む夫婦双方で慰謝料などについて取り決めること
  • 「四者ゼロ和解」とは、不倫の当事者を含む夫婦双方で慰謝料を請求しないことを取り決めること

の2つのパターンに分けられます。

ここで、「四者和解」、「四者ゼロ和解」に分けて説明します。

ただし、どちらかの夫婦の一方にいまだ不倫が発覚しておらず、不倫を発覚させることなく解決したいという希望がある場合には、夫婦双方を含めて和解することはできませんので、「四者間和解」「四者ゼロ和解」を使うことはできません。
この場合には、個別の解決ということになります。

(2-1)四者和解

「四者和解」とは、不倫の当事者を含む夫婦双方で慰謝料などについて取り決めることをいいます。

例えば、不倫相手があなたの配偶者を積極的に誘ったなどの事情があった場合、不倫相手からあなたに対して慰謝料を支払う一方、不倫相手の配偶者からはあなたの配偶者に対して慰謝料支払いを求めないと和解することがあります。

(2-2)四者ゼロ和解

「四者ゼロ和解」とは、不倫の当事者を含む夫婦双方で慰謝料を請求しないことを取り決めることをいいます。

あなたとあなたの夫(妻)が離婚せず、不倫相手の夫婦も離婚しない場合、互いに「家計が一つ」であれば、お互いが慰謝料を請求しても入ったお金が出ていくだけとうことになります。
そのため、お互いに0円、四者ゼロ和解という解決方法がとられることがあるのです。

ただし、「四者ゼロ和解」は、不倫相手の夫婦も離婚しないこと、不倫相手の夫(妻)からあなたの配偶者が慰謝料請求されたこと、が前提となることに注意が必要です。

ダブル不倫の慰謝料請求については、弁護士に依頼することをおすすめします

慰謝料請求はもちろん、自分で行うことができます。
しかし、多くの人が弁護士に依頼をして慰謝料請求を行っています。

弁護士費用をかけてまで、慰謝料請求を弁護士に依頼する理由とは何でしょうか。

ダブル不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットについて説明します。
ダブル不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットは、次の4つが挙げられます。

1.弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる
2.W不倫といった複雑な関係でも専門的な知識に基づく対応が期待できる
3.不倫相手と連絡をとらなくてもよい
4.トータルサポートが受けられる

順番に説明します。

(1)弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる

不倫相手は、「配偶者から誘ってきた」など不貞をした事実を重く考えていなかったりすることがあります。そのため、あなたから慰謝料請求が来ても無視したり、適当にあしらったりすることもあります。

しかし、弁護士からの書面が届くと、あなたの本気度が伝わって態度が一変し、事の重大性に気付いてきちんと対応するケースが多いといえます。

(2)W不倫といった複雑な関係でも専門的な知識に基づく対応が期待できる

ダブル不倫の場合には、慰謝料を請求する側とされる側になる可能性があり、自分の知識だけで対応してしまうと損をする可能性があります。

そのため、ダブル不倫を損することなく解決するためには、過去の裁判例や法律の知識、交渉のテクニックが必要となります。

弁護士であれば、法律の専門家としての知見を駆使して、不倫相手やその夫(妻)とも粘り強く交渉し、あなたにとって一番損がない形での解決をすることができます。

(3)不倫相手と連絡をとらなくてもよい

弁護士が慰謝料の支払交渉を行う場合、弁護士が交渉すべてを代行しますので、あなたが自ら不倫相手と連絡を取る必要はありません。

慰謝料の請求を検討するといった場合、当然不倫相手に対する怒りも大きい場合が多いと思います。

そのような場合に、慰謝料交渉のために、自ら不倫相手と連絡をとらなければいけないということは、肉体的にも精神的にも大きい負担がかかります。

弁護士が交渉を代行することで、あなたにかかる負担を減らすことができます。

また、怒りを抱えた状態で不倫相手と連絡をとることは、冷静な交渉を妨げる要因ともなり、かえって他のトラブルを招く要因にもなりかねません。

(4)トータルでサポートしてもらえる

さらに、弁護士は、慰謝料請求に限らずに、例えば、配偶者や不倫相手との関係を断ち切ったり、慰謝料の未払いなど後々に起こりうるトラブルを防ぐための和解書なども作成したりすることもできます。

弁護士は、依頼者の悩みに寄り添い、依頼者にとって一番よい解決を目指します。

ダブル不倫の慰謝料請求についての弁護士が介入した場合の解決事例

ダブル不倫の慰謝料請求についての弁護士が介入した場合の解決事例について紹介します。

妻が職場の上司とダブル不倫。的確な交渉で慰謝料200万円を獲得し、その後の不安も解消!

Uさんは、妻が妻子ある職場の上司と浮気をしていることを知りました。妻は、Uさんに対し、浮気を認めて謝罪しました。

その後、浮気相手も浮気の事実を認めましたが、Uさんに対して、謝罪の言葉は一切ありませんでした。

Uさんは、妻と話し合い、もう一度やり直すと決めました。
Uさんの妻によれば、上司である浮気相手が積極的に誘っており、妻は仕事の上司と部下という関係から断りきれず、職場不倫をしてしまったとのことでした。

Uさんは、妻の上司である浮気相手に対して怒りを覚え、慰謝料請求をすることを決め、弁護士に依頼することにしました。

浮気相手にも弁護士がつきましたが、Uさんから依頼を受けた弁護士は浮気相手についている弁護士との話し合いを開始しました。
上司と部下という関係を利用して浮気相手が妻に執拗に迫ったこと、浮気によってUさんと子どもが大きなショックを受けたことから、慰謝料が支払われるべきであると主張しました。

また、Uさんの妻が浮気相手の妻から慰謝料を請求されることがないよう、その働きかけも行いました。

その結果、Uさん夫婦と浮気相手の夫婦との間で、Uさんに慰謝料200万円が支払われること、浮気相手の妻からはUさんの妻に慰謝料を請求しないと誓約する合意書を作成することができました。

【まとめ】ダブル不倫の慰謝料請求には、不倫当事者も含めた夫婦双方による和解という解決方法がある!

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • ダブル不倫とは、結婚している者同士が浮気・不倫していること。
  • ダブル不倫の場合、未婚者が不倫相手である不倫とは異なり、不倫相手の配偶者からあなたの配偶者に請求される可能性がある。
  • ダブル不倫の解決方法としては、1.双方の不倫の慰謝料請求を全く別物として解決する、2.四者(双方の夫婦)で一挙に解決する(四者和解、四者ゼロ和解)という方法がある。
  • 「四者和解」とは、不倫の当事者を含む夫婦双方で慰謝料などについて取り決めること。
  • 「四者ゼロ和解」とは、不倫の当事者を含む夫婦双方で慰謝料を請求しないことを取り決めること。
  • ダブル不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット
  1. 弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる
  2. W不倫といった複雑な関係でも専門的な知識に基づく対応が期待できる
  3. 不倫相手と連絡をとらなくてもよい
  4. トータルサポートが受けられる

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫の慰謝料請求につき、相談料、着手金をいただかず、原則として成果があった場合のみ報酬をいただくという成功報酬制です。

原則として、この報酬は獲得した賠償金等からのお支払いとなりますので、あらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要がありません。
また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため費用倒れの心配がありません。

(以上につき、2021年7月時点)

浮気・不倫の慰謝料請求でお悩みの方は、アディーレ法律事務所へご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています