あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

GPS(位置情報)アプリは浮気調査に使える?4つのリスクも弁護士が紹介

作成日:
kiriu_sakura

「スマホのGPS(位置情報)アプリを使ってパートナーが浮気をしているか確かめたい…」と考えている方も少なくありません。
確かに、GPS(位置情報)アプリは、尾行などしなくてもパートナーの居場所を知ることができるため、浮気調査の方法として、便利なように思えます。

しかし、GPS(位置情報)アプリを浮気調査の方法として使うにはリスクもあります。
リスクを知らないまま浮気調査を行ってしまうと、犯罪行為に該当して罪に問われるおそれもあります。

GPS(位置情報)アプリを使って浮気調査を行う前に、そのリスクを知っておきましょう。

この記事では、次のことについて弁護士がくわしく解説します。

  • GPS(位置情報)アプリでわかること
  • GPS(位置情報)アプリを浮気調査に使う場合のリスク
  • GPS(位置情報)アプリ以外の浮気調査の方法
  • 浮気調査をするなら知っておくべき「弁護士会照会制度」の概要
この記事の監修弁護士
弁護士 池田 貴之

法政大学、及び学習院大学法科大学院卒。アディーレ法律事務所では、家事事件ドメイン(現:慰謝料請求部)にて、不貞の慰謝料請求、離婚、貞操権侵害その他の男女トラブルを一貫して担当。その後、慰謝料請求部門の統括者として広く男女問題に携わっており、日々ご依頼者様のお気持ちに寄り添えるよう心掛けている。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

GPS(位置情報)アプリとは

GPS(位置情報)アプリとは、スマホの位置情報について把握することができるアプリです。
例えば、パートナーとあなたのスマホにGPS(位置情報)アプリをダウンロードし、互いのスマホを登録すると、お互いのスマホの位置情報をアプリで確認することができます。

一般的に、GPS(位置情報)アプリは、次のような目的で利用されます。

  • 友人や恋人、家族間での居場所の確認
  • 子どもの居場所の確認
  • スマホを紛失した場合にスマホの位置検索

GPS(位置情報)アプリの種類によっては、位置情報を把握できる以外に、滞在時間がわかったり、メッセージのやりとりができるもの、カメラ機能がついているものもあります。

GPS(位置情報)アプリは浮気調査に使える?

GPS(位置情報)アプリを利用することで、パートナーの行動を把握することができるため、浮気調査にも使うことができます。
例えば、GPS(位置情報)でラブホテルや浮気相手の自宅へ行ったことがわかれば、パートナーが浮気をしている可能性があるということになります。

また、パートナーから「仕事」と聞いていたはずなのに、位置情報が勤務先や仕事とは全く関係のない場所を示した場合には、パートナーの嘘も見破ることができる可能性もあります。
このように、GPS(位置情報)アプリは浮気調査にも使うことができます。

GPS(位置情報)アプリを浮気調査に使う場合の4つのリスク

GPS(位置情報)アプリが浮気調査にも利用できることはこれまで説明したとおりです。
しかし、GPS(位置情報)アプリを浮気調査に使う場合には、次の4つのリスクがあることを忘れてはいけません。

【GPS(位置情報)アプリを浮気調査で使う場合のリスク】
  1. パートナーの承諾なくGPS(位置情報)アプリをダウンロードすることは犯罪になるおそれがある
  2. GPS(位置情報)は絶対とはいえない
  3. GPS(位置情報)だけでは浮気の決定的な証拠にはならない
  4. パートナーとの関係が悪化する可能性がある

それぞれどういったリスクなのかを説明します。

(1)パートナーの承諾なくGPS(位置情報)アプリをダウンロードすることは犯罪になるおそれがある

パートナーの承諾なくGPS(位置情報)アプリをパートナーのスマホにダウンロードする行為は、「不正指令電磁的記録供用罪」(刑法第168条の2第2項)に当たる可能性があります。

そして、「不正指令電磁的記録供用罪」に当たるとされた場合には、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

刑法168条の2
1 正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
一 人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
二 前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録
2 正当な理由がないのに、前項第一号に掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も、同項と同様とする。
3 前項の罪の未遂は、罰する。

引用:刑法168条の2

この様に、パートナーの承諾なくGPS(位置情報)アプリをダウンロードすることは、犯罪に当たる可能性があります。
そのため、GPS(位置情報)アプリを使用する場合には、パートナーの承諾の上、ダウンロードする必要があります。

(2)GPS(位置情報)は絶対とはいえない

次に、GPS(位置情報)は誤差があるため、“絶対ではない”ということを知っておきましょう。

例えば、スマホで地図アプリを使うと、あなたのいる場所が地図上に表示されますが、実際にいる場所とずれていることもあるでしょう。
このように、GPS(位置情報)は100%正確であるとはいえません。そのため、パートナーのGPS(位置情報)がラブホテルなどを示していたとしても、必ずラブホテルにいるとは限りません(ラブホテルの付近で同僚や友人と飲んでいるだけの可能性もあります)。

また、GPS(位置情報)アプリによっては、位置情報をごまかすこと(実際にいる場所とは違う場所を表示させること)ができる機能がある場合もあります。そのため、パートナーの位置情報と実際の居場所が違う可能性もあります。

(3)GPS(位置情報)だけでは浮気の決定的な証拠にはならない

GPS(位置情報)だけでは浮気の決定的な証拠にはならないということも知っておきましょう。
GPS(位置情報)はパートナーの行動しかわかりません。パートナーが誰と一緒にいるのか、何をしているのかまではGPS(位置情報)のみではわかりません。

例えば、パートナーが異性の自宅にいる場合でも、その異性と2人きりでいるとは限りません。他にも友人が一緒にいるなどその異性とは友人関係に過ぎない可能性もあります。

このように、GPS(位置情報)だけは、浮気の決定的な証拠にはなりません。

浮気の決定的な証拠としては、例えば浮気相手とラブホテルへ出入りした写真、肉体関係があったことを示すLINEやSNSのやりとりなどが挙げられます。

浮気の証拠集めについてくわしく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

不倫(不貞行為)の証拠がない!意外な証拠の集め方を解説
浮気・不倫の慰謝料請求に効果的な証拠は?集めるときの4つの注意点

(4)パートナーとの関係が悪化する可能性がある

GPS(位置情報)アプリを使って浮気調査をしていることがバレると、パートナーとの関係が悪化させてしまう可能性があることにも注意が必要です。

例えば、「待ち合わせに便利だから」などと言ってGPS(位置情報)アプリをパートナーの承諾のもとダウンロードした場合を考えてみましょう。
この場合、GPS(位置情報)アプリをダウンロードした理由が、実はあなたが浮気を疑っていたからだと後からバレた時には、パートナーが怒り出す可能性があります。

また、パートナーが浮気をしていなかった場合、パートナーはあなたから浮気を疑われていたことにショックを受け、あなたに対し不信感を抱く可能性もあります。

GPS(位置情報)アプリ以外での浮気調査の方法

では、GPS(位置情報)アプリを使う以外にどのような浮気調査の方法があるのでしょうか。
例えば、次のような方法があります。

  • パートナーの交通系ICの利用履歴や車の走行履歴をチェックする
  • パートナーのメールやLINEのやりとり、SNSの投稿をチェックする
  • パートナーのクレジットカードの利用履歴やレシートをチェックする など  

これらの方法を組み合わせることで、パートナーが浮気をしているのか調査することができる可能性があります(なお、パートナーのスマホをパートナーの承諾なくチェックする行為はプライバシー侵害に当たる可能性があります)。

自分で行える浮気調査の方法について、さらにくわしく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

自分でできる浮気調査の7つの方法とは?そのリスクも弁護士が解説

なお、浮気調査を自分で行うことに不安がある方は、費用が掛かりますが、探偵や興信所などへ依頼するのも一つの手でしょう。

浮気相手の連絡先が分からない時に使える「弁護士会照会制度」とは

浮気が発覚したパートナーがあなたの配偶者である場合、配偶者や浮気相手に対して慰謝料請求をすることができます(配偶者と離婚しない場合でも慰謝料請求は可能です)。

しかし、浮気相手に慰謝料請求をする場合、浮気相手の連絡先や住所が分からなければ、慰謝料請求をすることができません。
なぜなら、浮気相手の連絡先が分からなければ、話合いすらできず、住所が分からなければ裁判も起こすことができないからです。

しかし、弁護士は、弁護士にのみ許された「弁護士会照会制度」を利用することで相手の連絡先や住所などの調査をすることができる可能性があります。

弁護士会照会制度の活用例としては、次のような場合が挙げられます。

  • 浮気相手の電話番号が分かっている場合、電話会社に照会することで契約者の氏名や住所などがわかる可能性があります。
  • 浮気相手のメールアドレスが分かっている場合には、通信会社に照会することで、携帯電話番号が分かる可能性があります。
  • 浮気相手が外国人の場合には、入国管理局に照会することで、居住地などが分かる可能性があります。
  • 浮気相手が飲食店を経営している場合には、保健所に照会することで、飲食店の営業者の氏名などが分かる可能性があります。

弁護士に慰謝料請求を依頼し、弁護士会照会制度を利用して解決した事例についてはこちらをご覧ください。

また、慰謝料請求や弁護士会照会制度についてさらにくわしく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

不倫の慰謝料請求は離婚しなくても認められる?慰謝料の相場や事例を紹介
浮気や不倫相手の住所や連絡先がわかる!「弁護士会照会制度」とは?

証拠があっても浮気を認めない時も…弁護士への相談・依頼がおすすめ!

配偶者の浮気を理由に慰謝料請求をする場合には、弁護士への相談・依頼がおすすめです。

浮気をしていたことが明らかな証拠がある場合、配偶者や浮気相手は、素直に浮気を認めて、慰謝料を払ってくれるはずだと思われる方も多いかと思います。
しかし、浮気をしていたことが明らかな証拠があっても、配偶者と浮気相手が浮気を認めないことや慰謝料請求に応じないことはよくあることです。

そのため、浮気をしていたことが明らかな証拠がある場合でも、慰謝料請求をする場合には弁護士への相談・依頼がおすすめです。
弁護士が出てくると、浮気を認めなかった相手も慌てて認めることがあるほか、相手に弁護士がついても、適切な対応をすることができます。

浮気の証拠があるのに浮気を認めなかったケースや自分で慰謝料請求をしても浮気相手が慰謝料の支払いに応じなかったケースの解決事例についてはこちらをご覧ください。

また、弁護士に依頼すると配偶者と浮気相手に対し接触禁止の合意をさせるなど、今後の浮気もやめさせるためのサポートもすることができます。接触禁止の合意をさせた解決事例についてはこちらをご覧ください。

なお、浮気をしていたことが明らかな証拠がない場合でも、証拠を組み合わせれば、慰謝料請求をすることが可能なケースもありますので、この場合も一度弁護士へ相談されることをおすすめします。

【まとめ】GPS(位置情報)アプリは浮気調査でも使える!ただしリスクには注意!

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • GPS(位置情報)アプリとは、スマホの位置情報について把握することができるアプリである。浮気調査にも利用できる。
  • GPS(位置情報)アプリを浮気調査で使う場合のリスク
    1. パートナーの承諾なくGPS(位置情報)アプリをダウンロードすることは犯罪になるおそれがある
    2. GPS(位置情報)は絶対とはいえない
    3. GPS(位置情報)だけでは浮気の決定的な証拠にはならない
    4. パートナーとの関係が悪化する可能性がある
  • GPS(位置情報)アプリ以外での浮気調査の方法(具体例)
    • パートナーの交通系ICの利用履歴や車の走行履歴をチェックする
    • パートナーのメールやLINEのやりとり、SNSの投稿をチェックする
    • パートナーのクレジットカードの利用履歴やレシートをチェックする など
  • 配偶者の浮気が発覚し、慰謝料請求をする場合には、弁護士への相談・依頼がおすすめです。弁護士に相談・依頼することで、浮気相手の連絡先がわかる可能性がある他、配偶者や浮気相手に対して有利な交渉をすすめることができます。

浮気調査をした結果、パートナー(配偶者)の浮気が発覚した場合、今後の夫婦生活をどうするか、子どもがいる場合には、子どものこともどうするかなども踏まえて離婚をするのか、慰謝料請求をするのかを考えることになるでしょう。

離婚については夫婦生活に与える影響も大きいため、浮気が発覚しても離婚を望まれない方もいらっしゃいます。しかし、離婚をされない方でも、浮気のけじめをつけるために慰謝料請求される方もいらっしゃいます。

配偶者の浮気が発覚して場合にどうすればいいのかまだ決めきれないという方は、離婚を望まない場合でも慰謝料請求はできるということは知っておきましょう。

一方、配偶者の浮気対し、慰謝料請求を行いたいとお考えの方は、浮気の慰謝料請求を得意とするアディーレ法律事務所へ相談がおすすめです。

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫の慰謝料請求につき、相談料、着手金をいただかず、原則として成果があった場合のみ報酬をいただくという成功報酬制です。
原則として、この報酬は獲得した賠償金等からのお支払いとなりますので、あらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要がありません。

また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため費用倒れの心配がありません。

(以上につき、2022年9月時点)

配偶者の浮気が発覚し、慰謝料請求でお考えの方は、浮気・不倫の慰謝料請求を得意とするアディーレ法律事務所へご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています