あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

慰謝料の金額の決め方は?高額請求となった裁判例とともに解説

作成日:
リーガライフラボ

不倫や浮気の慰謝料には、高いもので300万円といったものから、安いものでは数十万円というものまであります。
では、浮気や不倫の慰謝料はどのようにして決まるのでしょうか。

浮気や不倫の慰謝料の決め方には、明確な計算式はなく、様々なポイントを考慮して決めることになるのです。

この記事では、

  • 不貞行為の慰謝料の裁判上の相場
  • 不貞行為の慰謝料の金額の決め方
  • 不貞行為の慰謝料を決めるポイント
  • 慰謝料が高額となった裁判例・事例のポイント
  • 慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

について、弁護士が詳しく解説します。

浮気・不倫の慰謝料の裁判上の相場

まず、浮気や不倫の慰謝料の裁判上の相場について知っておきましょう。

浮気・不倫の慰謝料の裁判上の相場(目安)
別居や離婚をする場合およそ100万~300万円
別居や離婚をしない場合およそ数十万~100万円

この表を見るに、浮気や不倫の慰謝料には大きく幅があります。

では、慰謝料の金額はどのようにして決められるのでしょうか。
この記事では、浮気や不倫の慰謝料の決め方や高額になるためのポイント、さらに高額となった実際の事例について説明します。

不貞行為の慰謝料の金額の決め方

不貞行為の慰謝料の金額の決め方は、明確な計算方式や基準があるわけではなく、さまざまな事情を考慮して決めることになります。

慰謝料の決めるポイント

不倫行為に対する慰謝料は、不倫をしたことによって受けた精神的苦痛に対する慰謝として支払われるもののことをいいます。

そのため、金額を決めるポイントは、基本的にどれだけの精神的苦痛を受けたといえるかにあります。

つまり、精神的苦痛が大きいと判断されれば、慰謝料も高額になりますし、精神的苦痛が小さいと判断されれば、慰謝料が減額されることになります。

一般的に、慰謝料を決めるポイントとして、以下の1~9をあげることができます。

  1. 夫婦の婚姻期間、子どもの有無
  2. 夫婦の経済力や社会的地位
  3. 不倫が始まった経緯
  4. 不倫の期間や肉体関係の回数
  5. 不倫相手への経済的支援、不倫相手との子どもの有無
  6. 不倫を知ってからの態度
  7. 不倫が夫婦生活に与えた影響
  8. 反省や謝罪の有無、慰謝料の受取りの有無
  9. 不倫相手の経済力や社会的地位

詳しく説明します。

(1)夫婦の婚姻期間、子どもの有無

具体的なポイントは次のようになります。
増額要素には(+)、減額要素には(-)とつけています。

  • 夫婦の婚姻期間が長い(+)
  • 夫婦間に未成熟子がいる(+)

婚姻期間が長い、未成熟子がいるなどの事情があれば、慰謝料を増額する要素となりえます。ここで未成熟子とは、子供がいまだ経済的・社会的に自立して生活できない状態にあることをいいます。
通常は、未成年者を言いますが、成年に達していても、在学中であったり、心身に障害があり、自立して生活ができないような場合も未成熟子ということがあります。

婚姻期間が長い、未成熟子がいるにもかかわらず、配偶者が不倫関係に及んだとなれば、不倫によって受ける精神的苦痛は大きいだろうと判断されているのです。

婚姻期間については、裁判例を見るに、例えば数年では短いと判断されており、一方15年年以上の婚姻期間をもって長いと判断されています。

(2)夫婦の経済力や社会的地位

具体的なポイントは次のようになります。

  • 夫婦の社会的地位が高い(+)
  • 夫婦の収入が高い(+)
  • 夫婦の資産がある(+)

高い社会的地位、高い収入、資産があるなどの事情があれば、慰謝料を増額する要素となりえます。

なお、最近の裁判例では、高い社会的地位や収入、資産があっても、不倫によって受ける精神的苦痛は変わらないと考えられており、慰謝料の金額に影響を与えないとするものも見られます。

(3)不倫が始まった経緯

具体的なポイントは次のようになります。

  • 配偶者が、不倫相手に妻子がいることを伝えていなかった(-)
  • 配偶者が「離婚するつもり」などと言って、不倫相手もこれを信じていた(-)
  • 配偶者から不倫相手に言い寄って、不倫が始まった(-)

配偶者が不倫相手に妻子がいることを伝えていなかった、もしくは、妻子がいることを伝えていても離婚予定であるなどといって、不倫相手がそれを信じていた場合、不倫相手に対する慰謝料が減額される要素になります。

これは、不倫によって受けた精神的苦痛というよりは、不倫相手に対する非難の程度が低いことから不倫相手が支払う慰謝料が減額されるということになります。

また、配偶者から積極的に言い寄って、不倫が始まってしまった場合も同様に、不倫相手に対する非難の程度が下がるために、慰謝料が減額される要素になりえます。

(4)不倫の期間や回数

具体的なポイントは次のようになります。

  • 不倫の期間が長い(+)
  • 肉体関係を持った回数が多い(+)

不倫期間が長い、また、肉体関係を持った回数が多いという事情があると、慰謝料を増額する要素となります。

不倫期間については、裁判例を見るに、数ヶ月程度であれば短く、1年以上にわたる場合には長期間と判断されているようです。

肉体関係を持った回数については、数回程度であれば少なく、例えば20回以上であれば多いと判断されています。

(5)不倫相手への経済的支援、不倫相手との子どもの有無

具体的なポイントは次のようになります。

  • 配偶者が不倫相手の生活の経済的支援をしていた(+)
  • 配偶者と不倫相手の間に子どもがいるか(++)

配偶者が不倫相手に対して経時的支援をしていた、また、配偶者と不倫相手の間に子供がいる(中絶も含める)場合、慰謝料を増額する要素となります。

特に、不倫によって、配偶者と不倫相手との間に子どもを設けたという事情は、受ける精神的苦痛が大きいため、慰謝料の金額を大きく増額させる要素となりえます。

(6)不倫を知ってからの態度

具体的なポイントは次のようになります。

  • 不倫を知ってから、配偶者や不倫相手に不倫関係を断つようにいったにもかかわらず、関係をやめない(+)
  • 配偶者や不倫相手が不倫関係をやめることに同意したにもかかわらず、関係をやめない(+)
  • 不倫について配偶者は許して、不倫相手にだけ慰謝料を請求した(-)

不倫関係をやめるように言っている、もしくは、不倫関係をやめることに応じているにもかかわらず、不倫関係が続いている場合には、慰謝料が増額する要素となります。

これは、不倫相手との関係がすぐにやめた場合に比べて悪質であること、また、受ける精神的苦痛も大きいことから慰謝料が増額される要素となるのです。

一方、不倫を知って配偶者については許して、不倫相手のみに対して慰謝料を請求したという場合には、不倫相手との関係でも慰謝料が減額される要素となりえます。

これは、配偶者に対しては不倫を許しているということから、そうでない場合に比べて、受けた精神的苦痛は大きいとまではいえないという評価になることから、慰謝料が減額される要素となるのです。

(7)不倫が夫婦生活に与えた影響

具体的なポイントは次のようになります。

  • 不倫によって離婚した(+)
  • 不倫を知って、離婚を提案した(+)
  • 夫婦間の関係が悪化した原因が不倫以外にもある(-)

不倫によって離婚した場合、もしくは、離婚はしていないが離婚を提案した場合には、慰謝料が増額される要素となります。

これは、浮気した配偶者による不倫が夫婦生活を破綻させたと考えられるために、浮気された他方配偶者が受ける精神的苦痛が大きかったと評価されるためです。

一方、夫婦関係が悪化した原因が不倫以外にも存在する場合には、必ずしも不倫だけが精神的苦痛の原因ではないと考えられるため、慰謝料が減額される要素となりえるのです。

(8)反省や謝罪の有無、慰謝料の受取りの有無

具体的なポイントは次のようになります。

  • 配偶者や不倫相手が反省や謝罪をしている(-)
  • 配偶者から慰謝料をすでに受け取っている(-)
  • 配偶者や不倫相手が一切、反省や謝罪していない(+)

配偶者や不倫相手が十分に謝罪したり、反省したりしている場合には、受ける精神的苦痛も少なくなっていると評価され、慰謝料が減額される要素になります。

一方、配偶者が反省や謝罪をして、すでに慰謝料を支払った場合、精神的苦痛は少し和らいでいると考えられるために慰謝料が減額される要素となります。

一方、配偶者や不倫相手から、謝罪や反省が一切なされていない場合には、その分受ける精神的苦痛も大きくなることから慰謝料が増額される要素にもなりえます。

(9)不倫相手の経済力や社会的地位

具体的なポイントは次のようになります。

  • 不倫相手の社会的地位が高い(+)
  • 不倫相手に経済力がある(+)

不倫相手に高い社会的地位、経済力があるなどの事情があれば、慰謝料を増額する要素となりえます。

しかし、最近の裁判例では、高い社会的地位や収入、資産があっても、不倫によって受ける精神的苦痛は変わらないと考えられており、慰謝料の金額に影響を与えないとするものも見られます。

慰謝料の金額が高額となった裁判例・事例

では、実際に慰謝料はどのようなポイントに着目されて、決められているのかを見ていきましょう。

不貞行為に対する慰謝料が高額となった裁判例2つと事例1つについて、高額となったポイントとともに紹介します。

(1)裁判例1|浮気が原因で夫婦関係が破綻し500万円の慰謝料を獲得

事案浮気が原因で夫婦関係が破綻したことに対する慰謝料請求
認められた慰謝料の金額500万円
婚姻期間25年
子どもあり
請求相手妻の浮気相手(男性)
概要・浮気発覚前まで夫婦仲は普通であった
・浮気相手は結婚していることを知っていた
・交際期間は2年
・肉体関係を持った回数は10回以上
・妻の浮気が原因で離婚
・妻は浮気相手のために600万円以上の借金をし、夫はその借金の返済をしていた
ポイント・ 婚姻期間が長いこと
・ 浮気相手は既婚者であることを知っていたこと
・ 交際期間が比較的長いこと
・ 肉体関係を持った回数が多いこと
・ 夫婦の間に未成熟子がいること
・ 浮気が原因で離婚したこと

という、増額要素がかなり多く、特に妻が浮気相手のために作った多額の借金を何も罪のない夫が肩代わりしたことが一番大きく影響し、相場を大幅に上回る500万円という金額が認められたと考えられます。

参考:浦和地裁判決昭和60年1月30日(判例タイムズ556号170頁)

(2)裁判例2|浮気が原因で夫婦関係が破綻し300万円の慰謝料を獲得

事案浮気が原因で夫婦関係が破綻したことに対する慰謝料請求
認められた慰謝料の金額300万円
婚姻期間8年
子どもあり
請求相手夫の浮気相手(女性)
概要・ 浮気発覚前まで夫婦仲は普通であった
・ 浮気発覚後、妻は浮気相手に対し複数回、不貞行為を止めるよう求めたが、浮気相手はこれに明確に回答せず、その後も夫との不貞行為を継続した
・ 交際期間は2年3ヶ月
・ 肉体関係を持った回数は10回以上
・ 夫婦は別居をしており、婚姻関係は破綻している
・ 浮気相手は妻に対し謝罪をしなかった
・ 妻と浮気相手はともに医師である
ポイント・ 浮気相手は積極的に夫婦関係を破綻する意思があったこと
・ 交際期間が比較的長いこと
・ 肉体関係を持った回数が多いこと
・ 不貞行為が原因で夫婦関係が破綻したこと
・ 夫婦の間に未成熟子がいること
・ 浮気相手が謝罪をしなかったこと
・ 妻の社会的地位が高いこと
・ 浮気相手の社会的地位が高く資力があること

などの増額要素が多数あり、減額要素は見当たらないことから、夫婦が離婚する場合の相場の上限である300万円という金額が認められたと考えられます。

参考:東京地裁判決平成19年4月5日(判例秘書掲載)

(3)事例1|離婚後に不倫相手が2人いたことが発覚!合計550万円の慰謝料を獲得

Tさん(30歳代・男性)
職業:正社員
結婚歴:1~5年
子ども:なし

結婚して1年が経過したころ、Tさんは、妻から、性格の不一致を理由に離婚を切り出されました。Tさんは、夫婦関係を修復したいと考えましたが、妻の決意は固く、結局は離婚に応じました。

しかし、離婚成立後に、Tさんは元妻から、2人の男性と不倫していたことを告白されました。さらに、この時に、元妻は不倫相手の一人から離婚を促されて、離婚を切り出したことが判明しました。

2人の不倫相手に慰謝料を請求したいと考えたTさんは、慰謝料請求を弁護士に依頼するか迷っていましたが、弁護士の話を聞き、弁護士に依頼することを決めました。

弁護士は、まず、元妻に離婚を促した不倫相手へ連絡を取りました。相手は不倫の事実を認め、慰謝料350万円の支払に合意しました。その後、弁護士はもう一人の不倫相手にも慰謝料の請求を行いました。
当初、相手は不倫の事実を認めませんでしたが、弁護士が、妻が不倫を認めていることなどを伝え、しっかりと交渉した結果、慰謝料200万円の支払に合意し、Tさんは2人から合計550万円の慰謝料を獲得しました。

慰謝料請求の時効は、配偶者の不貞行為と不倫相手を知った日から原則3年です。
今回のように、離婚後に婚姻中の不倫を知ったという場合でも、離婚後だからといって慰謝料請求をあきらめるのではなく、弁護士へ相談してみる価値はあります。

また、浮気・不倫の慰謝料請求を、自分だけで交渉してしまうと、不利な書面を送ってしまったり、相手に弁護士がついて、その弁護士にうまく言いくるめられてしまったりと、結果的に大きな後悔を生んでしまうかもしれません。

弁護士にご依頼いただければ、依頼者の方が受けた精神的苦痛の大きさや不倫相手の無責任な行為を指摘し、慰謝料の支払いをしっかりと求めます。

慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

浮気・不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットは、次の3つが挙げられます。

  1. 弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる
  2. 慰謝料を増額できる可能性がある
  3. トータルでサポートしてもらえる

順番に説明します。

(1)弁護士からの請求であなたの本気の怒りを伝えることができる

配偶者は、「妻(夫)が相手してくれなかったから浮気や不倫もしょうがない」、浮気・不倫相手は「好きになった人がたまたま既婚者だった」などと、軽く考えていることも少なくありません。
そのため、あなた個人から浮気や不倫の慰謝料請求をしても、配偶者や不倫相手から無視されてしまうこともあるのです。

しかし、弁護士からの書面が届くと、あなたの本気の怒りが伝わって態度が一変し、事の重大性に気付いて、きちんと対応するケースが多いといえます。

(2)慰謝料を増額できる可能性がある

少しでも高額な慰謝料を獲得するためには、過去の裁判例や法律の知識、交渉のテクニックが必要となります。

弁護士であれば、法律の専門家としての知見を駆使して、不倫相手と粘り強く交渉し、少しでも高額な慰謝料の獲得を目指しますので、慰謝料を増額できる可能性があります。

(3)トータルでサポートしてもらえる

弁護士が交渉することで、あなたは浮気・不倫相手と接する必要がなくなりますので、余計なストレスや心配はありません。

さらに、弁護士は、慰謝料請求に限らずに、浮気相手と配偶者の関係を断ち切り、慰謝料の未払いなど後々に起こりうるトラブルを防ぐための和解書なども作成することができます。

【まとめ】慰謝料金額には明確な計算式はなく、算定には様々な事情を考慮して決定する

不貞行為の慰謝料の金額は、明確な計算式があるわけではなく、様々な事情を考慮して、決められることになります。

不貞行為の慰謝料の金額の決めるポイントについては、まとめると次のようになります。

  • 夫婦の婚姻期間が長い(+)
  • 夫婦間に未成熟子がいる(+)
  • 夫婦の社会的地位が高い(+)
  • 夫婦の収入が高い(+)
  • 夫婦の資産がある(+)
  • 配偶者が、不倫相手に妻子がいることを伝えていなかった(-)
  • 配偶者が「離婚するつもり」などと言って、不倫相手もこれを信じていた(-)
  • 配偶者から不倫相手に言い寄って、不倫が始まった(-)
  • 不倫の期間が長い(+)
  • 肉体関係を持った回数が多い(+)
  • 配偶者が不倫相手の生活の経済的支援をしていた(+)
  • 配偶者と不倫相手の間に子どもがいるか(++)
  • 不倫を知ってから、配偶者や不倫相手に不倫関係を断つようにいったにもかかわらず、関係をやめない(+)
  • 配偶者や不倫相手が不倫関係をやめることに同意したにもかかわらず、関係をやめない(+)
  • 不倫について配偶者は許して、不倫相手にだけ慰謝料を請求した(-)
  • 不倫によって離婚した(+)
  • 不倫を知って、離婚を提案した(+)
  • 夫婦間の関係が悪化した原因が不倫以外にもある(-)
  • 配偶者や不倫相手が反省や謝罪をしている(-)
  • 配偶者から慰謝料をすでに受け取っている(-)
  • 配偶者や不倫相手が一切、反省や謝罪していない(+)
  • 不倫相手の社会的地位が高い(+)
  • 不倫相手に経済力がある(+)

浮気や不倫の慰謝料は、明確な計算式がないために、増額するためには、様々な増額要素を主張する必要があります。

一方、不倫相手としては、少しでも支払う慰謝料の金額を下げるために、様々な減額要素
主張してきます。

そのため、慰謝料を増額するためには、増額する要素を知っていること、さらに、減額要素を主張された際に反論できるようにしておくことが重要となり、慰謝料を増額するためには、慰謝料請求の知識や経験が豊富な弁護士に依頼することが必要となるのです。

さらに、浮気や不倫の慰謝料請求には、今後配偶者と不倫相手を会わせないようにしたい、浮気相手からの付きまとい行為を止めさせたいなど、慰謝料以外にも様々な要望があることがありますが、弁護士はその点につてもトータルサポートいたします。

アディーレ法律事務所では相談料は無料です(2021年5月時点)。相談だけでもしてみることをおすすめします。

不貞行為の慰謝料請求をご検討の方はアディーレ法律事務所にご相談ください。

離婚・浮気による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

浮気・不貞による慰謝料の
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-783-184

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中