あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

不倫慰謝料が払えない!借金を考える前に減額や分割払いの交渉を知ろう

作成日:更新日:
kiriu_sakura

「不倫相手の妻(夫)から請求された慰謝料が高額で今ある貯金では払えそうにない……借金するしかないのだろうか」
このような悩みや不安をお持ちではないでしょうか?

実は、請求された慰謝料をそのまま鵜呑みにして支払う必要はありません。
慰謝料の請求額はあくまでも相手(請求する側)の言い分であって、相場を大きく超えている場合もあります。

交渉次第では、慰謝料の減額や分割払いに応じてもらえるケースも多くあります。
慰謝料の減額や分割払いの交渉のポイントを知っておくことで、慰謝料の支払いで経済的に困窮してしまうといった事態を防ぐことができるかもしれません。

この記事では、

  • 慰謝料の減額・分割払いの交渉のポイント
  • 不倫相手に慰謝料を分担してもらえる可能性
  • 慰謝料支払いのために借金をするリスク

について弁護士が詳しく解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 池田 貴之

法政大学、及び学習院大学法科大学院卒。アディーレ法律事務所では、家事事件ドメイン(現:慰謝料請求部)にて、不貞の慰謝料請求、離婚、貞操権侵害その他の男女トラブルを一貫して担当。その後、慰謝料請求部門の統括者として広く男女問題に携わっており、日々ご依頼者様のお気持ちに寄り添えるよう心掛けている。東京弁護士会所属。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

不倫慰謝料は必ずしも相手の言い分通りの金額を支払う必要はない

不倫慰謝料は必ずしも相手(請求する側)の言い分通りの金額を支払う必要はありません。
不倫慰謝料の支払いに応じる必要がないケースや減額・分割が認められやすいケースがあります。

不倫慰謝料の請求に対して応じてしまう前に、不倫慰謝料の減額・分割の可能性がないのかを確認しましょう。

(1)慰謝料の支払いに応じる必要がないケース

次の4つのケースの場合には、慰謝料の支払い義務はありません。

まずは、慰謝料請求されたら、慰謝料の支払い義務が「本当にあるのか」を確認するために、次の点を確認してください。

  1. 肉体関係の伴う不倫がない場合
  2. あなたが、付き合っている相手が既婚者であることを知らなかった場合
  3. あなたが不倫を始めた当時すでに夫婦関係が破綻していた場合
  4. あなたが自らの意思で肉体関係を持っていない場合

それぞれ説明します。

(1-1)肉体関係の伴う不倫がない場合

そもそも肉体関係を伴う不倫でない場合には慰謝料を支払う必要がないのが原則です。

もっとも、例外として、社会通念上、許されない親密な関係を持っていた場合があります。
たとえば、頻繁にデートを重ねて、キスなどの行為をしていたときです。肉体関係はありませんが、既婚者と親密な関係を持てば、「夫婦の平穏・円満な共同生活を送る権利」の侵害にあたり、肉体関係はなくても、慰謝料を支払わなければならないケースもあります。

(1-2)既婚者であることを知らなかった場合

慰謝料請求が認められるためには、あなたが、付き合っている相手が既婚者だと知りながら不倫をしたという「故意」か、既婚者だとは知らなかったが知らなかったことに落ち度があるという「過失」が必要です。

あなたが「不倫相手が既婚者であること」を知らず、かつ、知らなかったことについてあなたに落ち度がない場合、慰謝料を支払う必要はありません。

ただし、「故意・過失」については、「知らなかった」といえば、当然に認められるわけではなく、判断には専門的な知識が必要となりますので、弁護士への相談をおすすめします。

(1-3)あなたが不倫を始めた当時すでに夫婦関係が破綻していた場合

夫婦が別居しているなどで、あなたが不倫をする前から夫婦関係が完全に破綻している場合には、法律が保護している「夫婦が平穏・円満な共同生活を送るという権利」が存在せず、慰謝料の支払い義務はありません。

夫婦が別居をしている場合には夫婦関係が破綻していると判断されるのが一般的ですが、別居をしていても、夫婦の具体的状況次第では破綻していないと判断されるケースもあります。

(1-4)あなたが自らの意思で肉体関係を持っていない場合

暴行・脅迫など不倫相手の行為によりあなたの自由意思を制圧されるほど無理やり肉体関係を持たされた場合には、基本的に、あなたに不倫をした責任はなく、慰謝料の支払いに応じる必要はないとされています。

ただし、「自分の意思で断れたはずだ」と反論されてしまうこともあります。「自らの意思で肉体関係を持っていない」との主張は認められないときもあり、具体的状況次第になります。

(2)慰謝料の減額が認められやすいケース

慰謝料を払う必要はあるものの、慰謝料の減額が認められるケースもあります。慰謝料の減額が認められるケースは、例えば、慰謝料の請求額が相場よりも高額であるケースです。

不倫慰謝料の相場は、裁判では不倫を理由に婚姻関係が破綻・離婚したかどうかによって、次のように違ってくることが一般的です。

不倫慰謝料の裁判上の相場(目安)

不倫を理由に婚姻関係が破綻・離婚をする場合およそ100万~300万円
不倫発覚後も婚姻関係が破綻・離婚しない場合およそ数十万~100万円

相手(請求する側)からあなたに対し相場を超えた慰謝料を請求された場合には、相場を超えた金額であることを理由に減額を申し出るようにしましょう。

不倫慰謝料の相場を知っておくことで、不倫慰謝料の相場を大きく超えた慰謝料を支払ってしまうリスクを回避することができます。

相場よりも高い慰謝料請求額に対して、弁護士の交渉の結果、減額に成功した解決事例についてはこちらをご覧ください。

その他、あなたの不倫が悪質ではない場合には慰謝料の減額が認められるケースもあります。

例えば、次のようなケースには慰謝料の減額が認められる可能性があります。

  • 不倫を誘ってきたのは不倫相手からだったケース
  • 一度だけの関係だった場合や不倫期間が短いケース

(3)慰謝料の分割が認められやすいケース

慰謝料を一括で払えない場合には、分割払いを求めるようにしましょう。
「一括で支払ってもらいたい」と頑なに主張する相手(請求する側)もいますが、一般的には「支払ってもらえるなら、分割払いを認める」と譲歩する人も少なくありません。

ただし、ここで注意が必要なのが、相手(請求する側)に分割払いを了承してもらうためには、相手(請求する側)がその旨を納得するだけの主張をこちらからしなければならないことがあります。

分割払いを納得させる条件としては、主に次の2つが挙げられます。

  • 支払いを怠った場合には強制執行(差押え)をすると定めた公正証書を作成する
  • 慰謝料の支払いを滞納した場合には、支払いが滞った金額に加えて、残額を一括で支払う

例えば、「支払いを2回滞納したら、期限の利益を喪失する」という条項がある利益喪失約款付きの公正証書で分割払いを約束した場合、慰謝料の支払いが2回滞ると、支払いが滞った金額に加えて、残額を一括で支払わなければならなくなる可能性があります。

【具体例】慰謝料100万円を請求された場合

あなたが不倫相手の妻(夫)に払った慰謝料は後から不倫相手に分担を求めることができることも

不倫の慰謝料はあなた一人で背負う必要はありません。

例えば、不倫相手の妻から慰謝料120万円を請求された場合(120万円慰謝料が妥当な事案)には、あなたと不倫相手の二人で合計120万円の慰謝料を支払う義務があることになります。

不倫相手の妻から慰謝料120万円の請求が不倫相手とあなたにそれぞれにされるわけではありません。

仮に、あなたが自分の負担を超えて不倫相手の妻に対し、慰謝料を支払った場合には、あなたから他方の不倫相手である夫(妻)に対して負担分を請求することができます。

例えば、不倫相手の妻からあなたに慰謝料120万円を請求され、あなたが言われるがままに、不倫相手の妻に対し慰謝料120万円を支払った場合(慰謝料が120万円が相当な事案)には、あなたから不倫相手(夫)に対して少なくとも60万円の負担を求めることができる可能性があります(法律の世界では「求償」といいます)。

なお、求償権はあなたと不倫相手の妻との間の慰謝料の示談交渉でも交渉の切り札となることがあります。

例えば、上記の例の場合には、後からあなたから不倫相手(夫)に対して60万円の支払いを後から求めない(「求償権の放棄」といいます)代わりに、そもそもの慰謝料120万円の減額を求めることができるケースがあります。

この求償権放棄が認められやすいケースとは、不倫相手の妻と不倫相手が慰謝料請求後も離婚しないケースです。

夫婦が離婚しない場合には、仮に、不倫相手の妻があなたから120万円を受け取ったとしても、後から不倫相手(夫)があなたに60万円支払うことになれば、60万円が行ったり来たりするだけです。
この場合、不倫相手の妻としては最初から60万円の慰謝料の減額に納得する理由があります。

慰謝料を支払うために借金をするリスク

慰謝料を支払うために借金をすることにはリスクがあります。

借金をした当初はごく少額の必要最低限の金額を借りてすぐ返済するつもりであっても、借金をしてすぐにお金が手元に入ってくる手軽さからついつい借入額が増えてしまうことがあります。
その結果、いつの間にか返済が苦しくなってしまうケースが多く見られます。

また、金融機関からの借入れには利息が伴うため、もともと借りたお金よりも返済すべき金額はどんどん膨らんでいきますし、返済が滞れば利息よりも高い年利の遅延損害金も発生してしまいます。

これ以上借金はしたくない、借金返済がもう難しいと感じている方はこちらの記事をご覧ください。

借金返済もう無理!返済滞納の注意点と債務整理による解決方法

さらに、借金を放置しても財産の差押えを受けてしまうおそれがあります。放置していれば借金がなくなるというものでもありません。

借金を放置すると差押えに!債務整理と消滅時効について

慰謝料の減額・分割交渉は弁護士への相談・依頼がおすすめ!

弁護士であれば、法律の専門家としての知見を駆使して、相手(請求する側)と粘り強く交渉し、不倫慰謝料の減額や免除、分割払いを目指すことができます。

さらに、あなた自身で直接交渉した場合、感情的になっている相手(請求する側)がなかなか譲歩しない可能性もあります。しかし、弁護士に依頼することで、感情的になった相手(請求する側)が冷静になり、交渉がスムーズにいくケースも少なくありません。

実際、請求してきた相手(請求する側)から嫌がらせを受けた、高圧的な対応してくるといったケースもあります。この場合の解決事例についてはこちらをご覧ください。

また、慰謝料を請求されていることを家族や周囲に知られたくないという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、弁護士へ相談・依頼しても周囲に知られることなく対応してくれることもあります。

実際、家族や周囲に知られたくない方が弁護士へ相談・依頼され、慰謝料の減額に成功した解決事例についてはこちらをご覧ください。

【まとめ】慰謝料を払えないからと借金をする前に減額・分割交渉を

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 慰謝料の支払いに応じる必要がないケース
    1. 肉体関係を伴う不倫がない場合
    2. あなたが既婚者であることを知らなかった場合
    3. あなたが不倫を始めた当時すでに夫婦関係が破綻していた場合
    4. あなたが自らの意思で肉体関係を持っていない場合
  • 慰謝料の減額が認められやすいケースとは、請求額が相場よりも高い場合。さらに、不倫行為が悪質ではないケース(関係を持った回数が一度きり、期間が短いなど)も減額が認められる可能性がある。

  • 慰謝料は後から不倫相手に分担を求める(求償)ができるケースもある。あなたが求償権を放棄する代わりに慰謝料の減額が求められることもある。

  • 慰謝料の減額・分割交渉は弁護士への相談・依頼がおすすめ!弁護士は感情的になっている相手にも対応できます。さらに、家族に知られたくないとの希望にも対応してくれることも。

突然、慰謝料請求されて驚いているかもしれません。
しかし、相手(請求する側)からの請求をそのまま鵜呑みにする必要はありません。

実際、弁護士が交渉し、減額に成功された方は多くいらっしゃいます。

慰謝料請求に応じてしまう前に、まずは一度弁護士への相談をおすすめします。

アディーレ法律事務所では、浮気・不倫慰謝料を請求された事件の相談料は何度でも無料です。
また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため、費用倒れの心配はありません。

(以上につき、2022月6日時点)

浮気・不倫の慰謝料請求をされてお悩みの方は、浮気・不倫の慰謝料請求への対応を得意とするアディーレ法律事務所へご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています