あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

交通事故に「強い」弁護士とは?弁護士選びの5つのポイント

作成日:更新日:
yamazaki_sakura

交通事故によってケガをした場合
交通事故によって車や自転車が故障してしまった場合

相手方から賠償金を受け取りたいと考えていても、どうしたらよいのかわからないという人は少なくありません。

そのため、弁護士に相談したいと考えていても、弁護士もどのように選べばいいのかわからない、弁護士選びに失敗したらと心配している人もいるとも当然いると思います。

弁護士選びは、ポイントを押さえておけば失敗することはありません。

この記事では、

  • 交通事故問題の対応を弁護士に依頼するメリット
  • 交通事故問題を弁護士に相談・依頼する方法・流れ
  • 交通事故問題を相談したい!弁護士の選ぶ5つのポイント

について、弁護士が詳しく説明します。

この記事の監修弁護士
弁護士 村松 優子

愛知大学、及び愛知大学法科大学院卒。2010年弁護士登録。アディーレに入所後,岡﨑支店長,家事部門の統括者を経て,2018年より交通部門の統括者。また同年より、アディーレの全部門を統括する弁護士部の部長を兼任。アディーレが真の意味において市民にとって身近な存在となり、依頼者の方に水準の高いリーガルサービスを提供できるよう、各部門の統括者らと連携・協力しながら日々奮闘している。現在、愛知県弁護士会所属。

弁護士による交通事故のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

交通事故問題の対応を弁護士に依頼するメリット

交通事故の賠償金請求を個人で行う人もいます。
では、交通事故問題を弁護士に依頼するメリットとは何でしょうか。

まずは、交通事故問題の対応を弁護士に依頼するメリットについて紹介します。

交通事故問題の対応を弁護士に依頼するメリットは次のとおりです。

  • 交通事故問題の対応を弁護士に任せて、被害者の負担を減らすことができる
  • 弁護士は交渉するのが仕事であり、相手方の言い分に言いくるめられることがない
  • 弁護士には交通事故に関する豊富な知識がある

交通事故に関する豊富な知識がある弁護士に交通事故問題の対応を依頼することで、被害者が加害者側に応対する必要もないですし(心無いことを発現する加害者や保険会社の担当者もいます。)、精神的にも肉体的にも負担を減らすことができます。

さらに、弁護士は交通事故に関する豊富な知識があり、交渉のプロですので、加害者や加害者側の保険会社のいいようにされてしまうことはありません。被害者にとって一番いい形で示談交渉を行ってくれることでしょう。

交通事故問題を弁護士に相談・依頼する方法・流れ

弁護士に相談・依頼する方法・流れは次のようになります。

  1. 法律事務所に電話をして相談予約
  2. 弁護士と対面相談、もしくは、電話相談
  3. 相談を聞いた上で、依頼をするかどうかを決める
  4. (依頼をした場合)弁護士が相手に慰謝料を請求する

弁護士と相談した時点で必ず依頼をしなければならないというものではありません。
弁護士との相談をしたうえで、依頼するかどうかを決めることができます。

弁護士と相談をしたうえで、依頼しないとの判断をすることもできます。

(1)法律事務所に電話をして相談予約

弁護士への相談には、電話をして相談予約するところから始まります。
最初の電話だけでは相談することはできません。

相談予約をする際には、土日でも相談に対応している法律事務所もありますが、平日しか対応していない法律事務所もあるため、注意が必要です。

(2)弁護士と対面相談、もしくは、電話相談

弁護士への相談は、法律事務所において対面で行うか、もしくは、電話で行うか、です。
弁護士はあなたの悩みを聞き、法律上どうなるか、最善の解決方法などを教えてくれます。

相談しただけでは、依頼したということにはなりません。
弁護士との相談をしたうえで、依頼するかどうかを決めることができます。

その場で依頼することもできますが、いったん家に持ち帰って、依頼するかどうかを決めることができます。

弁護士の相談は無料という法律事務所もありますので、そのような事務所に相談した場合には、相談しただけではお金をとられるといことはありません。

(3)相談を聞いた上で、依頼をするかどうかを決める

相談の時点で依頼をすると決めた場合は、そのまま依頼することになります。
しかし、相談を聞いた上、いったん家に帰って依頼するかどうかを決めることもできます。

弁護士に依頼をするかどうかを決めるポイントについては後で説明していますので、これらのポイントにしたがって、依頼するかどうかを決めるとよいでしょう。

(4)(依頼をした場合)弁護士が相手に慰謝料を請求する

弁護士に依頼することに決めた場合、弁護士との間で委任契約書を作成します。

委任契約書を作成して、依頼を受けた弁護士は、依頼者の意向を汲んだうえで、相手に慰謝料を請求します。交渉についても弁護士があなたに代わって行います。

なお、依頼の時点で、着手金(交通事故の慰謝料を請求する場合の一般的な相場は約20万円前後から30万円前後)を請求する事務所もあります(なお、着手金が無料の事務所もあります。)。

参考までに、2008年と古いデータになりますが、交通事故問題についていくら弁護士費用がかかったのかを弁護士会がアンケートで集計した結果についてはつぎのようになっています。

参考:市民のための弁護士報酬の目安(P12~13)|日本弁護士連合会

※なお、交通事故問題における報酬金とは、相手方から賠償金を受け取ることができた場合に、弁護士に報酬として支払うものです。

交通事故問題を相談したい!弁護士の選ぶ5つのポイント

交通事故問題を相談する弁護士の選び方のポイントは次の5つです。

  1. 説明がわかりやすい弁護士を選ぶ
  2. 交通事故への対応実績を確認する
  3. 後遺障害等級認定の獲得実績を確認する
  4. 料金を明確に提示する法律事務所を選ぶ
  5. 依頼者にやさしい料金体系があるかを確認する

詳しく説明します。

(1)説明がわかりやすい弁護士を選ぶ

相談料が無料の法律事務所もあります。
そのような事務所の場合は、正式に依頼する前に相談にいってみることをおすすめします。

相談の際、チェックすべきポイントは「弁護士の説明のわかりやすさ」です。

専門用語ばかりを使うのではなく、相談者にとってわかりやすい言葉を選んでは説明できているかどうかをみて、その弁護士が知識をきちんと自分のものにしているかどうか、交通事故への対応経験があるのかを見極めることができます。

言葉の意味をきちんと理解していたり、これまで交通事故の対応経験がなければ、スムーズに言葉をわかりやすい言葉に言い換えて説明するのは難しいのです。

相談者の状況や今後の方針などをわかりやすく具体的に教えてくれて、どんな質問にも丁寧に答えてくれる弁護士を選ぶのがおすすめです。

仮に、正式に依頼した場合にも、今の交渉状況などを、定期的に報告を受けることになりますので、説明のわかりやすさという点は依頼後も重要になります。

(2)交通事故への対応実績を確認する

弁護士や法律事務所には、それぞれ特に積極的に依頼を受け付けている分野(得意な分野)があることがあり、交通事故問題については交通事故の対応実績のある弁護士であるかどうかを確認しましょう。

弁護士であるからといって、全ての分野に精通しているということではなく、お医者さんと同様に専門分野(得意分野)があるのです。

お医者さんでも、ケガや病気の場所に応じた病院に受診するように、交通事故の相談をするのであれば、交通事故の対応を専門分野(得意分野)としている事務所に依頼することが大切です。

最近では、法律事務所のホームページに過去の解決事例や対応実績を掲載している事務所もありますので、依頼する前に確認してみるのもよいでしょう。

ホームページに記載がない場合には、正式に依頼する前に弁護士本人に聞いてみるのもいいでしょう。

(3)後遺障害等級認定の獲得実績を確認する

交通事故で後遺症が残った場合、後遺障害等級の認定を申請し、認定がおりればその等級に応じて賠償金を請求するという制度があります。

後遺障害等級は、後遺症があれば必ず認められるというわけではなく、認定されるためには法的な知識はもちろんのこと、後遺症に関する医学的な知識も必要となるのです。

そのため、後遺障害等級認定の申請に関しては、特に、弁護士であればだれでもできるというものではなく、これまでの後遺障害等級認定の申請の経験の有無、医学的知識の有無がものを言うのです。

後遺症が残った場合に、後遺症について慰謝料や賠償金を受け取るには、後遺障害等級の認定を受けることが必要となり、たとえ後遺症があっても後遺障害等級の認定を受けられなければ、後遺症に関する慰謝料や賠償金を受け取ることは難しくなります。

そのため、後遺障害等級の認定を受けられるか、受けられないかはのちに受け取れる賠償金の総額を大きく変えてしまうことになります。

後遺障害等級認定の獲得実績についても、交通事故の対応実績とともに、法律事務所のホームページに掲載があれば確認するようにしましょう。

例えば、アディーレ法律事務所では2010年3月から2020年3月までに4000人以上の後遺障害等級の獲得実績があります。

(4)料金を明確に提示する法律事務所を選ぶ

弁護士に交通問題の解決を依頼するにあたっては、やはり費用面が気になるものです。
相談者にとって、最も気になる費用の部分も、前もってきちんと説明してくれる弁護士や法律事務所を選ぶようにしましょう。

費用について明確な説明がないと、のちのちに費用金額についてトラブルになってしまう恐れもありますので、明確な説明をしていることでそのようなトラブルを防いでいるともいえます。

さらに、相談者が気になる面について、前もって明確に説明してくれている弁護士や法律事務所は、相談者の悩みや気になる点に丁寧に対応しているということにもなります。

※なお、「弁護士費用特約」に加入していれば、弁護士費用は心配なし!

「弁護士費用特約」とは、あなたやあなたの家族が入っている自動車保険や火災保険のオプションとして設けられている制度です。自動車事故の賠償請求を行う際に発生する弁護士費用を保険会社が支払ってくれるのです。

また、弁護士費用特約を使用しても保険料を値上がりする心配や保険の等級が下がるということはありませんので安心してください。

(5)依頼者にやさしい料金体系があるかを確認する

弁護士に依頼したことで賠償金を増額できたとしても、それ以上に弁護士費用がかかってしまうと、依頼者は結果的に損してしまうことがあります。

交通事故被害の相談を受けている事務所の中には、こうした事態を防げるような料金体系を設けていることがあります。

依頼者に損をさせないような料金体系があるということは、場合によっては弁護士や法律事務所が損をしてしまうこともありますので、それだけ賠償金の獲得に自信があるということだと考えられます。

例えば、アディーレ法律事務所では、弁護士費用特約が利用できない場合でも、「損はさせない保証」という料金体系があります。

【まとめ】弁護士選びのポイントは、「説明のわかりやすさ」「交通事故案件の対応実績」「明確でやさしい費用体系」

今回の記事のまとめは次のとおりです。

・交通事故問題の対応を弁護士に依頼するメリット

  • 交通事故問題の対応を弁護士に任せて、被害者の負担を減らすことができる
  • 弁護士は交渉するのが仕事であり、相手方の言い分に言いくるめられることがない
  • 弁護士には交通事故に関する豊富な知識がある

・交通事故問題を弁護士に相談・依頼する方法・流れ

  1. 法律事務所に電話をして相談予約
  2. 弁護士と対面相談、もしくは、電話相談
  3. 相談を聞いた上で、依頼をするかどうかを決める
  4. (依頼をした場合)弁護士が相手に慰謝料を請求する

・交通事故問題を相談する弁護士の選び方の5つポイント

  1. 説明がわかりやすい弁護士を選ぶ
  2. 交通事故への対応実績を確認する
  3. 後遺障害等級認定の獲得実績を確認する
  4. 料金を明確に提示する法律事務所を選ぶ
  5. 依頼者にやさしい料金体系があるかを確認する

ご加入中の自動車保険や損害保険に「弁護士費用特約」が付いている場合、原則的に弁護士費用は保険会社が負担することになります(一定の限度額、利用条件あり)。

また、弁護士費用特約を利用できない場合でも、アディーレ法律事務所では、原則として、交通事故被害の賠償請求につき、相談料、着手金はいただかず、成果があった場合のみ報酬をいただくという成功報酬制です。

また、原則として、この報酬は獲得した賠償金等からのお支払いとなりますので、あらかじめ弁護士費用をご用意いただく必要がありません。

また、当該事件につき、原則として、成果を超える弁護士費用の負担はないため費用倒れの心配もありません。

※以上につき、2021年6月時点

交通事故の被害にあって賠償金請求のことでお悩みの場合は、アディーレ法律事務所にご相談ください。

交通事故に関するメリット満載

弁護士による交通事故のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-250-742
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています