あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

不貞の慰謝料を請求するにはどんな証拠が必要?証拠集めの秘訣解説

作成日:更新日:
kiriu_sakura

不貞行為(浮気)に対して慰謝料請求をするには『証拠』が重要です。
しかし、その『証拠』がない場合にはどうしたら良いのでしょうか。

「無い」からといって諦めるのは、少々早いかも知れません。
目の前にあっても、まだあなたは『証拠』があることに気が付いていないだけかも知れません。

また、今は証拠がなくても、これから用意することもできますよ。
最悪、本当に証拠がなくても、慰謝料請求ができる場合も……。

この記事では、不貞行為の証拠集めの秘訣を解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 林 頼信

慶應義塾大学卒。大手住宅設備機器メーカーの営業部門や法務部での勤務を経て司法試験合格。アディーレ法律事務所へ入所以来、不倫慰謝料事件、離婚事件を一貫して担当。ご相談者・ご依頼者に可能な限りわかりやすい説明を心掛けており、「身近な」法律事務所を実現すべく職務にまい進している。東京弁護士会所属。

不貞行為の証拠として認められるもの

「不貞行為(浮気)」は不法行為として慰謝料請求の対象になったり、裁判上の離婚原因となります。
「不貞行為」というのは、夫婦間において夫や妻が配偶者以外の異性と性的関係を持つことです。

配偶者と浮気相手が不貞行為の事実を認めなかった場合、慰謝料請求においては被害者側に立証責任があるため、不貞行為を証拠によって証明しなければなりません。

「夫が別の女とセックスしてることなんて証明できない!」
そう考え「証拠はない」と考えてしまうかも知れませんね。

確かに、配偶者が別の異性と肉体関係があったということをダイレクトに証明することは難しいことです。
配偶者が性行為を行っている現場にちょうど出くわして写真を撮影した、というなら話は別ですが。

そこで、慰謝料請求の裁判では「不貞行為を推認させる証拠」、つまり「性交渉があったことを推認させる証拠」によって、間接的に立証していくケースが一般的です。

例えば、配偶者が別の異性と一緒にラブホテルに入っていく場面の写真があれば、それは確かに「ホテルに一緒に入ったこと」しか示していませんが、性交渉を推認させることは可能です。

なお、証拠は裁判の場面だけではなく、示談で慰謝料を請求する場合にも重要になってきます。
強力な証拠があれば、相手は裁判になっても勝ち目がないと考えるため、こちらに有利な条件で交渉を進めることが可能となります。

他にどのようなものが不貞行為の証拠として認められるかを見てみましょう。

(1)メールやSNSのDMなどのやり取り

証拠として残りやすいのは、配偶者と浮気相手のメールやSNS、DMでのやりとりでしょう。

2人が親密に日常会話をやり取りしているだけでは、証拠としての価値は低いと言えますが、浮気をしている場合にはDMといった2人きりでの閉鎖的な会話となると、「今晩、君のうちに行くね」「昨日の夜は楽しかった」といった不貞行為を推認させる会話が残されている可能性が高いでしょう。

(2)不貞行為を自白した録音データや自認書

配偶者に浮気の兆候が見られた場合に問い詰めたところ、配偶者が浮気の事実を白状することもあります。
浮気相手についても「夫が認めている」と問い詰めた結果、不倫の事実を認める場合は少なくありません。

「不貞行為を認めて謝罪し許してもらおう」と、配偶者や浮気相手が考えているときはチャンスです。
浮気を言葉で認めたのであれば、それを録音したり、浮気の事実と謝罪について一筆書いてもらい自認書を作成しておきましょう。
不貞行為の事実を認めた録音データは、直接的な不貞行為の証拠となります。

ただ、内容にきちんと肉体関係があったことを記載するのがポイントとなりますから、ご注意ください。
「不適切な行為を反省している」や「妻である君を傷つけたことを謝罪したい」といった文言では足りません。
配偶者が性行為を行ったこと、性行為の相手、日時。最低限これらの記載は必要です。
できる限り不貞相手を特定できる記載があるものが良いでしょう。

『示談書』を作成しても勿論構いませんが、金銭の支払いなどを内容に含めると相手は警戒して作成に合意しないかも知れません。
あくまで浮気を事実を認める内容の『自認書』の場合は、謝罪する流れで書いてくれることがより期待できます。

(3)写真や動画

性行為時の写真や動画が入手できれば、直接的な不貞行為の証拠となります。
確かに入手は困難かも知れませんが、浮気をしている場合、浮気相手とのLINEでのやりとりで、この手の画像を上げているケースも見られます。

ホテルに出入りしているところの写真や動画も有効です。
複数回の不貞行為の写真が準備できると、さらに有利になります。

2人で食事や買い物をしていただけの写真は、証拠としては弱いといえますが、量が多ければ2人の親密な交際を推認させることができるため、無意味ではありません。

写真に撮影日時が記録されていることも大切です。

(4)スケジュール帳や日記

スケジュール帳やスケジュール管理アプリ、日記などに、不倫相手とデートをした日やその内容などが書かれていると、証拠となります。
とくに、継続して関係を持っていることが記録されていると良いですね。

肉体関係がわからない内容だと、証拠としての価値は低いのですが、スケジュールの時間帯(深夜の予定)などから不貞行為を推認することも可能ですから、組み合わせや内容から意外なものが証拠になる可能性があります。

(5)ラブホテルなどの領収書、クレジットカードの利用明細

ホテルやラブホテルの領収書や明細書も不貞行為の証拠となります。
ホテルの明細書には代表者1名の氏名しか書かれないことから「誰と行ったかわからないから証拠にならない」と捨ててしまうのはちょっと待ってください。
スケジュール帳などと組み合わせて、同行者が推認できるかも知れません。
いろいろな証拠を多角的に集めることが重要となってきます。

クレジットカードの利用明細も、レストランでの食事や映画、テーマパークなどの支払い履歴があれば、証拠として有効です。
いわゆるデートスポットと呼ばれる場所に行くことは、配偶者を除いては極めて限られるため、浮気を推認されます。
高額なアクセサリーなどへの支払い明細も、浮気相手へのプレゼントと考えられることから証拠となりえます。

(6)妊娠を証明できるもの

夫の不倫相手が妊娠した場合や、妻が不倫相手の子どもを妊娠した場合、当然慰謝料請求の対象となります。
なお、不倫相手を妊娠させることは、慰謝料の増額事由にもなるため価値の高い証拠と言えるでしょう。

産婦人科の診療報酬明細書やエコー写真など、妊娠や堕胎がわかる資料があれば、不貞行為の直接的な証拠となります。
これらは、裁判時に病院に記録の開示を求めることで、証拠を集めることができる可能性があります。

ですが、裁判以外では病院からの情報開示は期待できないため、配偶者が不貞行為の事実を認めて自分から浮気相手との間に子供がいることを告白したという場合以外には証拠として収集することは難しいと思われます。

(7)探偵・調査会社の報告書

探偵事務所や興信所に尾行調査を依頼して不倫現場をおさえることができれば、その調査報告書は直接的な証拠となります。
もっとも、探偵会社に依頼することはかなりの出費が見込まれますので、まずは自分で集められる証拠を効果的に集めるために弁護士に相談する方が安く済む可能性は十分あります。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上(※)

不貞行為の証拠として認められないもの

せっかく証拠を集めても、不貞行為の証拠として認められないものもあります。
集め方によっても証拠としての価値を失ってしまうので注意が必要です。

(1)違法に収集したもの

あまりにも悪質な方法によって収集された証拠は裁判で証拠能力を否定されてしまいます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。
– 盗聴器を使用して部屋や電話の内容の盗聴をする
– 不倫相手の部屋に侵入し、カメラを設置し盗撮する
– スマホのデータを勝手に取り出す
– 日記や手帳を盗む
– 不正アプリを使用して配偶者の位置情報やスマホの内容を盗む など

例えば、スマホのデータを証拠にする場合にも、相手の承諾を得てスマホを開くことや、暗証番号を入れなくても見られるポップアップ画面のメッセージを撮影するなどといった工夫が必要になります。

(2)捏造や改ざんが疑われるもの

写真やメールなどを勝手に加工したり、偽造することは絶対にやめてください。
ひとつでも偽造したデータを出してしまうと、他の全ての証拠の信用性が低くなってしまいます。

捏造や改ざんを行わなくても、疑いの余地が少ない方法で証拠を集めることは大切です。

スマホのスクリーンショットやメール文面のコピペ・転送なども、改ざんが疑われやすいので注意する必要があります。
デジタルデータで保存されたものは加工が容易であるため、他の証拠も合わせて集めておくことや、加工が疑われない形(画面の撮影や、デジタルではないカメラでの撮影など)での記録をすることも大事です。

不貞行為の証拠がなくても慰謝料請求できる?

いろいろ意外なものが証拠になるのですが、仮に前述した不貞行為の証拠が揃わなくても、慰謝料請求自体は可能です。
裁判で有効となる明確な証拠がなくても、配偶者や不倫相手の自白を取ることができれば、慰謝料を獲得できる可能性があります。
裁判の場で相手方の口走る不用意な一言ですら、不倫と紐づけられることもあるのです。

このようなテクニックは慣れない人にとっては難しいことですが、弁護士に慰謝料請求を依頼すれば、証拠としての価値が低いものでもさまざまな証拠を組み合わせて不貞行為を明らかにし、事実を認めさせる方法をとります。
細かい証拠や、弱いと思われる証拠も破棄せずに、弁護士との相談時に提出すると良いでしょう。

不貞行為の証拠がない場合の対処方法

現段階で不貞行為の証拠がない場合であっても、これからの対処で結果が異なってくるかも知れません。
どのようにすれば良いかについて解説します。

(1)自分で証拠を集める

これから証拠を集める場合、細かい証拠でも良いので、できるだけ複数の証拠を集めると良いでしょう。
既に説明したように、細かくともさまざまな証拠を組み合わせて不貞行為を明らかにできる可能性があります。

また、1度だけの不貞行為の証拠では、慰謝料請求が認められないこともあるため、決定的な証拠をひとつ入手して安心せず、継続した不貞関係があることを証明できるよう証拠集めも継続して行なうことがおすすめです。

(2)探偵事務所や興信所に依頼する

キチンとした探偵や興信所に不貞行為の調査を依頼すると、配偶者や不倫相手を尾行し、不貞行為の証拠を掴めるように記録を残していってくれます。
調査により不貞行為の現場をおさえられれば、調査報告書が直接的な証拠となり、相手方も否定できなくなってきます。

一般的に探偵事務所や興信所への調査依頼は高額になることが多く、不貞行為の証拠がおさえられなくても費用がかかることもあるため、事前に料金体系について確認することが必要です。
漠然とした依頼ではなく、スケジュール帳などと組み合わせ、配偶者が不倫相手と会う予定に目星をつけた上で尾行を頼むといった準備をした方が良いでしょう。

(3)弁護士に依頼する

不倫相手の素性がわからないときは、弁護士に相談してみるのが良いでしょう。
スマホの通話履歴から電話番号がわかっても、相手の居所がわからない場合など、弁護士なら電話会社へ「23条照会」という弁護士会による情報照会を行なうことができ、氏名や住所が判明する可能性があります。

すでに説明したように、証拠集めについてはテクニックも必要となってきますし、間違った証拠集めをしてしまって証拠が台無しになってしまう危険もあります。

また、自分で集めた証拠が有効かどうかについても、自分で判断せずに弁護士に相談したほうが良いと思われます。

【まとめ】不貞行為の証拠がなくても慰謝料請求はできる

今回の記事のまとめは次のとおりです。

  • 不貞行為の証拠となりうるものは、メール、写真・動画、不貞行為の事実を自白した録音データなどさまざま
  • より具体的に肉体関係の事実がわかる証拠があると、有利になる
  • 違法に収集した証拠は、証拠として認められない
  • 不貞行為の証拠がなくても慰謝料請求はできる
  • 自分で証拠を集めるだけでなく、探偵事務所や興信所、弁護士に依頼することも可能

不貞行為の慰謝料請求は証拠集めが重要です。
不貞慰謝料に関するお悩みは、アディーレ法律事務所にご相談ください。

浮気・不貞による慰謝料のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-783-184
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています