あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

むち打ちが原因で肩こりに?むち打ちにおける後遺障害等級について

作成日:
リーガライフラボ

交通事故により負うケガとして多いのがむち打ち症です。
むち打ち症は、首の痛みだけでなくしびれやだるさなど様々な症状を引き起こしますが、肩こりもその一つです。
この記事では、

  • むち打ちの症状と肩こりが起こる理由
  • むち打ちによる肩こりに後遺障害等級は認定されるか
  • むち打ちによる肩こりの後遺障害等級認定の申請方法

について、弁護士が解説します。

むち打ちの症状と肩こりが起こる理由

まず、

  • むち打ちが生じるメカニズム
  • むち打ちにより肩こりが起こる理由

について解説します。

(1)むち打ちとは?

むち打ちとは、外部からの強い衝撃により、頸部(首)がむち打ったように過度に伸縮した結果、首の部分の筋肉、靭帯、椎間板などの軟部組織や骨組織が損傷することをいいます。

正式には、「頸椎捻挫」「外傷性頚部症候群」などと呼ばれます。

【椎間板】

自動車運転中などに後ろから追突されると、体は急激に前方に押し出されますが、その際に首と頭が胴体に引っ張られ、ムチのようにしなることで起こります。
前方や側面からの衝撃と比べ、後方からの追突事故はよりむち打ちを発症しやすくなります。
頭は体重の1割ほどの重さがあるため、軽い追突でも不意な衝撃を受けるとむち打ちになる可能性があります。

むち打ちは、痛みだけでなく、しびれ、だるさなどさまざまな症状を引き起こしますが、自覚症状しか認められず、他覚的所見(医師の所見)を伴わない場合が多いため、症状固定の判断や後遺障害認定が難しい場合もあります。

(2)むち打ちで肩こりが残る理由

むち打ちで肩こりの症状が現れることもあります。そして、むち打ちによる首の痛みが完治しても、肩こりが取れないケースがあります。
この肩こりは、事故の衝撃で痛めた筋肉や軟部組織の損傷、あるいは自律神経の損傷により血行障害が生じた結果、起こると考えられています。

このように、交通事故でむち打ちになった際に、適切な治療やリハリビを受けないと損傷が慢性化し、後遺症として肩こりが残ってしまうことがあるのです。

(3)むち打ちによる肩こりの治療期間

一般的に、むち打ちの場合は3ヶ月程度の治療を要しますが、むち打ちによる肩こりが治るまでにはさらに時間を要する場合もあります。

また、日頃から肩こりがあった人の場合、むち打ちによる肩こりなのか原因がわからず、さらに治療期間が伸びることもあります。

治療開始から3ヶ月ほど経つと、事故の相手方の保険会社から治療費の打ち切りが打診されることがあります。これに応じると、それ以降の治療費については保険会社からの支払いが打ち切られてしまいます。

この場合、保険会社と交渉して治療を継続するなどの対応が必要となります。

治療費の打ち切りについて、詳しくはこちらもご参照ください。

交通事故の治療費が打ち切りになる?自費通院を回避する方法を弁護士が解説

むち打ちによる肩こりは後遺障害等級に認定される?

では、むち打ちによる肩こりがいつまでも引かない場合、後遺障害に認定されるのでしょうか。以下では、

  • 後遺障害等級の概要
  • むち打ちによる肩こりが該当する可能性のある後遺障害等級
  • 後遺障害に認定されるポイント

を解説します。

(1)後遺障害等級認定とは?

交通事故でケガを負った場合、治療してもこれ以上回復できない状態で症状が残ることがあります。これを「後遺症」といいます。
「後遺障害」とは、このように交通事故で負った後遺症のうち、自賠責保険の基準に基づき、所定の機関(損害保険料率算出機構など)により障害を認定されたものをいいます。

後遺障害は1~14級(および要介護1級・2級)の等級に分かれており、1級の症状が最も重く、症状が軽くなるに従って2級、3級……と等級が下がっていきます。

各等級で、眼・耳・四肢・精神・臓器などの部位、障害の系列に応じた障害の認定基準(各号)が定められています。

参考:後遺障害等級表|国土交通省

後遺障害が認定されると、被害者は加害者に対し、治療費や休業損害(ケガのために仕事を休んだことによって失った収入)などに加え、後遺症慰謝料や逸失利益(=後遺障害により得られなくなった、または減少した将来の収入)も請求できるようになります。

(2)むち打ちによる肩こりが該当する後遺障害等級

むち打ちによる肩こりで認定される可能性のある後遺障害等級には、

  • 12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)
  • 14級9号(局部に神経症状を残すもの)

があります。

それぞれの等級における後遺症慰謝料の目安は次のとおりです。

自賠責の基準弁護士の基準
12級13号94万円290万円
14級9号32万円110万円

※いずれも、2020年4月1日以降に起きた事故の場合。

上の表のとおり、一般的に自賠責の基準よりも弁護士の基準のほうが金額は高くなります。

後遺症慰謝料における「自賠責の基準」「弁護士の基準」について、詳しくはこちらもご参照ください。

【自賠責より弁護士基準】交通事故の慰謝料の相場と計算方法を解説

12級13号は、MRIなどの精密検査で他覚的所見が認められると認定されます。
14級9級は、他覚的所見はないが医学的所見で症状の説明がつく場合に認定されます。

いずれの場合も、治療を続けた結果、医師により症状固定(=これ以上治療しても改善しないこと)の診断を受ける必要があります。
ただし、むち打ちや椎間板ヘルニアは後遺障害等級の認定が難しい場合があるため、申請については弁護士に依頼するのがおすすめです。

(3)むち打ちによる肩こりで後遺障害等級が認定されるポイント

次に、むち打ちによる肩こりで後遺障害等級が認定されるためのポイントを解説します。

(3-1)事故による衝撃が大きいこと

後遺障害等級が認定されるためには、症状と交通事故と症状固定状態との間に相当因果関係が認められることが必要となります。

つまり、事故時の衝撃が、肩こりという後遺症を発症し得るほどのものであると認められることが必要です。

逆に言うと、軽微な事故(衝撃)の場合、たとえ事故後にむち打ちや肩こりが残っても、後遺障害等級が認定されない可能性があります。

(3-2)継続して治療すること

後遺障害等級が認められるためには、事故後から症状固定の診断を受けるまで、病院に定期的に通院した実績が必要となります。
治療の間が開いてしまうと、完治していなくても「治癒」と推定され、後遺障害等級が認定されないことがあります。

また、後遺障害等級の申請に必要な後遺障害診断書は医師しか作成できないため、整骨院や接骨院ではなく、整形外科などの病院で治療を続けることが重要です。

【後遺障害診断書】

(3-3)症状に一貫性・連続性があること

症状固定までの間、症状が一貫しており、かつ連続していることも、後遺障害等級認定にあたり重視されるポイントとなります。
事故後、肩こりがいったん治ってぶり返したという場合は、後遺障害と認定されないことがあります。

(3-4)医師に症状を正確に伝える

症状が一貫してあることや、悪天候の日に症状が重くなるなど、医師に症状を具体的かつ正確に伝えることが重要です。
日によっては症状が良くなるという場合でも、「治った」と自己判断せず、長期的な症状を医師に伝えましょう。

また、症状を通院の都度カルテに記載してもらうといったことも大切です。

(3-5)神経学的検査を受ける

MRIやレントゲンなど、画像による他覚的所見がない場合は神経学的検査を受けましょう。

【神経学的検査の例】

検査名検査内容
ジャクソンテスト被験者が椅子に座り、医師が被験者の頭部を後ろに倒しながら圧迫します。この時、肩、腕、手などに痛みやしびれが出るかどうかで、神経根障害を調べます。
スパーリングテスト被験者が頭を後ろに反らせた状態で、医師が頭頂部を下方に圧迫します。この時、肩、腕、手などに痛みやしびれがあるかどうかで、神経根障害を調べます。
腱反射テスト腱を打腱器で叩いて、正常な反射(筋萎縮反応)が返ってくるかどうかを検査します。
筋委縮検査上肢または下肢の周囲径を図り、筋委縮(筋肉の痩せ)が生じていないかを確認します。

なお、神経学的検査を受けた場合は、自覚症状と検査結果の整合性をカルテに記載してもらうことが重要です。

肩こりの後遺障害等級申請は弁護士に相談を

「後遺障害等級認定申請の重要書類である後遺障害診断書は、場合によっては医師が作成に慣れていないケースがあります。
弁護士に依頼すれば、等級認定に必要な事項についてアドバイスが受けられます。

また、弁護士に依頼すると、後遺症慰謝料などについて、一般に最も高額な弁護士の基準で相手側と交渉を進められるため、賠償額の増額も期待できます。

さらに、後遺障害等級が認定されなかった場合の異議申立ても、弁護士にサポートしてもらえます。

後遺障害等級認定の異議申立てについて、詳しくはこちらもご参照ください。

後遺障害の異議申立てとは?認定された後遺障害等級を争う方法

なお、これらを弁護士に依頼する際には弁護士費用が必要となりますが、任意保険の弁護士費用特約により、弁護士費用を賄うことができます。

被害者ご自身が弁護士費用特約の補償範囲に入るか否かについては、ご自身が加入している自動車保険に弁護士特約が付いているかどうかや、同居されているご家族の自動車保険に弁護士費用特約が付いているか(※)、またご自身やご家族が加入されている火災保険に弁護士費用特約が付いているか、確認してみましょう。

※同居されている6親等までの血族および3親等までの姻族、またはご自身に結婚歴がなければ、別居されているご両親の自動車保険に付帯されている弁護士費用特約で補償されるケースが多いです。

弁護士費用特約についてはこちらもご参照ください。

弁護士費用特約とは?家族も利用できる特約内容についても解説

【まとめ】むち打ちによる肩こりの後遺障害等級申請は弁護士にご相談ください

この記事のまとめは次のとおりです。

  • 交通事故でむち打ちになると、場合によって肩こりの症状が残る場合がある。
  • むち打ちの治療は3ヶ月程度かかるが、肩こりが起きるとさらに治療を要することも
  • むち打ちによる肩こりは12級13号、または14級9号の後遺障害等級に認定される可能性がある。
  • むち打ちによる肩こりで後遺障害等級が認定されるためには、継続的に治療するなど、いくつかのポイントを実践することが重要。

むち打ちによる肩こりで後遺障害等級認定の申請を検討されている方は、アディーレ法律事務所までご相談ください。

弁護士による交通事故のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

交通事故被害の慰謝料・示談金増額の ための資料を無料でご提供します!

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

交通事故に関するメリット満載

弁護士による交通事故
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中