取材・紹介された雑誌

光文社【CLASSY.】

光文社【CLASSY.】

2017年3月28日(火)発売(5月号)

月刊女性ファッション誌「CLASSY」から、淳也弁護士が取材を受けました。誌面では、「いま、二刀流男子が熱い!」という特集記事を掲載。淳也弁護士は、弁護士と気象予報士の資格を持つ「二刀流男子」として紹介されました。

ページトップへ

集英社【non-no】

集英社【non-no】

2017年3月20日(月)発売(5月号)

月刊女性ファッション雑誌「non-no」から、岩沙弁護士が取材を受けました。誌面では、「大学生のイマドキアルバイト事情」という特集記事を掲載。労働トラブルに詳しい岩沙弁護士は、アルバイト中に品物を壊してしまったら弁償しなければいけないのかや、突然仕事を解雇されてしまった場合の対処法などについて、わかりやすく解説しています。

ページトップへ

プレジデント社【プレジデント】

プレジデント社【プレジデント】

2017年3月13日(月)発売(4/3号)

人気ビジネス誌「プレジデント」から、池田弁護士が取材を受けました。“世のなか法律塾”という記事で、不動産トラブルに詳しい池田弁護士は、オフィスの賃貸契約で注意すべき点や、消費者契約法における、居住用・事業用賃貸の保護の違いなどについて、わかりやすく解説しています。

ページトップへ

小学館「女性セブン」

2017年3月2日(木)発売(3/16号)

人気週刊誌「女性セブン」から、鈴木淳也弁護士が取材を受けました。誌面では、日常生活でついやってしまいがちな犯罪行為についての特集記事を掲載。鈴木淳也弁護士は、無料の氷を大量に持ち帰ったり、指定日より早くゴミを出すなど、どのようなケースだと法的に罪になる可能性があるかなどについて、わかりやすく解説しています。

ページトップへ

リクルート【SUUMO 新築マンション 首都圏版】

リクルート【SUUMO 新築マンション 首都圏版】

2017年2月28日(火)号

住宅情報誌「SUUMO 新築マンション 首都圏版」から,篠田弁護士が取材を受けました。“離婚と家の法律相談”という記事で,離婚問題・男女トラブルに詳しい篠田弁護士は,離婚にともなう住宅や住宅ローンの取扱い,どのようなものが財産分与の対象となるのかなどについて,わかりやすく解説しております。

ページトップへ

双葉社【週刊大衆】

双葉社【週刊大衆】

2017年2月27日(月)発売(3/13号)

人気週刊誌「週刊大衆」から,岩沙弁護士が取材を受けました。“女子高生JKお散歩”に関する記事で,岩沙弁護士は,JKビジネスは法的に違法ではないのかなどについて,弁護士の立場から,わかりやすく解説しております。

ページトップへ

ダイヤモンド社【週刊ダイヤモンド】

毎日新聞出版【週刊エコノミスト】

2017年2月20日(月)発売(2/25号)

ビジネス週刊誌「週刊ダイヤモンド」から,当事務所の代表・石丸弁護士が取材を受けました。過払い金返還請求の現状や,当事務所の今後の展望などについて,コメントいたしました。

ページトップへ

毎日新聞出版【週刊エコノミスト】

毎日新聞出版【週刊エコノミスト】

2017年2月20日(月)発売(2/28号)

経済週刊誌「週刊エコノミスト」から,当事務所の代表・石丸弁護士が取材を受けました。過払い金返還請求の現状や,全国的な支店展開などの当事務所の事業展開について,コメントいたしました。

ページトップへ

主婦と生活社【週刊女性】

主婦と生活社【週刊女性】

2017年2月7日(火)発売(2/21号)

人気週刊誌「週刊女性」から,吉岡一誠弁護士が取材を受けました。“4億円違約金でも後を絶たない「ゲス不倫」”という記事で,吉岡一誠弁護士は,不倫などタレント側の原因でCM降板となった場合,スポンサーに違約金を支払わなければならないことなどについて,わかりやすく解説しております。

ページトップへ

ベネッセコーポレーション【My Vision】

ベネッセコーポレーション【My Vision】

2017年2月1日(水)(2月号)

進研ゼミの情報誌「My Vision」から,篠田弁護士が取材を受けました。中学生が興味がある仕事をしている人に話を聞くコーナーにて,篠田弁護士は,“弁護士”という職業について,普段どのような業務を行っているかの解説や,夢に向かって努力している中学生へ向けてメッセージを送りました。

ページトップへ

朝日新聞出版【AERA】

2017年1月16日(月)発売(1月23日号)

人気週刊誌「AERA」から,篠田弁護士・鳴海弁護士が取材を受けました。“親子の大問題”という特集記事を掲載。篠田弁護士は,親族からの相続における遺言書の必要性についてや,鳴海弁護士は,姻族関係終了届とはどのようなものなのかなどについて,わかりやすくコメントしています。

ページトップへ

アディーレ法律事務所