あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

死をもたらす静かな時限爆弾「アスベスト(石綿)」

作成日:更新日:
リーガライフラボ

かつて「奇跡の鉱石」と呼ばれていたにもかかわらず、現代では「静かな時限爆弾」として忌み嫌われるアスベスト(石綿)。
ここでは、アスベスト(石綿)がどのようなものなのかをご紹介します。

アスベスト(石綿)とは

アスベスト(石綿、いしわた)とは、地中でつくられる繊維状の岩石です。
化学的に作られたものではなく、自然に存在します。

燃えない、軽い、加工しやすい、粘着性がある、頑丈、安い――。
さまざまな長所をもっており、「奇跡の鉱石」と重宝されていました。
1970~1990年代を中心に、屋根瓦、天井、壁などの建築材料に非常に多く使われてきたのです。

アスベスト(石綿)は、6種類に分けることができます。

  • クリソタイル
  • クロシドライト
  • アモサイト
  • アンソフィライト石綿
  • トレモライト石綿
  • アクチノライト石綿

日本で主に使用されていたのは、クリソタイル、クロシドライト、アモサイトです。
そのうち、クロシドライト、アモサイトはクリソタイルよりも発がん性が高いため、1995年には輸入・製造・使用が禁止されました。
2012年3月以降、クリソタイルを含むアスベスト(石綿)を製品に使用することが原則禁止されました。

なぜアスベスト(石綿)が危険なのか?

空気中に浮遊しているアスベスト(石綿)の繊維は、極めて軽く、呼吸とともに体内に侵入します。
髪の毛の5000分の1の細さなので、空気中に浮遊していても目には見えません。
鼻毛によって侵入を阻止されるもの、痰によって体外に排出されるものもありますが、肺の深部まで入り込んでしまうと、体内で分解・排出することができずに、蓄積されます。
そのような状態でX線検査をすると、肺付近に白くもやもやとしたものが映ります。
「肺にアスベスト(石綿)が刺さっている」と表現されることもあります。
そして、数十年かけて肺をむしばみ、呼吸機能を低下させ、肺がんなどを発症させるのです。

アスベスト(石綿)が建築資材に使われていたとしても、損傷していなければ人体に危害を及ぼさないとされています。アスベスト(石綿)製品があるからといって、直ちに心配する必要はありません。

アスベスト(石綿)を見分けられる?

私たちの日常生活に潜むアスベスト(石綿)は、天井に吹き付けられていたり、石こうボードなどの建材に含まれていたりします。
アスベスト(石綿)は加工しやすいので、さまざまな形状で製品に使われていたのです。
そのため、アスベスト(石綿)がどこに使用されているかを見分けることは困難でしょう。

建材の品番がわかれば、国土交通省のホームページでアスベスト(石綿)を使っているかを調べられます。

アスベスト(石綿)が自分の家の建築資材に使われていると思うと気持ち悪いですが、セメントや合成樹脂で固められている以上、ふつうにその住宅で暮らしていても体に害はありません。
もっとも、経年劣化でアスベスト(石綿)がむきだしになると、体に害が及ぶ危険性もあるので、気になる人はこちらの記事をご覧ください。

【まとめ】

アスベスト(石綿)が、肺の奥深くに入り込んでしまうと、数十年かけて肺をむしばみ、呼吸機能を低下させ、肺がんなどを発症させます。
アスベスト(石綿)の健康被害でお悩みの(元)労働者・ご遺族の方は、アスベスト(石綿)訴訟を取り扱っているアディーレ法律事務所にご相談ください。

参照:石綿(アスベスト)含有建材データベース(Web版)

アスベストに関するご相談は何度でも無料

弁護士費用は安心の成功報酬制!

石綿健康被害救済法や労災保険の給付を受けている方でも、賠償金の対象になります!

ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

お電話やオンラインによるご相談だけでなく、お近くの本店・支店にお越しいただいてのご相談も可能です

ゼロイチニーゼロ ハヤイ キュウフヲ

0120-881-920

朝9時〜夜10時・土日祝も受付

もしくは

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

よく見られている記事

アスベストに関するご相談無料

0120-881-920

朝9時〜夜10時・土日祝も受付

メールでお問い合わせ