あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

あなたもアスベスト(石綿)を吸っているかも?アスベスト(石綿)に触れる3つの機会

作成日:更新日:
リーガライフラボ

数年前まで飲食店や道路で、私たちは当たり前のようにたばこの煙にさらされていました。
たばこの成分であるニコチンやタールには発がん性があるとわかっていたにもかかわらず、屋内施設での喫煙を原則禁止した受動喫煙防止法が施行されたのは2020年4月1日です。
このように発がん性のある物質でも、特段規制されずに日常生活に存在していました。
「アスベスト(石綿)」もその1つです。
ここでは、どのような状況で人々がアスベスト(石綿)にさらされていたのかをお伝えします。

(1)職業曝露

アスベスト(石綿)に曝される機会が最も多かったのは、仕事でアスベスト(石綿)を扱っていた人々です。

  • 鉱山でアスベスト(石綿)の採掘作業をしていた人
  • 工場でアスベスト(石綿)の断熱作業をしていた人
  • 工場でアスベスト(石綿)製品を製造・加工していた人
  • 造船場や車両工場でアスベスト(石綿)を扱っていた人

外国からの輸入物を扱う際に思いがけずにアスベスト(石綿)を吸入したケースもあります。
厚生労働省のHPでは、アスベスト(石綿)にさらされた可能性のある業務がまとめられています。

参照:石綿にばく露する業務に従事していた労働者の方へ|厚生労働省

また、アスベスト(石綿)の使用された建物で勤務していたことから、発症したケースもあります。
吹き付けアスベスト(石綿)が使用されている建築物はいまなお存在しているため、危険性があるかを知りたい場合には建築時の工事業者や建築士などに問い合わせるのが良いでしょう。
一般的に吹き付けアスベスト(石綿)は、規模の大きい鉄骨造の建築物の耐火設備に利用されています。

残念ながらアスベスト(石綿)をどの程度吸入すれば中皮腫などの病気になるか正確なことはわかっていません。息切れがひどくなった、たんに血液が混ざったなど日常生活で何か変化が現れたのであれば、近隣の労災病院等の専門医療機関に相談することをおすすめします。

仕事でアスベスト(石綿)を扱っていた結果、中皮腫などの病気にかかった場合、健康管理手帳の交付を受け定期的に検診を受けるほか、労災の申請をすることが可能です。また、条件を満たす場合には、国から賠償金を受け取ることもできます。

(2)家族曝露

仕事でアスベスト(石綿)を扱っていた人の家族もまたアスベスト(石綿)にさらされている危険性があります。
たとえば、次のようなケースが想定されます。

  • アスベスト(石綿)工場で働く人の作業着を毎日洗濯していた人
  • アスベスト(石綿)の入っていた空の袋を自宅で使っていた人
  • 親の勤務するアスベスト(石綿)工場で遊んでいた人

アスベスト(石綿)の繊維は非常に細く目に見えないため、知らず知らずのうちに口から吸いこんでいる可能性があるのです。

このようなケースでは労災の認定や健康管理手帳の利用は認められません。
しかしながら、アスベスト(石綿)被害救済法によって医療費や療養手当を受けることが可能です。

(3)近隣暴露

アスベスト(石綿)工場やアスベスト(石綿)鉱山の付近で暮らしていた人もアスベスト(石綿)にさらされていた危険性があります。
たとえば、尼崎市のアスベスト(石綿)工場の付近で約20年暮らしていた人々が中皮腫などにかかりました(クボタショック)。

このようなケースも、労災の認定や健康管理手帳の利用は認められませんが、アスベスト(石綿)被害救済法によって医療費や療養手当を受けることが可能です。

現在はアスベスト(石綿)の規制がなされ、工場の敷地周辺の住民の健康に危害が及ぶことはないとされています。もし法律に反する実態を把握したのであれば、市役所や弁護士に相談することをおすすめします。

アスベスト(石綿)の健康被害でお悩みの(元)労働者・ご遺族の方は、アスベスト(石綿)訴訟を取り扱っているアディーレ法律事務所にご相談ください。

参照:アスベスト(石綿)ばく露の機会|独立行政法人 環境再生保全機構
参照:石綿関連疾患 職業ばく露・家族ばく露・建物ばく露・環境ばく露についてーリスクと今後の予防ー|中皮腫・じん肺・アスベストセンター

アスベストに関するご相談は何度でも無料

弁護士費用は安心の成功報酬制!

石綿健康被害救済法や労災保険の給付を受けている方でも、賠償金の対象になります!

ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

お電話やオンラインによるご相談だけでなく、お近くの本店・支店にお越しいただいてのご相談も可能です

ゼロイチニーゼロ ハヤイ キュウフヲ

0120-881-920

朝9時〜夜10時・土日祝も受付

もしくは

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

よく見られている記事

アスベストに関するご相談無料

0120-881-920

朝9時〜夜10時・土日祝も受付

メールでお問い合わせ