あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

後遺障害の陳述書とは?陳述書の書き方と例文、意見書との違い

作成日:更新日:
リーガライフラボ

交通事故のケガで後遺症が残った場合、所定の機関より後遺障害の認定を受けると、加害者に対して後遺症慰謝料や逸失利益などの賠償金を請求できるようになります。
この場合、請求できる賠償金の額は認定された等級によって決まるのですが、思ったより低い等級しか認定されないなど、結果に納得できないこともあります。
そこでこの記事では、後遺障害等級の認定結果に納得がいかない場合の

  • 不服申立ての方法
  • 不服申立ての際の陳述書の書き方

について、弁護士が解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 村松 優子

愛知大学、及び愛知大学法科大学院卒。2010年弁護士登録。岡﨑支店長、家事部門の統括者を経て、2018年より交通部門の統括者。同年よりアディーレの全部門を統括する弁護士部の部長を兼任。アディーレが身近な存在となり、依頼者の方に、水準の高いリーガルサービスを提供できるよう、日々奮闘している。現在、愛知県弁護士会所属。

交通事故の後遺障害の異議申立てとは?

後遺障害等級は、症状の程度に応じて1~14級(および要介護1級・2級)に分類されますが、等級がひとつ違うだけで、後遺症慰謝料の金額が大きく変わってきます。

後遺障害の認定は、所定の機関(損害保険料率算出機構など)が行いますが、認定された等級に納得がいかないとき、あるいは非該当となったときには、不服申立てをすることができます。

(1)後遺障害の不服申立てには3つの方法がある

等級認定結果へ不服を申立てる方法には、

  • 異議申立て
  • 紛争処理申請
  • 裁判所への訴訟提起

の3つがあります。
以下、一つずつ説明します。

(1-1)異議申立て

これは、等級認定を行った機関(損害保険料率算出機構など)に対して新たな医学的資料などを提出し、認定の見直しを求めるものです。
異議申立ての方法には、

  • 事前認定
  • 被害者請求

の2通りがあります。

(1-1-1)事前認定

事前認定は、加害者が加入する任意保険会社に異議申立書を提出して申立てる方法です。
追加資料(医学的資料など)の収集やその後の手続きはすべて加害者側の任意保険会社が代行してくれるため、手間がかからないというメリットがあります。
ただしその反面、提出する資料を自分で選んだりチェックできないといったデメリットもあります。

(1-1-2)被害者請求

被害者請求は、被害者が自ら加害者側の自賠責保険会社に異議申立書を提出して申立てる方法です。
事前認定と異なり、新たに提出する医学的資料などをすべて自分で準備しなければならないため、手間がかかるというデメリットがあります。
ただし、提出する資料を自分で選んだりチェックできるため、納得のいく審査を受けられるというメリットがあります。

(1-1-3)手軽な方法だが公平性に欠ける面も

異議申立ては、事前認定・被害者請求ともに費用はかかりません(診断書料など、必要資料の取得費などは除きます)。
また、何度でも申立てることができ、手軽な方法と言えます。
ただし、当初の等級認定をしたのと同じ機関が審査を行うため、以下に述べる2つの方法と比べると、やや公平性・中立性に欠けるという面もあります。

(1-2)自賠責紛争処理機構

これは、自賠責紛争処理機構という機関に申請することによって、等級認定の見直しを求める方法です。医師や弁護士などから構成される紛争処理委員会が、公平・中立な第三者の立場から審査を行います。
1の異議申立てと異なり、当初の等級認定をした機関とは異なる第三者機関に審査してもらえる点に特徴があります。
異議申立てと同様、審査は書面のみによって行います。ただし、一度しか申請できない点が異議申立てと異なります。
なお、審査のための費用はかかりません。

(1-3)裁判(訴訟の提起)

最後に、訴訟の提起です。これは、裁判所において司法に判断を委ねる方法です。当初の等級認定や、他の2つ(異議申立てや自賠責紛争処理機構)の審査結果に左右されず、裁判所独自の視点で等級を判断してもらうことができます。
また、裁判には、他の2つの方法に比べてより専門的な知識が必要になること、また費用や手間・時間がかかるという特徴があります。
裁判はご自身だけで行うことも可能ですが、要求される知識や手間ひまのことを考えると、やできれば弁護士に依頼する方がよいでしょう。

詳しくはこちらの記事もご確認ください。

後遺障害の異議申立てとは?認定された後遺障害等級を争う方法

(2)後遺障害認定の異議申立てにおける陳述書の役割

陳述書とは、後遺障害等級認定の不服申立ての資料として、被害者本人が作成する書類のことをいいます。
異議申立てや裁判において、被害者が自らの主張を訴える方法の一つであり、不服申立てが認められる確率を高める手段の一つと言えます。

後遺障害の陳述書の書き方と例文

それでは、後遺障害等級認定の不服申立てで作成する陳述書の内容と書き方について見てみましょう。

(1)陳述書に書く内容

不服申立てにおいて特に争いになるのは、「後遺障害の症状が原因で働けなくなっているかどうか」という点です。
陳述書には、後遺症により仕事や日常生活の場面でどのような支障があるのか、その状況をできるだけ具体的に書くことです。
被害者本人しか分からない、後遺症による支障を具体的に伝え、相手に理解してもらうことが陳述書の目的と言えます。

(2)陳述書を書くときの注意点

以下では、被害者ご本人が陳述書を書くときの注意点を具体的に解説します。

(2-1)5W1Hでわかりやすく書く

事故の発生から受傷、現在に至るまでの症状の経緯を書きます。
その際、ただ思い付くままやみくもに書いても、読み手に主張を伝えるのは困難です。
「いつ、誰が、どこで、何を、どのように、どうした」(=5W1H)にあてはめ、時系列に沿って書くことを意識しましょう。
また、この「5W1H」についてはあくまでも実際に起こった客観的な事実を書き、自分の思いや感想など、主観的なものとは分けて書くことがポイントです。

(2-2)加害者への不満を書かない

特に裁判の場合ですが、加害者を攻撃するような言葉を書くと、裁判官に悪い印象を与えてしまうおそれがあるため控えましょう。
また、当初の認定結果に対する不満を長々と述べるのも避けるほうが無難です。

(3)後遺障害の異議申立てにおける陳述書の例文

上記のポイントを踏まえ、実際の陳述書の記載例は以下のようになります。

陳述書

〇〇年〇月〇日  氏名

1 △△年△月△日午後△時ごろ、私は買い物のため〇〇市内の商店街を自動車で運転中、加害者の運転する自動車に後ろから追突されました。その衝撃で首を強く揺さぶられたため、その日のうちに□□医院を受診したところ、頸椎捻挫の診断を受けました。

2 事故の翌日から右手にしびれを感じました。その後週3回ほど、約3ヶ月にわたり通院治療を続けましたが、右手のしびれはおさまらず、×月×日に医師より症状固定の診断を受けました。

3 私はパソコンによる顧客データや売上伝票の入力の仕事をしていますが、右手のしびれにより、具体的に次のような支障が生じています。
(1)キーボード入力に時間がかかる
しびれにより、右手の中指から小指にかけて感覚がありません。これにより、パソコンのキーボードの打ち間違えが増え、受傷前に比べて作業に2倍ほどの時間がかかるようになりました。
(2)作業による疲労が増えた


(4)陳述書の作成で悩んだら弁護士に相談する

後遺障害等級の不服申立てでは、日常生活のつらさや不便さなど、被害者本人にしか分からない状態を説明する必要があります。
ただし、それらを読み手(審査員や裁判官など)に正しく伝えるためには、相当程度の技術や労力を要します。
また、有利な結果を得るために書くべきこと・書くべきでないことを区別し、ポイントを絞った記載をする必要があります。
そこで、陳述書の作成で悩んだら、弁護士に相談することをおすすめします。

後遺障害の陳述書と意見書の違い

なお、陳述書と似ている書面に、意見書があります。
意見書とは、等級認定の不服申立ての際、医師や弁護士が作成する書類です。
当初の等級認定の不当さについて、医学的・法律的観点から意見を述べるものです。
必ず提出しなければならないものではありませんが、不服申立てが認められる可能性を高める書類の一つと言えます。

【まとめ】後遺障害の異議申立ての陳述書の書き方については弁護士にご相談ください

後遺障害の等認定に納得がいかない場合、所定の機関や裁判所に対して不服申立てをすることができます。
陳述書は、後遺障害の症状や、仕事・日常生活への支障を、被害者本人がわかりやすく伝えるためのもので、異議申立てや訴えが認められる可能性を高める書面といえます。
また、陳述書の他に意見書という書面もあります。これは医師や弁護士が作成するもので、陳述書と同様、申立てが認められる可能性を高めるものです。
陳述書の作成には、5W1Hを意識する、不満を書かないなどいくつかの注意点があります。また、有利な結果を得るための書き方のコツもあります。
後遺障害等級認定の不服申立てや陳述書作成などでお悩みの方は、お気軽にアディーレ法律事務所にご相談ください。

弁護士による交通事故のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

交通事故被害の慰謝料・示談金増額の ための資料を無料でご提供します!

お気軽にお問い合わせください

この記事の監修弁護士
弁護士 村松 優子

愛知大学、及び愛知大学法科大学院卒。2010年弁護士登録。岡﨑支店長、家事部門の統括者を経て、2018年より交通部門の統括者。同年よりアディーレの全部門を統括する弁護士部の部長を兼任。アディーレが身近な存在となり、依頼者の方に、水準の高いリーガルサービスを提供できるよう、日々奮闘している。現在、愛知県弁護士会所属。

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

交通事故に関するメリット満載

弁護士による交通事故
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中