あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

自転車の飛び出し事故の過失割合&過失割合が修正される条件とは?

作成日:更新日:
リーガライフラボ

Tさんは、自動車運転中に交差点の左方から飛び出してきた自転車と接触し、相手方にケガを負わせるとともに、自車もひどく破損してしまいました。
自転車を運転していたのは小学生。Tさんは、相手方の命に別条はなかったことにほっと胸をなでおろすと同時に、今後、お互いの賠償問題についてどのように話を進めたらよいか頭を悩ませています。

この記事では、

  • 自転車の飛び出し事故における過失割合
  • 自転車の飛び出し事故における過失割合の修正要素
  • 飛び出し事故の過失割合に納得がいかない場合の対処法

について、弁護士が解説します。

この記事の監修弁護士
弁護士 村松 優子

愛知大学、及び愛知大学法科大学院卒。2010年弁護士登録。岡﨑支店長、家事部門の統括者を経て、2018年より交通部門の統括者。同年よりアディーレの全部門を統括する弁護士部の部長を兼任。アディーレが身近な存在となり、依頼者の方に、水準の高いリーガルサービスを提供できるよう、日々奮闘している。愛知県弁護士会所属。

自転車の飛び出し事故における過失割合

自転車の飛び出しによる衝突事故において、当事者の過失割合(=事故が発生したことについての各当事者の責任の割合)は、事故発生時における信号の色や道路の幅、事故発生場所など、事故状況によって変わってきます。
もっとも、過失割合を決める際の基本的な考え方として、「道路上における弱者を保護する」というものがあります。
一般に、道路上においては立場が強い順に、自動車>バイク>自転車>歩行者と考えられており、自転車や歩行者は「交通弱者」と呼ばれることもあります。
過失割合を決めるにあたっては、立場が強いほうにより高い過失割合が認められる傾向があります。

なお、自転車の衝突事故における具体的な過失割合について詳しくはこちらの記事もご確認ください。

自転車が当事者となる出会い頭の事故の過失割合をケース別に解説

自転車の飛び出し事故における過失割合の修正要素

自動車と自転車との事故では、一般に自動車のほうの過失割合が大きくなる傾向があると述べました。例えば信号機のない、同じ道幅の交差点で、自動車と自転車が出合い頭に衝突した場合【ケース1】の基本的な過失割合は、自動車8:自転車2となります。

【ケース1】

【過失割合(%)】

AB
8020

しかし、自転車側の過失割合が加重されたり、あるいは自転車側の過失割合がさらに軽減されるといったような、過失割合を変動させる修正要素があります。
以下では、自転車の飛び出し事故における過失割合の修正要素について説明します。

(1)自転車側の交通違反

例えば、自転車側の道路に一時停止の標識があり、運転者がそれを無視して事故が起きるケースがあります。
自転車も道路交通法上は軽車両である(道路交通法2条8号・11号)という意識が薄いため、自転車の運転者は、一時停止違反などの交通違反をしやすい傾向があります。
このように、自転車側の一時停止違反により自動車と出会い頭の衝突事故が起こった場合は、【ケース1】に比べて自転車側の過失割合が加重され、基本的な過失割合は、自動車6:自転車4となります(【ケース2】)。

【ケース2】

【過失割合(%)】

AB
6040

スマホを操作したり、イヤホンで音楽を聴きながら運転するなどのいわゆる「ながら運転」も、自転車側の過失と認められ、それにより衝突事故が起こった場合は自転車側の過失割合が加重されます。
また、ながら運転は過失割合の加重だけでなく、罰金など刑事罰を科される可能性もあります。

(2)自転車の運転者が子ども・高齢者の場合

子どもによる自転車の飛び出しにより衝突事故が起きた場合、子どもに事理弁識能力(=飛び出してはいけないと判断できる能力)がなければ過失は認められません。
子どもに事理弁識能力が備わるのは、およそ5~6歳程度とされています。
したがって、5~6歳に満たない子どもが自転車による飛び出しで事故を起こしても、基本的に過失割合はゼロとなります。
なお、おおむね65歳以上の高齢者が自転車で飛び出した場合も、(高齢者側の)過失割合が軽減される修正要素の1つとなります。
上に挙げた【ケース1】の場合における、過失割合の修正要素には次のようなものがあります。

【過失割合の修正要素(A:自動車 B:自転車)】

基本A:B=80:20
Bに
加重
夜間A:B=75:25
Bが右側通行・左方から進入A:B=75:25
Bの著しい過失(※1)A:B=70:30
Bの重過失(※2)A:B=70:30~65:35
B
から
軽減
Bが児童等・高齢者A:B=85:15
Bの自転車横断帯通行A:B=90:10
Bの横断歩道通行A:B=85:15
Aの著しい過失(※3)A:B=90:10
Aの重過失(※4)A:B=90:10~100:0

(※1)Bの著しい過失……酒気帯び運転、二人乗り、無灯火、片手運転、スマホながら運転など
(※2)Bの重過失……酒酔い運転など
(※3)Aの著しい過失……酒気帯び運転、脇見運転などの著しい前方不注意、著しいハンドル・ブレーキ操作不適切、おおむね時速15km以上30km未満の速度違反(高速道路は除く)など
(※4)Aの重過失……酒酔い運転、居眠り運転、無免許運転、おおむね時速30km以上の速度違反(高速道路は除く)など

飛び出し事故の過失割合に納得がいかな場合は弁護士に相談を

交通事故においては、相手方と過失割合で争いになるケースは少なくありません。
特に、相手方が自転車の場合、運転者が子どもなど未成年者であることも多いため、双方の過失割合を決める際に、運転者の事理弁識能力の有無などを検討しなければならないことも多くなります。
交通事故に詳しい弁護士であれば、過去の裁判例と事故状況に基づき適正な過失割合を判断することができますので、飛び出し事故の過失割合に納得がいかな場合は、一度弁護士に相談することをおすすめします。

なお、示談交渉などを弁護士に依頼する際には弁護士費用が必要となりますが、ご加入の任意保険に弁護士費用特約が付帯されており、弁護士費用特約が使える場合には、弁護士費用をそちらから賄うことができます。

ところで、弁護士費用特約は、基本的に民事事件(損害賠償請求)には使えますが、契約内容によっては刑事事件(刑罰を下すか判断する手続き)には使えない場合があります。

また、自己に重大な過失がある場合、弁護士費用特約が使えない場合があります。このように弁護士費用特約を使うためには様々な条件があり、加入している保険によってその内容も異なります。

弁護士費用特約が今回の事件に使えるか、事前に、加入している保険会社に必ず問い合わせしておきましょう。

弁護士費用特約について詳しくはこちらの記事もご確認ください。

弁護士費用特約は保険に入っていない人でも補償範囲になる?利用できるケースを解説

【まとめ】飛び出し事故の過失割合は事故の状況によって異なる

この記事のまとめは次のとおりです。

  • 自転車の飛び出し事故は、事故状況によって過失割合が決まる
  • しかし、自転車の運転者が子どもや高齢者、交通違反をした場合は過失割合の修正要素に該当する可能性あり
  • 自転車の飛び出し事故は予測できない場合もあるため、過失割合に納得できないことも

自転車との事故で過失割合や示談交渉でお悩みの方は、弁護士にご相談ください。

この記事の監修弁護士
弁護士 村松 優子

愛知大学、及び愛知大学法科大学院卒。2010年弁護士登録。岡﨑支店長、家事部門の統括者を経て、2018年より交通部門の統括者。同年よりアディーレの全部門を統括する弁護士部の部長を兼任。アディーレが身近な存在となり、依頼者の方に、水準の高いリーガルサービスを提供できるよう、日々奮闘している。愛知県弁護士会所属。

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

交通事故に関するメリット満載

弁護士による交通事故のご相談は何度でも無料

朝9時〜夜10時
土日祝OK
まずは電話で無料相談 0120-250-742
メールでお問い合わせ
ご来所不要

お電話やオンラインでの法律相談を実施しています