あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

交通事故でTFCC損傷に|認定の可能性がある後遺障害等級と注意点

作成日:
リーガライフラボ

交通事故で被害に遭った後に、手首が腫れる、動きにくく感じる、手首をひねると痛むなどの症状が出てしまう場合があります。

その症状、もしかしたら「TFCC損傷」かもしれません。

もっとも、「TFCC損傷」はレントゲン審査のみでは診断することは困難なため、はじめは単なる「捻挫」と診断されたり、他のケガとあいまって見過ごされたりすることも少なくありません。

そのため、「TFCC損傷」の診断が遅れ、後遺障害等級の認定が受けられないということもあるのです。

この記事では、「TFCC損傷」の症状、診断方法、治療方法、さらには、後遺障害等級やその認定の注意点について弁護士が詳しく解説します。

「TFCC損傷」とは?

「TFCC損傷」とは、三角繊維軟骨複合体損傷(Triangular Fibrocartilage Complex損傷)のことをいいます。

「TFCC損傷」についての説明、「TFCC損傷」が起こるケース、診断方法、治療方法について説明します。

(1)「TFCC」とは手首の安定性を支える組織のこと

「TFCC」とは、手首の小指側にある2つの骨(橈骨と尺骨)を結ぶ三角の形状をした組織のことをいいます。

そして、靭帯や軟骨、腱などの複数のパーツで構成される軟部組織で、手首の小指側の安定性・支持性を与えると同時に、手首をひねったり、ねじったり、力が加わったときに、力の伝達、分散、吸収などを行う役割を担っています。

「TFCC」があることで、手首は安定し、人間は手首を複雑に動かすことができるのです。

(2)TFCC損傷が起こるケース

「TFCC損傷」は、手首を酷使するテニスや野球など繰り返し手首をねじるまたはひねるなどの動作をするスポーツによって生じる障害として知られています。

さらに、バイクや自転車、自動車に乗車中の交通事故で「TFCC損傷」となることも多いといわれています。

例えば、バイクや自転車事故で転倒し地面に強く手をついてしまったときやハンドルを握った状態で事故が発生し、手首に負荷がかかってしまったときに「TFCC損傷」となってしまうのです。

(3)TFCC損傷の診断方法

「TFCC損傷」は手首の痛みや圧痛の場所、手首の安定性などの身体診察、さらに、詳細に診断するために、MRI検査や関節鏡検査などを行って診断することになります。

TFCCは軟部組織ですので、通常のレントゲン審査のみでは診断できません。

交通事故で被害に遭った場合、事故時の初診で手首の捻挫と診断されたものの慢性的な痛みが続いている場合には注意が必要です。早めに手首の専門医に相談し、MRI検査などを受けておくことをおすすめします。

(4)TFCC損傷の症状

「TFCC損傷」は発症すると、手首をひねったり、手首を小指側に曲げたりした際に、手首の小指側に痛みが生じます。重症である場合を除いて、安静にしているときに痛みが生じることはあまりありません。

さらに、手首の腫れ、可動域が制限される、手の力が抜けるなどの症状が出る場合もあります。

(5)TFCC損傷の治療方法

TFCC損傷の治療方法としては、サポーターやギブスなどの手首の固定治療で患部を動かさず、炎症と痛みを抑えながら経過観察を行うことになります。

固定治療でも回復せずに慢性化した場合には、内視鏡を用いた手術により、TFCCの切除、縫合、再建などを行うこともあります。

交通事故のTFCC損傷は後遺障害等級に認定される?

交通事故で後遺障害が残り、慰謝料や賠償金を請求する場合、「後遺障害等級」認定を受けることが前提となります。

「後遺障害等級」とは、後遺障害の内容に応じて1級から14級に割り当てられます。

そして、「後遺障害等級」は、後遺障害に関する慰謝料や賠償金の算定の基準となります。

(1)TFCC損傷で認定される後遺障害等級とは?

「TFCC損傷」は、手首の可動域がどこまで制限されているかによって、認定される後遺障害等級が変わります。

もっとも、手関節の可動域制限が出ていない場合であっても、神経症状として後遺等級認定がされる可能性があります。

(1-1)手首の可動域が制限されている場合

後遺障害等級後遺障害の内容
第10級10号1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
⇒具体的には
1.主要運動の可動域が2分の1以下に制限されているもの
2.人工関節・人口骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が腱側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの以外
第12級6号1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
⇒具体的には
(1)関節の可動域が腱側の可動域角度の4分の3以下に制限されているもの

(1-2)手首の可動域が制限されていない場合

後遺障害等級後遺障害の内容
第12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの
⇒具体的には
・神経症状につき他覚的な所見が認められること
第14級9号局部に神経症状を残すもの
⇒具体的には
・他覚的な所見は認められないものの、一定の神経症状が継続していることが認められるもの

「他覚的な所見」とは、医師などの第三者が、レントゲン審査やMRI審査によって、客観的に認識できることをいいます。

TFCC損傷では、MRIなどの画像所見よってTFCC損傷が確認できれば、他覚的所見ありと認められる可能性があります。

(2)TFCC損傷における症状固定

「症状固定」とは、治療を続けたものの、回復の見込みがないと医師に判断されたものをいいます。そして、症状固定日以降も残ってしまった症状のことを「後遺症」といいます。

そのため、後遺障害等級を受けるには、「症状固定」が前提となります。

TFCC損傷における症状固定の時期は、一般に6ヶ月~1年が目安となりますので、後遺障害等級の認定を受けるのはその後ということになります。

後遺障害等級の認定を受けた場合の後遺症慰謝料

後遺障害等級の認定を受けた場合の後遺症慰謝料は次のようになります。

後遺障害等級
(別表第二)
自賠責の基準弁護士の基準
第10級190万円550万円
第12級94万円290万円
第14級32万円110万円

※なお、「自賠責の基準」については、2020年4月1日以降に発生した交通事故に適用されます。

「自賠責の基準」とは自賠責保険の基準、「弁護士の基準」とは、交通事故の裁判例をもとにした基準をいいます。

上の図からもわかるように、「自賠責の基準」よりも「弁護士の基準」の方が慰謝料金額が高額となります。
「弁護士の基準」を利用するためには、弁護士に依頼する必要があります。個人での交渉では、「弁護士の基準」で交渉に応じてもらえることは少ないといえます。

※なお、慰謝料の賠償金の算定基準には、各任意保険会社が定めた「任意保険の基準」がありますが、非公開であるため具体的な金額はわかりませんが、一般的に「自賠責の基準」と同等か自賠責保険と弁護士の基準の間の金額に設定されており、、「弁護士の基準」よりも安くなってしまうことが多いといえます。。

後遺障害慰謝料以外にも慰謝料や賠償金についても請求できます(たとえ、後遺障害等級が認定されなくても、慰謝料や賠償金が請求できる場合があります)。

TFCC損傷による後遺障害等級申請で知っておくこと

TFCC損傷による後遺障害等級申請で事前に知っておくべきことは次の2つになります。

  1. TFCC損傷は後遺障害等級が認定されにくい
  2. 後遺障害等級申請は弁護士に依頼する

(1)TFCC損傷は後遺障害等級に認定されにくい

まず、TFCC損傷によって後遺障害等級認定を受ける前に知っておくべきことは、TFCC損傷は後遺障害等級が認定されにくいということです。

TFCC損傷は、徐々に痛みが強くなることが多く、交通事故の発生時期と診断時期にズレが生じてしまうのです。

そのため、TFCC損傷が本当に交通事故によって発生したといえるのか、他の原因によるものではないのかと、交通事故との因果関係が疑われ、後遺障害等級が認定されない、又は、低い等級が認定されてしまうことがあるのです。

また、TFCC損傷がレントゲン審査では診断できないことや、後遺障害としてTFCC損傷の認知度が低いこと等から、交通事故発生直後には発見されないままとなってしまうということも、後遺障害等級が認定されにくい要因といえます。

TFCC損傷が疑われる場合は、交通事故直後から、MRIなどの精密審査を受けることや手の専門医の診断を受けることをお勧めします。

(2)後遺障害等級申請は弁護士に依頼する

次に、TFCC損傷で後遺障害等級が認定を受ける前に知っておくべきことは、適正な後遺障害等級が認定を受けるためには、後遺障害等級申請を弁護士に依頼すべきということです。

「TFCC損傷」は、画像所見では明らかでない場合があります。そういった場合には、後遺障害等級が認定されにくいといえます。

もっとも、交通事故に詳しい弁護士に依頼することで、後遺障害等級が認定されるコツがわかったり、医師との相談の上、収集すべき資料を収集できたりする場合があります。

そのため、弁護士に依頼することで、画像所見が明らかではない場合でもTFCC損傷で後遺障害等級が認定されやすくなるのです。

TFCC損傷による賠償金獲得の事例

TFCC損傷によって、賠償金を620万円以上獲得した事例について紹介します。

Iさん(男性・44歳・会社員)
傷病名:両肋軟骨損傷・左三角繊維軟骨複合体(TFCC)損傷・左橈骨遠位端骨折・第5腰椎分離症・腰椎捻挫・頸椎捻挫(むち打ち)
後遺障害:12級13号
※弁護士特約を使用

Iさんはバイクで交差点を直進していたところ、対向車線から強引に右折してきた乗用車に衝突してしまいました。この事故により、IさんはTFCC損傷を含む怪我をして、治療を余儀なくされました。

約1年半の通院後、症状固定を迎えましたが、残念ながら、左手に痛みが残ってしまい、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として後遺障害等級12級13号が認定されました。

ほどなくして、加害者側の保険会社から示談金の提示がありましたが、妥当な金額かどうかIさんは判断できず、弁護士に相談することにしました。

Iさんから相談を受けた弁護士は、休業損害、入通院慰謝料が特に低額であり、逸失利益はきちんと算出せず後遺障害慰謝料に含まれていると判断しました。弁護士から話を聞いたIさんは弁護士に依頼することにしました。

Iさんは仕事でバイクに乗る必要がありましたが、事故に遭ってしまってから約1年間の休業を余儀なくされました。

そこで、弁護士は、Iさんが長期間にわたって手をギブスで固定されており、休業せざるを得なかった理由や今後の仕事への影響などを主張したところ、休業損害は約2.6倍の増額、後遺症慰謝料に含まれていた逸失利益は、きちんと算出して、87万円以上が認められました。

さらに、入通院慰謝料については2.2倍以上の増額、後遺症慰謝料は約1.2倍の増額が認められ、最終的には賠償金の総額が約1.8倍、260万円以上増額して、総額620万円以上で示談が成立しました。

【まとめ】交通事故のTFCC損傷による慰謝料や賠償金請求はアディーレ法律事務所にご相談ください

最後に、交通事故によるTFCC損傷について復習しましょう。

  1. 手首が腫れる、動きにくく感じる、ひねると痛いといった症状がある場合は、TFCC損傷の可能性があるので、手首の専門医に相談の上、MRI検査で精密検査を行いましょう。
  2. TFCC損傷で認定される可能性がある後遺障害等級は、第10級10号、第12級6号、第12級13号、第14級9号
  3. TFCC損傷は後遺障害等級が認定されにくい
  4. 後遺障害等級申請は弁護士に依頼することで、認定されやすくなる

弁護士に依頼するとなると、弁護士費用がかかりますが、自動車保険や火災保険で「弁護士費用特約」に加入していれば、弁護士費用は保険でまかなわれます。交通事故に遭い、大変な時だと思いますので、賠償金の交渉については、弁護士に任せてしまいましょう。

なお、弁護士費用特約は一定の親族が加入していれば、利用可能なことが通常です。
弁護士費用特約を利用しても、等級や保険料は変わりません。

「弁護士費用特約」の加入の有無にかかわらず、相談料は無料ですので(2021年5月17日現在)、相談だけでもしてみることをおすすめします。

交通事故のTFCC損傷で慰謝料や賠償金請求をお考えの方は、アディーレ法律事務所にご相談ください。

弁護士による交通事故のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

交通事故被害の慰謝料・示談金増額の ための資料を無料でご提供します!

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

交通事故に関するメリット満載

弁護士による交通事故
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中