あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

交通事故後の吐き気は後遺障害に認定される?知っておきたい対処法

作成日:
リーガライフラボ

交通事故による明らかな外傷がなくても、しばらくして吐き気などの症状が表れることがあります。
吐き気があることについて、医師への申告が遅れると事故とケガとの因果関係が否定され、適切な賠償金を受け取ることができないケースもあります。
今回の記事では、交通事故後の吐き気の症状について、後遺障害認定、むち打ちとされた場合に請求できる損害賠償の項目などについて解説します。

交通事故後に吐き気が続くとき

交通事故後、明らかな外傷が確認できなくても、吐き気が続く場合には、交通事故が原因で何らかのケガを負っている可能性があります。

(1)交通事故後の吐き気はむち打ちなどの症状かもしれない

交通事故後に吐き気が続く場合、それは交通事故を原因とするむち打ちの症状の一つかもしれません。
自動車運転中、後方から追突されて身体に衝撃を受けると、軽い頭部は、急激に前方に押し出される身体についていけずに後方に反った後、反動を受けて大きく後方から前方向に移動します。
頭部と胴体をつないでいるのが首です。
追突の衝撃を受けて、首が、日常生活では起こりえないほど、むちのようにしなるのです。
この結果、首の組織や首を通る神経が傷つくと、吐き気を含むさまざまな症状を引き起こします。
これを、一般的に「むち打ち」「むち打ち症」と呼んでいます。
医学的には、「頸椎捻挫」「頸部捻挫」「頸椎挫傷」「外傷性頸部症候群」などと言われます。

むち打ちの症状は、吐き気のほか、首・肩・腕・腰などの痛みやしびれ、握力低下、頭痛、めまい、耳鳴り、身体のだるさ(疲労感、倦怠感)など多岐にわたります。

むち打ちの他にも、頭に強い力が加わることで生じる「頭部外傷」(脳震盪や脳挫傷、脳出血、頭蓋骨骨折など)から脳の自律神経に乱れが生じ、吐き気の症状が生じている可能性もあります。

(2)交通事故後に吐き気がするときに行くべき病院

交通事故後に吐き気の症状がある場合、何らかのケガを負っている可能性がありますので、速やかに病院に行き必要な検査を受けるようにしましょう。
まずは、交通事故の被害者の診断に慣れている整形外科を受診し、必要な検査を受けるとよいでしょう。特に他覚的所見がなければ、自立神経等が傷ついているために吐き気が生じていると考えられますので、神経内科を受診するとよいでしょう。神経内科の検査や診断で異常があるようであれば、さらに必要な検査を受けるために、脳神経外科を紹介してもらうようにします。
もっとも、頭部に強い外傷が生じており、脳に重篤な症状が生じているようであれば、即脳神経外科の検査を受けることになります。

むち打ちで吐き気等の症状が伴う場合の後遺障害

(1)後遺障害とは

交通事故に遭ってケガをした場合に、治療しても完治せず、機能障害や運動障害などの一定の症状が残ってしまうことがあります。
一般的には、症状が残ってしまうことは「後遺症」という言葉が使われています。
交通事故においては、その後遺症について、特に「後遺障害」として等級認定してもらうことが重要になります。

「後遺障害」とは、交通事故によって負った傷害の後遺症のうち、事故によって負った傷害との間に相当因果関係が認められ、かつその存在が医学的に認められる症状のことをいいます。
後遺障害等級は、自動車損害賠償保障法施行令別表第一または第二として定められています。
別表第一は特に介護が必要な場合の重篤な後遺症(1級及び2級)について定め、別表第二は1~14級について定めています(1級に近づくほど重い後遺障害)。

(2)吐き気を伴うむち打ち症の後遺障害等級

通常のむち打ちであれば完治するケースが多く、何らかの後遺症が残り、後遺障害が認定されたとしても、ほとんどが14級9号(一番低い等級)となります。
他覚的検査により医学的に症状を証明できる場合には、12級13号が認定されます。

<14級9号と12級13号の認定基準>

等級認定基準説明
12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの他覚的検査により神経系統の障害が証明されるもの
14級9号局部に神経症状を残すもの神経系統の障害が医学的に説明できるもの

むち打ちは自覚症状が主で、医学的証明や説明が困難なことも少なくないため、後遺障害の認定を受けることは、簡単とはいえません。
むち打ちで後遺障害認定を受けるためには、事故直後に病院に通院し、間を開けず治療を継続し、治療の度に症状を的確に担当医師に伝え、必要な検査をきちんと受けることが大切です。

交通事故後の吐き気でお悩みの方は、弁護士への相談がおすすめ

交通事故後に吐き気がする場合、すぐに病院に行って診断・治療を受けるようにしましょう。
交通事故によるむち打ちなどの受傷が原因の症状であれば、加害者に対して、治療費などの損害賠償を請求することができます。
具体的にどのように加害者と交渉すべきかなどについて、わからないときには、弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士に相談・依頼することは、次のようなメリットがあります。

(1)今やるべきことをアドバイスしてもらえる

交通事故に遭った被害者は「何からやればいいのか」「ケガが痛んで仕事ができないが今後どうなるのか」と不安になってしまうことも少なくありません。
弁護士に相談すると、被害者の立場に立って、現在の状況を法的な観点から整理し、今後示談成立までの流れや、時系列、具体的な解決方法や対応方針などについて説明してもらうことができます。
「今やるべきこと」「今後起こること」「今後どうすべきか」を整理することができ、漠然とした不安を解消することができるでしょう。
弁護士に示談交渉など交通事故の紛争解決を依頼すると、弁護士が代理人として交渉や手続きなどを行いますので、その物理的精神的負担から解放され、治療や普段の生活を取り戻すことに集中しやすくなります。

(2)適切な後遺障害等級に基づく損害賠償を受けられる

残念ながら後遺症が残ってしまった場合には、適切な額の賠償金を受け取ることが被害回復にとって必要です。
そのためには、まずは後遺障害等級認定を獲得することが、極めて重要となります。
後遺障害等級認定を受けずに、後遺障害にかかわる賠償金を請求しても、まず応じてもらえることはないためです。
等級認定申請をする際には、獲得を目指す等級の認定要件を把握し、必要な資料(後遺障害診断書や画像など)を準備して、認定要件を満たしていることを説得的に伝える必要があります。
交通事故の対応実績がある弁護士であれば、法的な観点から、事故状況や通院実績などから後遺障害等級認定獲得の見込みを判断し、必要な資料等について効果的に集めるなどのサポートをすることが可能です。

(3)慰謝料の増額が期待できる

慰謝料を算定する基準は、3種類あります。
弁護士に相手方との示談交渉を依頼すると、被害者にとって一番有利となる基準(通常は裁判所基準)で慰謝料を算定し、交渉することができるため、当初提案されていた慰謝料よりも増額できる可能性があります。

  • 自賠責保険の基準
    自賠責保険は、車の所有者であれば法律上加入が義務付けられている保険です。
    自賠責保険の基準は、自賠責保険が定めている基準になります。
    自賠責保険は、交通事故の被害者に対して最低限の補償を行うことを目的としているため、支払額は3つの基準のうち最も低くなるケースが多いです。
  • 任意保険の基準
    任意保険の基準は、保険会社が示談交渉をする際の支払いの基準です。
    保険会社によってその内容は異なり、公表されていません。
    保険会社が提示してくる示談案を見る限り、一般的に自賠責保険と同等かそれ以上ではありますが、裁判所基準と比べると低い額となります。
  • 裁判所の基準
    今までの交通事故の裁判例を踏襲し、ケース別に賠償額を定めたものが、裁判所基準です。
    3つの基準の中で、一般的に一番高くなるのがこの裁判所の基準です。
    弁護士が保険会社などと交渉するときに、裁判所基準を用いることが多いです。

【まとめ】交通事故後の吐き気にお悩みの方は、まず病院へ

交通事故のあとに吐き気がある場合、速やかに病院に行き、交通事故に遭った旨を伝えて診断、治療をしてもらうようにしましょう。我慢してしまい、事故から何日も経過した後に病院に行っても、事故とケガの因果関係が否定されてしまうことがありますので、すぐに病院に行くようにしましょう。
吐き気の原因が、交通事故によるむち打ち症という診断であれば、加害者に対してケガを負った分についての損害賠償請求が可能です。
むち打ち症の症状が残ってしまった場合には、症状固定の診断を受けて、後遺障害認定申請を行うこともできます。
交通事故被害者による損害賠償について、質問や不安がある方は、アディーレ法律事務所にご相談ください。

弁護士による交通事故のご相談は何度でも無料

費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり

ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

もしくは

ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

交通事故被害の慰謝料・示談金増額の ための資料を無料でご提供します!

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

交通事故に関するメリット満載

弁護士による交通事故
ご相談は何度でも無料

メールでお問い合わせ

ご来所不要お電話や、オンラインでの法律相談を実施しておりますご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
お電話、もしくはテレビ電話などのオンライン環境を使って、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

0120-250-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中