あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

いつどこで働いていたかが一目瞭然!被保険者記録照会回答票

作成日:更新日:
リーガライフラボ

仕事中にアスベスト(石綿)を吸ったと主張するには、アスベスト(石綿)を扱う現場で働いていたことを示す証拠が必要です。
その有用な証拠が「被保険者記録照会回答票」です。
今回は、被保険者記録照会回答票でどんなことがわかるか、どのように請求すればいいかを説明します。

被保険者記録照会回答票の記載内容

日本年金機構から発行される被保険者記録照会回答票は、もともと基礎年金番号に紐づけられた年金の支払履歴を明らかにするものです。
厚生年金を支払っていた期間について、これをみれば、いつ、どこで勤務していたかがわかります。
勤務した株式会社の右にある「資格取得年月日」が勤務を開始した日、「資格喪失年月日」の前日が退職日というわけです。
厚生年金の歴史は古く、1954年には制度が確立していましたので、被保険者記録照会回答票は、過去の職歴を示す証拠として高い価値をもちます。

被保険者記録照会回答票の取得方法

日本全国の年金事務所または年金相談センターで被保険者記録照会回答票を取得できます。
また、日本年金機構のねんきんネットを利用すれば、インターネット上でも見ることができます。

被保険者記録照会回答票の代わりに年金加入期間証明書、ねんきん特別便の写しでも職歴を証明できます。

【まとめ】

被保険者記録照会回答票は、仕事中にアスベスト(石綿)を吸ったと主張するには、アスベスト(石綿)を扱う現場で働いていたことを示す有用な証拠です。
日本全国の年金事務所または年金相談センターで被保険者記録照会回答票を取得できます。

アスベスト(石綿)の健康被害でお悩みの(元)労働者・ご遺族の方は、アスベスト(石綿)訴訟を取り扱っているアディーレ法律事務所にご相談ください。

アスベストに関するご相談は何度でも無料

弁護士費用は安心の成功報酬制!

石綿健康被害救済法や労災保険の給付を受けている方でも、賠償金の対象になります!

ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の60拠点以上

お電話やオンラインによるご相談だけでなく、お近くの本店・支店にお越しいただいてのご相談も可能です

ゼロイチニーゼロ ハヤイ キュウフヲ

0120-881-920

朝9時〜夜10時・土日祝も受付

もしくは

お気軽にお問い合わせください

※本記事の内容に関しては執筆時点の情報となります。

よく見られている記事

アスベストに関するご相談無料

0120-881-920

朝9時〜夜10時・土日祝も受付

メールでお問い合わせ