あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

自己破産後の住宅ローンはどうなる?審査が通りやすくなる5つのポイントを解説

作成日:更新日:
リーガライフラボ

「自己破産をするとブラックリストに載ってしまうんでしょ……、住宅ローンを組めなくなりますよね。それだと困るなぁ」
ある日、法律事務所に債務整理を相談に来た方がそのように話して弁護士に依頼せずに帰っていきました。
確かに自己破産をすれば、約5~10年間住宅ローンを組むことが難しくなります。
しかし、自己破産しなくても、借金の返済が遅延するなどしてブラックリストに載ってしまえば住宅ローンを組むことはできません。
自分では返済しきれないほどの借金を抱えてしまった以上、残念ながら自己破産などの債務整理の手続を進めるべきケースがほとんどです。いずれ住宅ローンを組みたいと思う人ほど早く債務整理をしたほうがいいといえるでしょう。
今回は住宅ローンの審査を通りやすくなる5つのポイントを弁護士が解説します。

自己破産後は住宅ローンをしばらく組むことができない

消費者金融をはじめとする貸金業者や銀行などは、お金をきちんと返してくれる人に貸したいと思っています。そのため、信用情報機関を通じて自己破産など債務整理をした人の情報を共有しており、債務整理をしてから間もない人には住宅ローンを組んでくれません。
自己破産をした等の事故情報が信用情報機関を通じて共有され、金融機関がお金を貸すのに好ましくない状態になっていることを俗に「ブラックリストに載っている」といいます。

自己破産後の約5〜10年間は住宅ローン審査に通りにくい

自己破産をすると、約5~10年間は事故情報が信用情報に載っている状態となります。

指定信用情報機関は、次の3つであり、事故情報が載る期間は機関によって異なります。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

住宅ローンの審査が注視している項目とは

住宅ローンの審査にあたっては、さまざまなことが考慮されます。そのため、事故情報が信用情報に載っていなくても、審査に落ちてしまう可能性はあります。

一般に住宅ローンの審査で注視されている項目は以下の通りです。

  • 申込者の借入時年齢
  • 完済時年齢(75~80歳までであれば審査を通していることが多い傾向あり)
  • 物件の担保評価
  • 申込者の健康状態(団体信用生命保険に加入できなければ審査に通りにくくなる傾向あり)
  • 申込者の収入や業種、勤続年数、雇用先の規模など
  • 申込者の勤務形態(自営業者、派遣社員、契約社員であれば審査の点で不利な要素となる傾向あり)
  • 保証人の有無・資力
  • 金融機関の営業エリア(住宅を購入する地域の担当であれば審査に通りやすくなる傾向あり)
  • 返済負担率(※年収に占める年間返済額の割合)
  • 信用情報の記録

ここで挙げたものは一例にすぎず、またどの項目をどの程度重視するかは債権者によって異なります。一社の審査に落ちたからといって他社でも落ちるとは限らないのです。

参考:令和元年度民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書|国土交通省

(1)住宅ローンの審査で重視される5点

ここでご紹介した項目の中でも特に重視されるのは、次の5つです。

  • 申込者の借入時年齢、健康面
  • 申込者の収入や業種、勤続年数、雇用先の規模など
  • 物件の担保評価
  • 返済負担率
  • 信用情報の記録

きちんと返済できる見通しが立つかどうかが重要なのです。

(2)審査には「仮審査」と「本審査」がある

住宅ローンを組む際には、仮審査と本審査の両方に通過しなければなりません。
仮審査(事前審査)では、申込者の返済能力から住宅ローンの審査に通りそうかがみられ、本審査では実際にその人と住宅ローンを組んでも問題ないかがみられています。
一般に仮審査は3、4日で済むのに対し、本審査には2週間程度かかります(金融機関により期間は異なります)。

自己破産後の住宅ローン審査が通りやすくなる5つのポイント

自己破産後の住宅ローン審査を通りやすくするための5つのポイントを解説します。
※あくまで審査に通りやすくなるだけで確実に審査に通るという保証ではありません。

(1)自己破産で借金が免除になった金融機関を避ける

自己破産をしたことを示す情報は、約5~10年で信用情報機関のデータベースから削除されます。もっとも、自己破産によって借金返済を免除させられた金融機関内部のデータベースからは半永久的に削除されない可能性があります。そのため、自己破産で借金の返済義務を免除させられた金融機関を避けて、住宅ローンを申し込む方が無難でしょう(当該金融機関のグループ会社でも情報が共有されている可能性がありますので、グループ会社も避けた方が無難でしょう)。

(2)頭金(自己資金)を出来るだけ多く用意する

頭金(自己資金)があると返済負担率が低くなることに加え、金融機関が一定の現金を用意していることを評価するので、審査に通りやすくなるとされています。
金融機関によっては返済負担率が35%であっても住宅ローンを組んでくれることはありますが、一般に返済負担率は20~25%が望ましいとされています。たとえば、年収の額面金額が600万円の人であれば、年間返済額が120万~150万円であれば審査に通る可能性は上がります。頭金を用意することで返済総額は少なくて済み、返済負担率は下がります。

なお、返済負担率には、住宅ローン以外の借入金も含めて計算されますので、注意しましょう。

(3)購入金額の低い住宅の購入を検討する

収入に見合っていなければ、住宅ローンの審査にはなかなか通りません。そこで、購入金額を下げるなどローンを組む金額を下げるのも1つの方法です。

(4)複数の金融機関に連続して申し込まない

住宅ローンの審査を申し込むと、約6ヶ月間、信用情報機関に申込内容に関する情報が登録されます。これが載ると、6ヶ月間の間に、住宅ローンの申し込みをしたこと、契約をしたか否かが、信用情報機関に加盟している金融機関も知ることができるようになります。そのため、複数の金融機関に連続して申し込みし、契約しなかったという事実から、他の金融機関から新たな貸し付けを警戒されるおそれがあります。これを俗に「申込みブラック」と呼びます(なお、事故情報を表わすブラックリストとは異なります)。
そこで、複数の金融機関に連続して申し込むのは控え、6ヶ月以上の間隔を空けてから別の金融機関に申し込むことが望ましいといえます。

(5)審査にあたって虚偽の申告をしない

仮審査に通過したのに本審査に落ちてしまう理由として多いのが、仮審査で虚偽の申告をしたことです。本審査に通らなければ意味がありませんので、仮審査の際に虚偽の申告をするのはやめましょう。仮審査と本審査は連続して行われますが、何か事情が変わったのであれば、本審査の前に自分から金融機関の担当者に状況を説明しましょう。

【まとめ】将来住宅ローンを組みたい人ほど早めに債務整理の検討を!

自己破産をすると、信用情報機関に約5~10年間自己破産をした情報が残ってしまうので、当該情報が登録されている間は、住宅ローンを組むのは難しいといえます。自己破産後に住宅ローン審査に通すために、頭金を用意したりすることが望ましいでしょう。
住宅ローンの審査にあたっては、申込者の年齢も重視されるので、「将来住宅ローンを組みたいから」との理由で、自己破産する時期を先延ばしすることはおすすめしません。返済困難なほど借金を抱え続けた状態で経済的に立ち直ることは難しいので、なるべく早めに弁護士に相談することをおすすめします。
借金でお困りならば、アディーレ法律事務所にお任せください。

よく見られている記事