あなたの法律のお悩み一発解決サイト
リーガライフラボ

「相殺」とは?具体的な事例をとりあげて自働債権や受働債権、その方法について解説

作成日:更新日:
リーガライフラボ

皆さんは、友人や仕事仲間との間でこんなやり取りをしたことがありませんか?
「あ、ごめん。今1000円持ってないんだ。立て替えてくれない?」
「わかった。この前俺が1000円借りたから、これでチャラね」
このようなやり取りを法律上「相殺(そうさい)」といいます。
今回は、「相殺」について解説しましょう。

相殺とは?

民法505条には、次のように規定されています。

二人が互いに同種の目的を有する債務を負担する場合において、双方の債務が弁済期にあるときは、各債務者は、その対当額について相殺によってその債務を免れることができる。ただし、債務の性質がこれを許さないときは、この限りでない。

引用:民法505条

簡単に言うと、相殺とは、お互いに債務を負担しているときに、返さなくていいと伝える意思表示です。相手方の同意は必要ないので、契約ではありません。

たとえば、次のようなケースを想定してみましょう。

AさんはBさんに200万円を貸しました。その後、BさんはAさんに100万円で宝石を売り、Aさんに宝石を渡しました。返済期日、代金の支払期日は同じ日だとします。

この場合、本来であればBさんはAさんに対し200万円を支払わなければなりませんし、AさんはBさんに対し宝石の代金100万円を支払わなければなりません。
しかし、そのような大金をいちいち動かすのは大変です。
そこで、AさんかBさんのどちらかから「相殺する」と言えば、実際にお金を動かさなくていいとしたのが相殺制度です。
このケースで相殺をすれば、BさんがAさんに対して100万円を支払うことになります。

「相殺する」と言い出した側の債権を「自働(じどう)債権」、「相殺する」と言われた側の債権を「受働(じゅどう)債権」と呼びます。
Aさんが相殺するといえば、AさんのBさんに対して「お金を返して」と言える権利が「自働債権」、BさんがAさんに対して「代金払って」と言える権利が「受働債権」です。
誰が相殺を主張するかによって自働債権・受働債権が変わるため、注意しましょう。

相殺の機能と効果

相殺には、(1)簡易決済機能と(2)担保機能があるといわれています。

(1)簡易決済機能
先ほどのケースでご紹介したように、相殺をすれば実際に現金を受け渡さなくて済みます。
そのため、送金などにかかる手数料・手間がかかりません。
これを相殺の簡易決済機能といいます。

(2)担保機能
先ほどのケースでは、Bさんは代金を受け取る前に100万円もする宝石を渡しました。
このようなことができたのは、仮にAさんが代金を支払ってくれなくても、相殺すれば自分がAさんに渡す100万円分の負担をなくすことができると考えていたからでしょう。

たとえば、次のようなケースを想定してみましょう。

C社がD社から200万円の融資を受けて商品を開発し、その商品を200万円でD社に掛け取引した。

仮にD社が買掛金を支払えなかったとしても、C社は相殺をすれば売掛金を回収できます。

このように相殺には、自分の債務の分だけ確実にお金を受け取れると期待できる担保機能があります。

相殺の要件とは

相殺が認められるには、次の3つの要件を満たさなければなりません。

  1. 同一当事者間に同種の債権の対立があること
  2. 自働債権が弁済期にあること
  3. 相殺禁止に該当しないこと

両債権が相殺できる状態にあることを「相殺適状(そうさいてきじょう)」といいます。

相殺禁止に該当するのは、次のようなケースです。

  • 当事者間で相殺しない旨の合意があるケース
  • 賃金請求権や扶養請求権のように法律上の差押禁止債権にあたるケース
  • 不法行為によって生じた債権を受働債権とするケース

たとえば、次のようなケースを想定してみましょう。

EさんはFさんに50万円を貸しました。しかし、Fさんは返済期日を過ぎても一向にお金を返しません。腹が立ったEさんはFさんの大切にしていた車(時価50万円)を全壊させました。Eさんは相殺できるでしょうか?

EさんはFさんに対して50万円の債権を有する一方、FさんはEさんに対して50万円の損害賠償請求権を有します。しかし、この場合、Eさんは相殺を主張することはできません。
このようなことをすれば不法行為を助長することになりかねませんし、不法行為によって被害を受けた人には実際にお金が払われなければならないというのが法律の考え方です。
もっとも、Fさんの側から相殺を主張することはできます。また、Eさん、Fさんが相殺に納得するのであれば、相殺することが可能です(相殺契約)。

従来不法行為であれば一切相殺ができなかったのに対し、2020年4月に民法が改正されたことで、相殺ができない範囲が狭められました。
具体的には、次のいずれかに当たる場合に相殺することができません。

  1. 悪意による不法行為に基づく損害賠償の債務
  2. 人の生命又は身体の侵害による損害賠償の債務

自働債権の消滅時効が完成した場合は?

たとえば、次のようなケースを想定してみましょう。

Gさんが、Hさんに対して有する10万円の債権は、2020年8月1日に消滅時効が完成しました。一方、Hさんは2020年7月31日にGさんのお店で10万円分飲食をして、つけ払いにしました。Gさんは相殺できるでしょうか?

消滅時効が完成した後に相手が「時効だから支払いません」と言えば、基本的に代金を請求することはできません。
そのため、HさんがGさんに対して「時効だから10万円を支払わない」と言えば、GさんはHさんに対してお金を請求することはできません。
もっとも、相殺の場合は例外です。

民法508条には次のように規定されています。

時効によって消滅した債権がその消滅以前に相殺に適するようになっていた場合には、その債権者は、相殺をすることができる。

2020年7月31日時点で、「相殺する」と主張するGさんの債権(自働債権)は弁済期にありますので、この時点で両債権は相殺適状にあったといえます。このときはまだ自働債権が時効によって消滅する前なので、Gさんは相殺を主張できるというわけです。
つまり、両債権が相殺適状になれば、その後一方が時効を迎えても影響を受けないということです。

相殺の方法

民法506条1項には次のように規定されています。

相殺は、当事者の一方から相手方に対する意思表示によってする。この場合において、その意思表示には、条件又は期限を付することができない。

口頭で「相殺する」というと、言った・言わないの水掛け論になりかねません。
そこで、一般的には「相殺する」と記載した通知書を内容証明郵便にて発送します。
あるいは、裁判所に提出する準備書面に「原告は、本準備書面をもって〇〇債権と〇〇債権との相殺の意思表示をする」などと記載します。
相手方が拒否をしても、相殺の要件を満たしている限り、両債務は遡及的に消滅します。

相手の状況を不安定にするのを防ぐため、相殺の意思表示には、「第三者に貸しているお金が返済されたら相殺する」などの条件や「月末に相殺する」などの期限を付けることはできません。

相殺に関するご相談は弁護士へ

条件や期限を付けてはいけないように、相殺の意思表示自体は簡潔に行います。
もっとも、実際に両債権が相殺適状にあるかどうかを判断するには法的な知識が必要です。
相殺についてお困りならば、弁護士に相談することをおすすめします。
弁護士に相談すれば内容証明の発送までサポートを受けることができるでしょう。

債務整理に関する
ご相談は何度でも無料

Webで相談予約

※債務整理に関するご相談は「対面」での面談が法令で義務付けられているため、お電話はご予約の受付となります。

0120-316-742

朝9時〜夜10時・土日祝も受付中